おたのしみ会の考察20

 幼児教育の主な目的は、子どもたちの発達をきちんと保障することにあります。その中で、「最も大事な点。要点。」が書かれてあるのが「教育要領」ということになります。ですから、その「ねらい」とその「内容」が、発達の側面である五つの「領域」に分けて書かれてあります。この「要領」は告示化されています。告示化されることにより、最低基準として遵守しなければならない大事な点として書かれてあるのです。

それに対して「取るべき態度や進むべき方向を示す方針。」が「指針」です。保育所には、この方針が示されていました。そこには、各年齢における「保育の内容」が書かれ、その年齢における「発達の特徴」が示され、「ねらい」と「内容」が書かれていました。しかし、この保育指針は、平成20年の時の改訂の際、告示化されました。それは、「方向を示す方針」ではなく、遵守しなければならない事項に変わったのです。本来、その時にまずしなければならなかったのは、「保育指針」を「保育要領」とすべきだったのです。

もう一つ、内容として明記する事項で見直さなければならなかったのが、おおむね8つの区分で書かれてある「発達過程」です。これは、遵守すべき重要な点ではなく、一つの目安です。私も、保育者にとってこの発達過程はとても大切なこととして、保育室に貼っておきました。しかし、それは、あくまでも目安で、目標ではないのです。それをもう少し考えると、「めやす」とは、どういうもので、どのように使うものであるかということです。考えられるのは、この「めやす」と大きく違っている子をチェックするためであるということです。しかし、そのために使われる「めやす」は絶対的なものでなければなりません。ある特殊な環境の中での子どもの発達を基準にしてしまうと、違う環境の中での発達との食い違いを障害と決めつけかねません。いくら「おおむね」と書かれてあっても、平均値だというイメージはあります。平均値ということは、「普通の子」となり、それから遅れてずれていると「遅れている」「普通でない」と思ってしまいます。

しかし、発達とは、目の前にいる子が立った時に立つという発達過程にあり、いくら目安として書かれていようがいまいが、あまり関係ない気がします。ですから、「おたのしみ会」で保護者に見てもらう発達は、保育指針が先にあり、それに合わせて発達させたものではなく、子どもたちの生活と遊びの中から自ら発達したものです。それは、もしかしたら指針に書かれているめやすとは少し違ってくるかもしれませんが、優先されるのは、目の前に子どもたちがどんなことをするかです。そして、そこで見える発達を保障するために、環境を用意するのです。それによって、次の発達過程に移っていくのです。まず活動があり、その活動から領域という切り口から発達を見ていくのです。年長さんの「おたのしみ会」での表現に至るまでの姿が、コメントに書かれてあります。

「普段から、ごっこ遊びや楽器遊びが好きな年長さん。感じたことや想像したことを、言葉や体、音楽などで表現して遊んでいます。劇を作って演じたり、楽器を演奏したり、するとみんなに見せたくて互いに見せ合ったり、聞かせ合ったりして楽しんでいます。そんな日々の中で表現の仕方を考えてきたみんなは、『もりのてがみ』の台詞や動き、衣装や小道具などを役ごとに話し合って決めました。そこには、みんなのやりたいこと、見せたいことが詰まっています。」

この姿には、指針の発達過程の枠にはまらない、ダイナミックな発達が見られます。