おたのしみ会の考察18

絵本やお話から始まる「劇遊び」は、表象を広げながらそこに登場するものの性格や関係、感情などについて疑似的な体験しはじめます。それは、ごっこ遊びと共通しているもので、動機、表象、情動の実現と進み、それが子ども自身の表現として現れてきます。しかし、劇遊びでは、より高度な表現になります。それは、単に大人のまねではなく、きっかけとなるお話や物語のストーリー、登場するものが全体の進行を決定していくからです。その進行の中で、想像が広がり、感情が高まってくることによって、自らのストーリー、新しく登場するものまでも生み出していきます。
このような活動が、年長さんのおたのしみ会への取り組みに見ることができます。紹介コメントにはこのように書かれてあります。「絵本が決まると、次は役決めです。“絵本にでていなくてもいいから自分たちの好きな動物をやろう!”そうして出てきた動物は、ぞう、うさぎ、りす、とり、ライオンでした。役が決まると、ストーリーやセリフも自分たちで考えました。ぞう、うさぎ、りすは“最初何をして登場したいか?”と“どんなケーキを作ってコンテストに出たいか?”ということ、とりは“誰がどこのナレーションをするか?”、そしてライオンは“本番中に一番おいしいケーキを決める!”ということを話し合いました。」

この取り組みコメントを読むと、行事は決して当日のためのものでないことがわかります。当日は、表現領域を中心としたプロジェクト保育の通過点に過ぎないのです。その経過は、3歳以上児になると、練習にもその成長を見ることもできます。そんな光景も、取組コメントにも書かれてあります。「ストーリーやセリフが決まってくると、次はいよいよ練習です。台本できあがると自分たちでセリフやセリフを言う順番覚えていったり、同じ出番のグループで集まって話し合ったり、練習をしていました。初めてみんなで合わせてみた時も、流れや、セリフは自分たちでしっかりと覚えていて、途中でわかんなくなってしまった時も“次は○○の出番だよ!”と教えてあって、最後までやり通していました。さらに、“ゾウは鼻を手でやればいいよね?”“セリフの前にがぉーっていれたほうがいい?”など、自分の演じる動物の歩き方や鳴き声をお互いにもっと劇がよくなるように提案をしたり、大道具や装飾も、みんなで設計図を描いて、協力して作りました。ハプニングやケンカもありつつも、劇のいたるところに年長さんのこだわり、楽しかった様子、想いが込めてられています。そして年長さんで出来る最後の劇、思い残すことがないよう力いっぱい出し切るぞっという気持ちで取り組んできました。」

子どもたちは、身の回りにある様々な環境から影響を受けます。劇遊びをするときにも、読んだ絵本からとか、保育者から読み聞かせてもらったお話から刺激を受けます。最近、その多くを、テレビから受けることがあります。例えば、「戦いごっこ」など戦隊物の影響があります。戦いごっこをしている子どもたちを見ると、「テレビの影響が大きいから」と片づけることがあるのですが、私は、「テレビなどは子どもにとって1日のうち数時間か数分の話で、何で多くの時間を過ごす保育の中の影響は受けないの?」と聞くことがあります。もっと、保育の中での経験を豊富にさせることで、長細い棒を作っても、剣にするというよりも、釣竿にするとか、魔法の杖にするとか、違う発想を得るはずです。

子どもたちは、様々な経験、体験からいろいろなものを表現します。おたのしみ会で子どもたちに話し合いをさせようと思っても、それまでの体験が豊富でないと、アイディアを思いつきません。すると、つまらないおたのしみ会になってしまいます。ただ、話し合いをさせればいわけではありませんし、子どもたちに任せればいいわけではないのです。普段の保育、生活の中での導入が必要なのです。