おたのしみ会の考察9

 保育所保育指針、幼稚園教育要領は、以前の「絵画製作」と「音楽リズム」をまとめて「表現」領域にまとめられましたが、子どもたちの表現しようとする活動は、他にもあります。例えば、うれしい気持ちを表現しようと「飛び跳ね」たり、悲しいときには、「打ちひしがれ」たりします。自分で、何とも言えない気分になるときに、その気持ちが上手に表現できないときにいらいらすることがあります。なんとなく機嫌が悪くなります。しかし、その原因がわからないと、その処理の仕方もわかりません。そんな時には「八つ当たり」します。しかし、壁や物に八つ当たりするのはいいのですが、それが他人となると八つ当たりされた人はたまったものではありません。

 私の園には、「表現パネル」が3,4,5歳児の部屋にはあります。子どもたちが「今どんな気持ち?」ということを自分で自分を見つめて表わすというパネルです。これは、特に強制でもありませんし、また、保育者は何をするわけでもありません。子どもが自分の気持ちを表現するだけです。しかし、それによって自分を冷静に見つめ、気持ちを処理できるようです。

 このように、表現には様々なものがあり、何も絵画製作、音楽リズムだけとは限りません。保育所保育指針の表現領域の内容には、10項目書かれてあります。その中で、「おたのしみ会」で保護者に見てもらう内容としては、3,4,5歳児の合唱・合奏のほかに、「保育士等と一緒に歌ったり、手遊びをしたり、リズムに合わせて体を動かしたりして遊ぶ。」「感じたこと、考えたことなどを音や動きなどで表現したり、自由にかいたり、つくったりする。」「自分のイメージを動きや言葉などで表現したり、演じて遊んだりする楽しさを味わう。」などが考えられます。

 これらの内容を、「おたのしみ会」では、保護者に見てもらいます。そこで、この内容に関連して、「言葉」領域があります。ヒトは、「経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養う。」とあるように、言葉で表現することもあるので、言葉を発達させる必要があります。また、じれてしまうのも、言葉で伝えることがまだできない時期ということもありますので、いろいろな気持ちを普段から言葉で表すようにしていく必要があります。そこで、ねらいには、「自分の気持ちを言葉で表現する楽しさを味わう。」「人の言葉や話などをよ聞き、自分の経験したことや考えたことを話し、伝え合う喜びを味わう。」「日常生活に必要な言葉が分かるようになるとともに、絵本や物語などに親しみ、保育士等や友達と心を通わせる。」という項目が挙げられています。ここにも、「楽しさを味わう」「喜びを味わう」「心を通わせる」というように「楽しさ」が大切なことがわかります。

 これらの発達を見ると、人間は、様々なことを習得するうえで、かつて「頑張る」「一生懸命」「辛くても」「必死に」ということはあまり効果がなく、「楽しんで」「喜んで」「自ら進んで」行うことの方が効果があることがわかっているのです。ということで、「おたのしみ会」で劇遊びを披露しようとしたときに、セリフを「一生懸命に覚える」「言われたとおりに演じる」「辛くても練習する」という保育は、表現、言葉の領域においても発達をしないということになります。