おたのしみ会の考察5

5領域に整理された平成元年の幼稚園教育要領で、「表現」という領域が「この領域は、豊かな感性を育て、感じたことや考えたことを表現する意欲を養い、創造性を豊かにする観点から示したものである。」ということであるということが書かれたのは、幼児教育は小学校教育と違って、教科を指導することではないことが明確になりました。ですから、もし、発表会で「表現」療育の発達を保護者に見せるとしたら、上記の観点をきちんと押さえないといけないのです。しかし、それをある活動を通して行うとしたら、それは、絵画の面であったり、音楽リズムの面であることは変わりません。

では、この教育要領の「表現」領域において、直接、音楽リズムに関することは、どのような「内容」として書かれてあるのでしょうか?「 (4) 感じたこと、考えたことなどを音や動きなどで表現したり自由にかいたりつくったりする。」「 (6) 音楽に親しみ、歌を歌ったり簡単なリズム楽器を使ったりする楽しさを味わう。」の2点しかありません。しかも、「留意事項」として、「(3) 幼児が自分の気持ちや考えを素朴に表現することを大切にし、生活と遊離した特定の技能を身に付けさせるための偏った指導を行うことのないようにすること。」とあるように、「生活と遊離した特定の技能を身に付けさせる」ような指導はしないようにと警告しています。

それが、平成10年になると、「感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。」となります。表現領域から「表現する意欲」は消えます。その代わりに「自分なりに」というように、より教え込むようなニュアンスは消えていきます。しかし、その内容については特に変わりはないのですが、「留意事項」は、「内容の取扱い」と変わり、そこに「意欲」が書かれます。「(2)幼児の自己表現は素朴な形で行われることが多いので、教師はそのような表現を受容し、幼児自身の表現しようとする意欲を受け止めて、幼児が生活の中で幼児らしい様々な表現を楽しむことができるようにすること。」と書かれ、自己表現が素朴な形であっても、それを受容するようにと書かれます。

それが、現在使われている教育要領まで引き継がれています。では、保育所保育指針では、どのように音楽関係は取り扱われているでしょうか。平成10年施行された保育所保育指針では、6か月未満児、6か月から1歳3か月未満児、1歳3か月から2歳未満児、2歳児、3歳児、4歳児、5歳児、6歳児と年齢区分ごとにねらい及び内容が設定され、3歳末満児については、その発達の特性からみて各領域を明確に区分することが困難な面が多いので、5領域に配慮しながら、基礎的な事項とともに一括して示してあり、3歳児以上においては、内容のところにだけに領域ごとに記述されています。しかし、「保育の原理」の中の「保育の目標」に領域の内容が書かれてあります。そのカに「様々な体験を通して、豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培うこと。」とあるのは、表現領域でしょう。

それが、平成20年保育所保育指針では、年齢区分は子どもの発達での記述のみで、ねらい及び内容は平成20年の幼稚園教育要領と同様に、 子どもが保育所終了までに育つことが期待される事項が、 領域ごとにねらい及び内容が記述されるようになりました。それにより、幼児期の教育について幼稚園と保育所での整合性が強まったのです。その整合性は、記述の仕方が同じになっただけでなく、5領域に関わる保育の目標も、学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定されている幼稚園の目標と共通のものとなったのです。

この改訂は、保育所保育指針においては大きな出来事でした。それは、この指針の中で保育所における保育の内容に関する事項及びこれに関連する運営に関する事項が定められることになったために、保育所保育指針は、大臣告示となったのです。そのために「指針」ではなくなり、法的規制がかかり、 各保育所は保育所保育指針に規定されていることを踏まえて保育を実施しなければならないことになったのです。