おたのしみ会の考察19

 数年前の「おたのしみ会」での年長さんの演目が「どうぞのいす」にすると担任から聞いた時に、「どうして?」と思いました。なぜかというと、この絵本の内容は、シンプルで、3歳児くらいにちょうどよい話だったからです。どうしてこの絵本を題材にしたのかを年長の担任に聞いてみました。すると、「実は、木工ゾーンを開設したのですが、このゾーンに対してどう導入したらよいかを迷っていました。そこで、みんなで、木工ゾーンで“椅子を作ってみよう!”と盛り上げるような環境を作りました。その一つとして、絵本の“どうぞの椅子”を子どもたちに興味を持たせることにしたのです。そうしたら、みんなに座ってもらうことにしたらどうかということが子どもたちから提案されました。そして、それを劇にしようということになったのです。」

 実は、ここには担任の意図があるのです。おたのしみ会の出し物は、普段の子どもたちの生活、子どもたちの活動から取り出すのですが、その逆もあるのです。それは、おたのしみ会の出し物にし、その取り組みから、普段の保育の動機づけにしていくのです。子どもにつけたい力、子どもたちに取り組んでもらいたい活動を、おたのしみ会に取り組む中から、普段の保育につなげていくという保育もあるのです。

 また、おたのしみ会の出し物について、保育者の意図がなく、子どもたちからの活動から、次々に発展していき、次第におたのしみ会につながっていくこともあります。年長さんが、こんな保育に取り組みました。「“ねぇテント作りたい!”…ある日の誰かの一言で始まったテント作り。新聞紙を一本一本丸めていき、骨組みを作ってそれをつなげて。“あと何本作らなきゃね!”“私もやるー!”…だんだんと仲間が増えて、何日もかけて年長さんの新聞紙のテントが出来上がりました。」しかし、材料が新聞紙のためか、壊れてしまいました。こうして始まったテント作りは、次につながっていきます。

ちょうどその時、おたのしみ会が近づき、出し物を検討することになりました。そんな時に、子どもたちはこんな会話をしています。「するとまた誰かが提案をしました。―“このテント、お楽しみ会で使ったらいいんじゃない??”そこから始まったお話探し。“テントが出てくるお話がいいよ!”“森だから動物がいいんじゃない?”と、次々にお話の案が持ち上がる中、無惨にもテントは壊れてしまいました。…それでもお楽しみ会のイメージは膨らんでいき『もりのてがみ』に決まると、お話の展開もみんなで考えていきました。そしてキャンプをすることに。すると、“じゃあテントが必要じゃん!また作ろうよ!”」

せっかく作ったテントですから、子どもたちはどうしたら壊れないテントが造れるかを考えます。そこで、骨組みを新聞紙を丸めて作ったのから、角材に釘で打ち付けて作ることにしました。釘が曲がりながら、みんなで打ち付けていきます。そして、覆いも新聞紙ではなく、布で作ることにしました。そして、みんなでテントを作り上げました。子ども集団における遊びには、人間として発達していくための、人間関係における共感、協同、また、表現における想像と創造の力などの基礎的な能力を育むプロセスなのです。

保育所保育指針の発達過程の「おおむね六歳」には、こう書かれてあります。「仲間の意思を大切にしようとし、役割の分担が生まれるような協同遊びやごっこ遊びを行い、満足するまで取り組もうとする。様々な知識や経験を生かし、創意工夫を重ね、遊びを発展させる。」
また、「人間関係」領域のねらいには、「?友達と一緒に活動する中で、共通の目的を見いだし、協力して物事をやり遂げようとする気持ちを持つ。」とあり、「三歳以上児の保育に関わる配慮事項」には、「ク 感じたことや思ったこと、想像したことなどを、様々な方法で創意工夫を凝らして自由に表現できるよう、保育に必要な素材や用具を始め、様々な環境の設定に留意すること。」とあります。

保育とは、特定の領域に限られるものでもなく、特定に年齢の発達過程に限られたものでもなく、総合的なものなのです。