おたのしみ会の考察16

 「おたのしみ会」のプログラムには、表現と言語の発達過程が書かれてあり、当日までの取り組みが書かれてあります。3歳児のコメントには、一昨日紹介したもののほかにこんなことが書かれてあります。まず、発達過程として「童話や詩などを聞いたり、自ら表現したりして、言葉の面白さや美しさに興味をもつ。」とあり、それに沿った取り組みとして「劇中で動物さんたちが言う“しずかに しずかに”というセリフは、絵本を読んでいる時に子どもたちがふと口に出した言葉をそのまま取り入れたものです。また、劇中に出てくる“こそこそ話”のシーンは、話す方も聞く方もとっても楽しそう!お友達の耳元でこそこそとささやく可愛らしい姿にぜひご注目ください。セリフを忘れちゃったり、恥ずかしくなったり…そんな姿も3歳児さんらしい成長なのです。」

 それが、4歳児のコメントは少し変化してきます。発達のポイントには、「絵本、童話などに親しみ、その面白さがわかって、想像したり自ら表現したりして楽しむ。」となります。三歳児の劇のもとになる絵本を、おたのしみ会が近づくと子どもたち自ら探し始めます。しかも、なんとその年のテーマも理解していて、そのテーマに沿ったものを探します。そんな姿が、取り組みコメントに書かれてあります。「3歳さんのときは『がらがらどん』やったんだよね!…おたのしみ会が近づく雰囲気を感じて、子どもたちから話題がもちあがりました。「こんなのがいいな?」「森でしょ、うーん?」考える姿、ひらめく顔、どれも顔つきがいい!「何か絵本探しとくね!」なんて積極的な声も。」

 そして、絵本の楽しみ方も変わってきます。発達に書かれているように、「その面白さがわかって」その絵本にのめりこんでいきます。その結果、その絵本を劇にして表現することをしていきます。取組みコメントには、その経緯がこう書かれてあります。「去年は読み聞かせてもらうことが多かった子どもたち。だんだんと文字が読めるようになり、自分で読める嬉しさ、友だちと一緒に読む楽しさ、年少さんに読んであげる自信をそれぞれに感じています。そんな中で劇が“しんせつなともだち”に決まり、クラスの友だち同士でまわし読みが始まりました。すると、“この役がいい!”“こんなのもいいんじゃない?”と、絵本に出てくる役だけでなく、他の森の中の動物たちを自分たちで提案して、きつねを仲間に入れました。ちなみに、出てくる野菜は保育園で育てているものと一緒。自分たちで蒔いた種からどう成長するのか、そこにも期待感を持っています。」

 この取り組みは、発達の中の「その面白さがわかって、想像したり」する姿です。絵本をきっかけに、子どもたちはどんどん想像力を膨らませていきます。それは、普段の経験、体験の中からの想像力です。そこには、普段からの保育者の働きかけと、環境構成が影響してきます。そして、コメントはこう続きます。「役が決まると、やる気まんまん!けど今年は、舞台に立つのは子どもたちだけ…。信じるのは自分と友だち!?「せーの!」と声を合わせたり、誰かがリードしたり、友だちの様子を見ながら合わせたり。友だちと気持ちを合わせて一緒にやる、ちょっと難しいけど楽しい!ドキドキするけどやりたい!そんな気持ちで取り組んでいる4歳児さんです。」
 
ここにも、発達の「自ら表現したりして楽しむ。」姿があります。きちんとそれぞれの時期の発達過程を大切にし、その今を大切にする保育が、このような成長を促していくのです。