釜石とEQ

 ダニエル・ゴールマンを一躍有名にしたのは、1995年9月にアメリカで発売されたEmotional Intelligenceという本で、その本を雑誌TIMEが大々的に特集したところ、52週連続で全米のベストセラー・リストにランキングされるほどの話題になり、22か国語に翻訳されました。日本でも、「EQ?こころの知能指数」という題名で1996年7月に発売され、77万部も読まれています。なぜ、こんなに読まれるのでしょうか?それは、科学的に証明されたことだからでしょうか?それとも、新しい、目からうろこの知見だからでしょうか?どうも、そうではないようです。この本を読んだ感想の多くは、「そう、これが言いたかったのだ!」という声だったそうです。しかも、この内容に共感し、活用しようとした人は、保育関係者でも、教育関係者でも、親たちでもなく、ビジネスマンや企業経営者だったそうです。

 なぜ、この本が企業経営者に受け入れられたのかというと、ゴールマンは、IQ(知能指数)重視の伝統に疑問を呈し、脳の働きの体系的研究をEI(Emotional Intelligence)、すなわち「心の知性」の概念として確立し普及させた人物であり、経営者たちは、日頃から仕事の場でIQとEQを兼ね備えた人間としての総合力がいかにモノをいうかを実感しているからで、「社会に出て成功するのに必要な能力はIQが2割、EQが8割」というゴールマンの説に納得がいったのです。そこで、企業はさっそくEQが導入されました。やはり、企業にとっては人材育成が重要な課題ですし、経営に即反映されます。その点、本来は最も重要な次世代を担う人材育成である教育の見直しにも着手しなければならないのですが、どの国も教育分野での動きは非常に鈍いようです。ゴールマンは、「IQ至上主義ではだめだ、EQをしっかり教えないと将来たいへんなことになる」と呼びかけ、荒れる子どもたちに接してこころの教育の重要性を痛感している学校関係者や父母のあいだに一筋の光を与えたのです。

 私は、私的に若い人たちと「生臥竜塾」という勉強会をしています。その塾が、昨日ありました。昨日のテーマは、テレビNHKで放送された「釜石の奇跡」という番組についてでした。「釜石の奇跡」というのは、昨年、多くの犠牲者を出した東日本大震災。そのなかで、地震のみならず津波の被害にあった岩手県の釜石市は、沿岸部にも関わらず、市内では小中学生ほとんどが押し寄せる巨大津波から逃れて無事でした。その生存率、99.8%だったのです。なぜこのような高い生存率となったのか、津波に襲われたにも関わらず、なぜ、このような奇跡が起こったのかということを取り上げた番組です。

 ここでは、小中学生たちは「避難の3原則」を忠実に守った結果、この奇跡が起こったと言われています。その三原則とは、「想定にとらわれるな」「最善を尽くせ」「率先避難者たれ」です。ここでの奇跡は、子どもたちが助かったというだけでなく、周りの大人をも助けたことです。ですから、この「避難の3原則」は、緊急時のマニュアルではあるのですが、実は自分一人が助かればよい、という身勝手な原則ではなく、進んで弱者に手を貸してあげることを教えていたのです。

 この実例を見ていて、確かに普段からの練習、話し合い、防災対策、防災教育が大切なことは分かるのですが、いざという場合に、子どもは知識だけでは動けません。あらゆる五感を働かせて、全身で感じ、非言語コミュニケーション能力を使った気がしています。知識だけですと、3原則の一番目の「想定にとらわれるな」ということは難しくなります。

 社会に出たときだけではなく、いざというときの行動は、「IQが2割、EQが8割」というのは、納得しますね。