おたのしみ会の考察15

 年少児は、年長児のやることをじっと見、そこから刺激を受け、それをまねしてやろうとします。それは、0歳児でも1歳児から刺激を受けますし、私の年齢になっても、高齢者ががんばっている姿から刺激を受け、頑張らなければと思うこともあります。また、逆もあります。年長児は、年少児から見られることによって、自分を手本として見られることで、自信を持つことがあります。子どもは、あこがれを持って向けられている視線を感じることができます。その視線は、大人からどんなに褒められるよりも自信につながります。それは、1歳児でも、0歳児から見られることによって、何となくお兄ちゃんぶったり、お姉ちゃんぶったりします。年少児から見られることによって、しっかりすることもあるのです。その意味では、小学校の1年生は、自分より下の年齢の子がいないために、幼児施設の時にあんなにしっかりしていた子が、何となく赤ちゃんぽくなるのです。幼児施設の時には、最年長だったのが、小学校では最年少になったからです。そこで、生活科などで、幼児と触れ合うことを提案しているのです。1年生が、幼児と接することで、小1プロブレムと言われるような幼児返りは少しは解消すると言われているからです。

 私の園で行われる「おたのしみ会」では、当日は年齢別に行われるのですが、実は、異年齢児保育の発表でもあるのです。それは、舞台の上でだけ行われるのではなく、普段の生活の発表だからです。普段の生活は、異年齢の中で様々なかかわりを持っていることで成長することが大きいのです。「おたのしみ会」当日は、観客者が両親、祖父母を含め多くなってきたために、最近、園児は観覧しなくなりました。そこで、その前の週に行われる予行練習では、すべて本番のような衣装、背景の前で、子どもたちだけで観覧します。そして、その時に、園としての写真を撮り、当日は、写真撮影は行いません。

前の週に行われる「おたのしみ会」の練習はとても面白いです。それは、全園児が観覧するからです。普段から異年齢で過ごしているために、0歳児が出ると、それぞれの子に対して応援する声がほかの子から飛びます。そして、泣きそうな子には、その子をみんなで励まします。そして、朝のお集まりの場面で歌が始まると、年長児までその歌を歌いながら、観客席で手遊びをして見せます。舞台の上と観客席が一体になります。舞台の上の子も、見られることから、楽しそうですし、しっかりしようとします。

それは、乳児だけでなく、幼児においても同じことが言えます。小さい子からの視線を感じ、自信を持っていくようです。それが、本番において発揮されていきます。また、お互いがお互いの演技を見ることによって、それぞれの年齢のクラスによって乃違いを見ることができます。それは、普段の保育の中でも異年齢で生活する特徴です。お互いの違いを知ることができます。それは、男女差であったり、年齢差であったりします。そして、その違いを知ることによって、個人差も知ることができるようになります。みんな同じようになることではなく、自分らしさを発揮することが必要であることを知ります。園に、下半身が不自由な障害の子が在園しています。しかし、その違いは、子どもにとっては個人差としてしか写っていないようです。歩行器を使って移動しますが、他の子はそれを何の違和感を感じることなく自分の動きをします。障害児に対しても、普段の異年齢での生活から、真の平等を子どもたちは学んでいるようです。