おたのしみ会の考察21

 保育所保育指針に書かれてある「発達過程」の注意書きには、「子どもの発達過程は、おおむね次に示す八つの区分としてとらえられる。ただし、この区分は、同年齢の子どもの均一的な発達の基準ではなく、一人一人の子どもの発達過程としてとらえるべきものである。また、様々な条件により、子どもに発達上の課題や保育所の生活になじみにくいなどの状態が見られても、保育士等は、子ども自身の力を十分に認め、一人一人の発達過程や心身の状態に応じた適切な援助及び環境構成を行うことが重要である。」

この注意書きをよく読みこまずに、各年齢区分の発達だけを読んでしまうことが多いようです。発達過程が「一人一人の子どもの発達過程として」と書くのであれば、区分で書かずに、その連続性を書くべきなのです。そのほうが、発達の連続性だけでなく、順序性や方向性が見えやすくなります。保育に必要なのは、それが大切な気がします。それこそ、保育所ができることで、新しい子ども園構想の中で、3歳以上児だけ学校教育に組み入れるという考え方は生まれてこないと思います。様々な発達は、3歳から何かができるようになるのではなく、必ず生まれながら将来に自立していくための準備を始めていくのです。そこに、こういう仕事をしていく感動があるのです。知識を与える、知識を覚えるのであれば、年齢区分は必要です。小学校で教えるべき内容を、おおむね6年間に振り分けるのは分かりますが、発達を年齢ごとに振り分けるのはおかしい気がするのです。

園の「おたのしみ会」は、保護者に子どもたちの発達を見てもらうのですが、それは、「それぞれの年齢に何ができるというよりも、わが子が昨年と比べてこんなことができるようになったのだ」ということを感じてもらいたいのです。この考え方は、すべての行事に通っている柱です。ですから、行事のプログラムにつける発達のめやすの表には、年齢区分は書かれていません。0歳児からどのように一人一人が発達してくるかという、連続性を重視した形で示しています。その表は、プログラムの後ろに貼ってあり、広げると全体の発達の連続性がわかるようになっています。

今年の「おたのしみ会」の始まりは、舞台の前に広げられた白い布に、森を映し出され、その森の中でいろいろな動物が遊んでいるというイメージでした。そのプログラムは、立てられるようになっており、終わってから前後を入れ替えると、来年のカレンダーになります。カレンダーの数字は、年長の子どもたちが書いたものです。おたのしみ会が終わっても、来年1年間は使ってもらおうというものです。

また、プログラムは、イメージに合わせて、森の木の間に張られた布に映し出される出し物を森の動物が鑑賞するというものでした。そして、出し物が進むにしたがって、プログラムをめくっていくと、観客の動物が増えていくという趣向です。また、木に登っているサルは、紙の押さえになっています。観覧している動物は、職員数人で作った消しゴムハンコです。上手に作るものです。

とても手が込んだプログラムですが、担当の職員がパーツと、完成品を職員室に置いておくと、手が空いた職員や、職員室で仕事をする職員が、話をしながら作ります。間近に、時間外で一生懸命作るという感じではなく、いつの間にか勤務時間内に出来上がっているというように、上手に時間を作っています。また、何人かでおしゃべりをしながら作るのも楽しいようです。