おたのしみ会の考察14

 私の園での「おたのしみ会」は、いわゆる年齢別に保護者に発達や、普段の生活を見せます。しかし、普段の生活は、3,4,5歳児が同じ部屋の中で過ごしています。その部屋の中での遊びは、必ずしも異年齢で遊ぶわけでもないのですが、少なくとも子どもたちは、生年月日が4月から3月生まれを一区切りとしてグループを作って遊ぶわけではありません。遊ぶ内容によって遊び相手を決めています。その時には、ほぼ、同じくらいに発達の子を選んでいることが多いようです。オセロをやろうとするときには、ルールを知っていて、同じくらいに強さの子が面白いようです。

 しかし、おたのしみ会では、年齢別に行いますので、練習や、当日までの取り組みは、年齢別クラスによって違ってきます。ちょうどその時期にボランティアに来ていた学生が、こんな記録を書きました。「今日は、年長さんのおたのしみ会の練習風景を見ることができましたが、さすが年長さんだなあと思う場面を多く見ることができました。役を自分たちで話し合って決め、みんなでそのセリフ、振り付け、衣装などを自分たちで話し合っている姿に、感心しました。しかし、それ以上に感心したことがありました。それは、その年長さんの姿を、あこがれの目でじっと見つめていた3歳児、4歳児がいたことでした。」

 3歳以上になると、私は「遊び」自体が子どもにとっての「表現」であると思っています。乳児から、運動、音楽、制作において、行動として現れる「表出」から、次第に意識して表現するようになると遊びが生まれてきます。その「意識して」ということは、意欲であり、何かに刺激されての動機なのです。この時に、子どもは刺激を受ける大きな要素として「少し年上の子からの刺激」があります。年少児は、年長児から刺激を受けることがあり、その刺激によって模倣をします。そして学習していきます。これが、子ども文化の伝承であり、異年齢保育の大きな長所なのです。

 年少さんの「おたのしみ会」のコメントには、こう書かれてあります。「お兄さん、お姉さんにキラキラと憧れの眼差しをむけている3歳児さん。4,5歳児の劇への話し合いが始まるとすぐに『自分たちはまだ?』と今度は担任にキラキラの目をむける子どもたち。この話どうかなぁ。ってつぶやくと、すぐに皆が集まってきてじっくり読んで、『この役やりたい!』『○○ちゃんはどれにする?』なんて、子どもたちだけで自然と話し合いが始まりました。お話が決まると、次は役決め。数種類の役があるのにも関わらず、決まるのが早い早い!何回か希望をきいて、多少人数調整していこうかな・・・と思っていたのですが、第一回!役希望の結果は?即決!。さすが、皆で話あっていただけあります!!人数は《偶然》の割合が大きいのでしょうが、役に対して、『クマは恐い顔しているけど、とっても優しいんだよ』『これ、かわいいと思うなぁ』なんて相談している姿が見られて嬉しく思いました。そのあと、『もしあの役を誰もやらなかったら私がやってあげるね』なんて、言葉もありました。こうしてみんなで作りあげた『とんとん とめてくださいな』。友だちと一緒に演じる楽しさを存分に味わいながら取り組んでいます。」

 このような姿が3歳児でも見られるのは、普段から4歳児、5歳児が自分たちでいろいろと話し合い、自分たちで決めている姿を見ているからでしょう。このような「見て」「まねして」「自分でもやってみて」という学習は、現在、唯一、また、最も効果的な教育であると言われています。