おたのしみ会の考察13

2歳児になると、何でもみんなで一緒にしたがるようになります。みんなで一緒は、自然とルールが生まれてきます。「順番こ!」「貸してね!」「どうぞ!」などの言葉が友達を大切に思うゆえに出てきます。決まりとして、約束だからというよりも、友達を思う気持ちから出てきます。保育者からも「みんな一緒だと楽しいよ!」という言葉がけが多くなります。このころになると、昼食をみんなで食べるために、自ら待てるようになります。片手、日本は「一家団欒」で食事をしました。それは、みんな集まって楽しく食事をする風景でした。この一家団欒で食事をするということには、もちろん、みんな揃っているので楽しいということがあるのですが、他にも様々な効果がありました。

一家とは、きょうだい、両親、祖父母という異年齢集団です。そして、年の違う集団が、食事というみんな同じ目的を持っての行為をします。ですから、それぞれの発達過程を見ることができます。それぞれ年齢による違いを知ることができます。そこから、他者理解が深まり、それによって、自己が形成されていくとも言われています。また、食事をみんな一緒にすることで、食材の好き嫌いををへらし、食事の量が増えるという効果があることもわかっています。そして、最後に最も重要な役割があります。それは、ある裁判所の調査官が講演の中で言っていたことです。200人くらいのいわゆる非行青少年の面倒を見ていた時、彼らの特徴の一つに、全員一家団欒で食事をしていないということがあったそうです。彼らにとって、一家団欒で食事をするという意味は、「みんながそろうまで待つ」という力が育つということだと言っていました。いわゆる「我慢する力」が必要なのです。しかし、それは、ただの「おあずけ」ではなく、みんなで食べると楽しいから待つことができるのです。園では、2歳児ころから、みんなで一緒だと楽しいから、みんなが揃うまで待つということを自らするようになります。

今年の「おたのしみ会」における2歳児の演目「ももたろうさん」の後半は、「みんなで一緒が楽しい」という表現がテーマです。機嫌の悪かった鬼が、子どもたちから笑顔一番と言われ、次第に笑顔になっていった鬼さんに、みんながももたろうさんからもらったきびだんごをあげます。そのきびだんごは、普段、公園にどんぐりひろいに行くときに持っていく、子どもたちが作った手作りポーチに入っています。このポーチについても、「取組みコメントで「秋のお散歩では、手作りのどんぐりポーチを提げてはりきってどんぐりを拾っています。劇中に出てくるのでぜひご注目ください。きびだんごも、なんと2歳児クラスの子どもたちの手作りです。」と紹介されます。

きびだんごを急いで食べようとした鬼にむかって、子どもたちは、「みんなで食べると、おいしいよ!」と呼びかけます。そして、普段の昼食の時に行っている食事の歌を保育者のギターに合わせて歌った後、「いただきます」を皆でしてきびだんごを食べます。この経緯が、当日の二日前に紹介した「取組みコメント」の中に書かれてあることです。また、取組コメントの最後には、こう書かれてあります。「“どうしたの?”“手伝って”“いいよ”“みんなで食べるとおいしいよ”…毎日の生活の中であちらこちらにみられる2歳児クラスのお友達の相手を思いやる気持ちは、たくさんの新しい出来事や絵本・歌を通してむくむく育っています。グループ活動では、自分の役割があることへの喜びを感じ、とびきりの笑顔からは自信が満ち溢れています。」