おたのしみ会の考察17

年長さんの担任が、おたのしみ会の中で保護者に見てもらおうとした発達は、「自分や友だちの表現したものをお互いに聞かせあったり、見せ合ったりして楽しむ。」という姿であることを、コメントで紹介しています。しかし、この表現する力は、決して、おたのしみ会の時に発揮されるものではなく、私の園では、3,4,5歳児の部屋に用意されてある様々なゾーンでの活動に見られます。そんな普段の遊びをコメントで紹介しました。「おままごとゾーンではレストランごっこでウエイトレスさんになったり、お母さんや赤ちゃんになったり、製作ゾーンでは、飛行機や手裏剣を作ってヒーローや忍者になったり、いつも遊びの中でイメージを広げ、工夫しながらその役になっておもいっきり楽しんでいる年長さん。」

最近は、子どもたちの家にはいろいろな人が訪ねてきません。私の子どものころは、畳や、庭師、建具や、表具や、自宅でいろいろな職人技を見せてくれました。また、家族の働く姿も見ることができました。台所で食事の用意をする姿、箒で部屋の掃除、ぞうきんがけ、障子の張り替え、様々な大人の世界を見ることができました。そんな現実の世界における大人の活動、大人たちの相互関係を再現し、表現する遊びが「ごっこ遊び」です。それによって活動の社会的動機や人々の間の関係に結びつけ、大人の生活に間接的な関係を持つことになるのです。

そんな「ごっこ遊び」は、子どもが大人の役割を受け持ち、ものを何かに見立て、大人になったつもりになって活動や関係を再現する遊びで、まさに表現遊びです。そして、それは劇遊びへと発展していきます。しかし、最近の子どもの遊びは、テレビやビデオ、ファミコンやパソコンなどのメディアを通した遊びが主流となり、生活のリアリティの抽象化が進んでいます。したがって、その生活は、ごっこ遊びへ展開していきません。そこで、園では大人のやること、掃除とか調理などを子どもたちの前でやり、それが再現できるようなごっこゾーンを3,4,5歳児の保育室内に用意します。そこでは、2歳児までの保育室にあるような「ままごとゾーン」とは違い、さまざまなものになりきり、いろいろなごっこ、たとえば「お店屋さんごっこ」「お医者さんごっこ」「変身ごっこ」などができるようゾーンです。

それが発展すると、お話や物語を媒介にしながら、そこに登場するものを自分の役割とし、その世界を摸擬的に再現して遊ぶようになります。それが、ごっこから発展してきたということは、ともに、何かになったつもりで振る舞い、さまざまなものを何かに見立てる活動を行うあそびだからです。保育者から聞いた話や、読んでもらった物語の世界を共感的に受けとめ、表象を広げながら、実際にその世界を体験してみたいという衝動にかられます。今年の「おたのしみ会」の演目が決まる経緯をコメントで紹介しています。「今年のおたのしみ会は何をやろう?という問いかけに“楽しい劇がいい!”“動物が出てきて来るやつ♪”“じゃあテーマは森だから、筋肉もりもりの劇ならいいんじゃない?”などいろんな意見が出てきました。そしてみんなで決めたのが“森の動物たちがでて、みんなが楽しい劇をやろう!”でした。そこからすぐに“ジャングルでいちばんおいしいケーキ”に決まりました。」

年間通して「テーマ」による保育は、年長児もよく理解しています。保育における子どもの活動は、子どもたちが自主的に、主体的に行われるものですが、当然そこには、保育者の適時性のある働きかけがあります。その一つに、年間テーマの設定があります。そして、子どもたちが想像しやすいような環境の設定があります。決めたことを、子どもに指示し、その通りにやらせることは簡単です。しかし、そこには、子どもの発達は促されません。保育者の専門性とは、環境によって導入され、環境によって展開することができるような「意図性」を持つことであり、それこそが幼児教育なのです。