人生の成功者

 “Emotional Intelligence” (邦訳『EQ こころの知能指数』)の著者であり、心理学者であるダニエル・ゴールマンは、自らの研究分野である心理学には公然の秘密があると言います。それは、「学校のテスト、知能指数、SAT(大学進学適性試験)など広く世間で信用されている評価基準は人生における成功度の予言としてはあまり当てはまらない」という事実があることだと言います。なお、このような付け足しを言っています。「たしかに、大きなグループ全体として見れば、IQと生活水準のあいだには相関関係は存在する。IQの高い人々の多くは高給取りになっている。けれども、例外なくそうなるわけではない。人生での成功度とIQとの相関関係には例外がある。例外の方が多いくらいだ。人生を成功に導く要因のうち、IQが関係するのは多く見積もってもせいぜい20%どまりだろう。」

 もちろん、それは、分野によって違うでしょう。しかし、冷静に見まわしてみて、成功者と言われている人たちは、どうでしょうか。親たちは、わが子を成功者にしたいと思っています。だからこそ、勉強をさせ、成績が良くなることを望みます。しかし、自分の子どものころにいろいろなことを知っていた、成績が良かった、という子が、いま成功者になっているでしょうか?必ずしもそうでない場合が多いかもしれません。また、そんな人が自分の人生に満足しているとは限りませんし、友人や家族との人間関係や恋愛面で幸せだとも限りません。それなのに、なぜ、わが子の教育に必死になるのでしょうか?こんなことを言っている人もいるとゴールマンは紹介しています。「ある人間が社会でどのような地位に落ち着くかは、社会階級から運不運にいたるまで、およそIQとは無関係な要因であらかた決まってしまうものだ。」

 では、成功は偶然なのでしょうか?運なのでしょうか?努力しても意味がないのでしょうか?教育とはなんなのでしょうか?逆に、では、どんな力が成功者となるために必要なのでしょうか?自分の人生に満足し、幸せを感じる人生を送るために、どのような力が必要なのでしょうか?教育とは、子どもたちにどのようなことを教え、どのような力をつけることなのでしょうか?もし、自分にある才能があった時に、それを生かすためには、どうすればいいのでしょうか?

 ゴールマンは「こころの知能指数」というEQが必要であるとしています。「こころの知能指数」とは、自分自身を動機づけ、挫折してもしぶとく頑張れる能力のことです。衝動をコントロールし、快楽を我慢できる能力です。自分の気持ちをうまく整え、感情の乱れに思考力を阻害されない能力のことです。他人に共感でき、希望を維持できる能力です。これらの能力であるEQが、IQと同等、あるいはそれ以上に人生を生きる間に生じてくる個人格差を生み出していると言います。しかも、IQについては経験や教育の力で大きく変えることは不可能だという説がありますが、EQについては重要な部分は子どものうちに教えれば向上さることが可能であると言います。

 ハーバード大学教育学部の心理学者ハワード・ガードナーは、「そろそろ才能というものをもっと広範囲にとらえるべき時期にきていると思います。子どもの発達のために教育がなしうる唯一最大の貢献は、その子が自分の才能に最もふさわしい方面に進んで能力を発揮し満足して生きられるよう応援してあげることです。私たちは現在、そのことが見えなくなっています。今の学校教育は、生徒全員を大学教授に仕立てようとするかのような内容です。そして、そのような狭い基準に負うかどうかだけですべての学生を評価しています。学校はいいかげんに子どもをランク付けするのをやめて、子どもたちがそれぞれに持って生まれた才能や資質を見つけ、それを伸ばしてやることに力を注ぐべきです。成功にいたる道は何百何千とあるのだし、そのために役立つ能力だって実に多種多様なのですから。」

 日本では、どうでしょうか?

人生の成功者” への6件のコメント

  1. 人生の成功とは…。難しい問題ですね。最終的には本人の捉え方次第になると思うのですが、周りからの評価やある基準に基づいた評価というものがどうしてもちらついたりするのが現状だと思います。その評価を作っているのが、ハワード・ガードナー氏の指摘する教育のあり方が日本ではまだまだ大きいのではないでしょうか。ある一つの基準に沿って点数をつけ、そのことで評価が下ってしまうシステムなのだからそれに従うしかない、そんな風にいわれてしまうこともありますが、本音の部分でもそう思っているのか聞いてみたくなります。まずシステムがあって、それに従うしかないと言っている以上は、何の改善にもつながらないと思うのですが。多様な能力を認め、子どもたちが自分を肯定できる、そんな教育のあり方を目指していきたいものです。

  2. ガードナー博士の指摘は本当に大切なことですよね。「教育とは」、「人が生きるということ」はどういうことかということから日本では議論をし直さなければいけないのかもしれません。最近思うのですが、エジソンが電球を発明する為にどれだけの試行錯誤をしてきたのでしょうか。それは失敗の連続なのか試行錯誤なのか、本人の取り方で全然違うような気がします。

  3. 結局IQが役に立ったのは、大学を卒業するまでだったというのが、我が人生を振り返っての印象です。知力がピークだったのは大学入試の前後で、最近は新聞でセンター試験をみても、ほとんど解けない(笑)。それでも、世の中に出てから一向に苦労したことはないんだから、あの頃の勉強はなんだったのか。これまで悩んだことのほとんどが自分の性格や人間関係のこと。自分を変えないと環境も人生も変わらない。自分を日々革命すること。「人生の成功者」と呼ばれるよりも、「人生の達人」になることが今の目標かな。

    ゴールマンの「心の知能指数」が指すところは、子どもの自立と自律、自己肯定感、環境との協調性。学校教育がIQを重視するのに対して、乳幼児教育の目指すところはEQの豊かな子どもを育てること。これにつきますね。新生児からおよそ8歳までの間に、人格の基礎であるEQの涵養が保障される環境と保育。それを支える家庭と地域社会。トータルな社会システムを自分の住むこの町で提案できないか、臥龍塾を読みながら、最近そんなことを考えています。

  4. 心の知能指数のEQと人生の成功者というものは近しい考えにあるんですね。とはいえ、そもそもその人生の成功とはなんなのか?という議論にもなってくるのですが、そこには知識量やIQではなく、つねに今いる状況を「幸せ」と感じることのほうがより幸せなのかもしれないと保育をしているとよく思います。実際、自分自身も勉強をすることを求められてきた世代ですが、それほど今の生活にプラスになる部分は少ないですし、テストのためにするというようにあまり身につくものではありませんでした。入試のための勉強という意味合いも強いですね。実際に社会に出た時にはこういった勉学の知識量より、人とのコミュニケーションや関係作りのほうがよほど必要なものだということを痛感しています。IQをより活かすにはEQが必要なことだということを社会に出た時に感じることが多いですね。子どもにレッテルやランクをつけるのではなく、それぞれが多様性のある関係ということを念頭に保育をしていく環境をもっと議論していくことが今後より求められることになりそうですね。

  5.  「人生の成功者」と聞いてまず思ったことは、成功者のゴール地点はどこだろう?と思ったのです。お金持ちになる事、ノーベル賞を取ること、有名な芸能人になること、色々あります。人によって価値観も違えば、能力も違うように、人生の成功は人によって様々です。自分の生まれ持った才能や能力を知り、それが発揮できる環境があれば、それが人生の成功者のように思います。その為には色々な経験をして、伸ばしてあげることが重要です。それを大人も一緒に応援し、子ども達を見守っていく関係が大切に思いますが、まだまだ日本の小学校は通知表の数字を気にしています。私も小学校の頃の通知表の成績を気にしていましたが、今は子どもにとって何が重要なのか?と考えるとランク付けをすることで何が生まれるのか?ただ疑問だけが残ります。いつになったらランク付けを止めて、子ども本来の姿を評価するようになるのでしょうか・・・。

  6. 「勝ち組」「負け組」とか「人生における成功者」「失敗者」などなど、巷には「競争に勝つ、負ける」といことがあふれています。私たちの保育界でも、「あの園には負けたくない」とか「日本一の保育園」とか「追い越す」などなど、私自身耳にしたくない言葉を聞くことがあります。どうしてそんなふうになるのだろう?と不思議です。就学前施設は、子どもたちの発達を保障し、子どもたちの主体性と自発性、個性と関係性、そしてこれからの時代は「人と人との関わりをますます構築していく」ことを保障する場になるのだろうと思います。おそらくこうしたことが実現しているなら園として「成功」ということになるのでしょう。ゴールマン氏の「こころの知能指数」、ハワード・ガードナー氏のご指摘はとても重要です。特にガードナー氏の「子どもの発達のために教育がなしうる唯一最大の貢献は、その子が自分の才能に最もふさわしい方面に進んで能力を発揮し満足して生きられるよう応援してあげること」です、というご指摘は異論を挟む余地なしです。「応援」、これは私たちの概念に置き換えるならば「見守る」ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です