おたのしみ会の考察22

いよいよ今年の幕が閉まります。来年という次のステージが始まります。そのステージではどのような演技が行われるのでしょうか?私たちは、その舞台を鑑賞するだけでしょうか?出演するのでしょうか?それとも、演技に対して舞台の下からヤジを飛ばすのか、評論するのでしょうか?私の園の「おたのしみ会」は、0歳児からすべての園児が、普段の生活や遊びの中から自ら表出することから表現する力を見せていきます。全員が出演者なのです。そして、それは、当日だけのものではなく、発達過程における通過点の姿なのです。

 もちろん、「おたのしみ会」当日は、子どもにとっては特別な日であり、他の人に見られる日です。しかし、子どもにとっては少しでも日常の連続であると思ってもらうために、舞台は台にせず、観客席と同じフロアで高くしません。以前、高くしていた時、園児の中に、舞台ののぼると声の出ない子がいました。高い舞台に何かトラウマがあるのではないかと発達相談の人に言われたことがありました。また、舞台から落ちてしまう子がいたり、登場するときにのぼらないといけなかったりということもあります。保護者からは少し見えにくさはありますが、見る側と同じ高さでの演技は、舞台と観客が一体になっている気がしています。

 また、舞台の前には幕がありません。演技が終わり、次の出し物の舞台設営の間は、暗転するだけで観客からは見えています。それは、舞台への出入りも、舞台設営も、演技の一つだと思っています。もちろん、舞台設営の多くは職員がするのですが、半分は遊び心で、「黒子」の格好で出てきます。もしかしたら、子どもが準備することもあるかもしれません。また、合奏などは、始まる前に前に並びますが、順に出てきて、並ぶ姿からも、薄暗い中ですが、発達を見ることができます。

 年というステージが変わる最後の舞台が今日です。いよいよというカウントダウンが始まるまで、今までの振り返りや、来年への期待の気持ちがわいてきますが、その実感をもたらすものに、私は、やはり「紅白歌合戦」でしょう。それほど面白くもないのですが、何となく見てしまいます。しかし、私の息子は、どこかの場所で友達とカウントダウンをしていたようですし、テレビにしてもほかのチャンネルを見ているようです。どれにしても、次の出し物が始まるまでの「幕間」かもしれません。園の「おたのしみ会」にも「幕間」があります。

2011年、2012年舞台背景(テーマ森)


 「幕間」とは、劇と劇の間をつなぐもので、次の出し物の準備をしている間をつなぎもので、準備が出来たら合図をして次の出し物の紹介をして去るという役目があるのですが、前の出し物の振り返りと、次の出し物への期待を持たせる役目もあります。また、「幕間劇」というように、特に背景や大道具を使わないで行う一つの出し物ということもあります。どの要素が強いかは、私の園ではその年の胆嚢に負って違います。幕間を受け持つもの、以前、子どもたちの観覧していた時には、年長さんがやっていたこともありました。また、学童クラブの子どもたちがやってくれた時もありました。その時は、クイズや紙芝居、時には、幕間を通して本の読み聞かせなどをしていました。しかし、最近は保護者だけの観覧ですので、前の出し物の振り返りと、次の出し物への導入の役割が強くなりました。

 今年最後のブログもこれで終わりですが、また、明日から新しい物語が始まります。よろしくお願いします。