おたのしみ会の考察4

現在の5領域になる前、6領域だったころの分類は、幼児の生活経験を一応組織的に考え、かつ指導計画を立案するための便宜からしたものと説明され、小学校の教科とは異なるとされているものの、小学校の国語、社会、理科、音楽、図画工作、体育等の6教科と幼稚園の6領域とは、よく似ていることから、現場では小学校の各教科と幼稚園の6領域とは同一性格のものと考えられやすかったようです。

しかし、昭和39年に、「幼稚園教育要領」が初めて告示となった際、改訂された教育要領では、活動を分析し、137項目を6領域のねらい群にまとめました。そして、領域は相互に密接な関連を持ちながら、幼児の具体的・総合的な経験や活動を通して達成されるものであると表記されたのですが、特に絵画製作や音楽リズム、健康領域の運動等においては、領域別の指導計画や実際の指導が行われてしまっていました。実際の子どもたちの生活や学習は、領域ごとに行われるのではなく、相互に関連しあい、総合的に経験していくものですが、保育者養成校では、科目が領域別に分かれて開講され、特に絵画制作や音楽リズムは、それぞれ別々に、その内容に特化して学んできてしまうために、そこだけを取り出して指導するようになったのでしょう。

そのような経緯から、「音楽リズム」という領域では、音楽の中でリズムが強調され、全国の幼稚園、保育園で鼓笛隊が組織され、打楽器が中心の指導が行われてしまいました。それは、39年版の幼稚園教育要領の「音楽リズム」の領域には、「幼稚園修了までに幼児に指導することが望ましいねらい」として「1.のびのびと歌ったり、楽器をひいたりして表現の喜びを味わう。」「2.のびのびと動きのリズムを楽しみ、表現の喜びを味わう。」「3.音楽に親しみ、聞くことに興味をもつ。」「4.感じたこと、考えたことなどを音や動きに表現しようとする。」 の4つが挙げられているからです。非常に、教科的ですね。この成果を披露するのが発表会であったら、小学校のような合唱祭であったり、器楽演奏であったりしても無理ないですね。しかも、指導上の留意点を見れば、よりそのことがうなづけます。歌の指導について、「しだいに発声、音程などにも注意して歌うようにさせること」とありますし、楽器の指導について、「リズム楽器を主体として…基礎的なひき方の指導を加えたり、可能な場合には簡易な分担奏を楽しませたりすること。」などが書かれてあります。また、音楽鑑賞について、「できるだけすぐれた音楽に接する機会を多くし、」とあるように、イメージとして、教室内で授業をしている光景が目に浮かぶような内容です。

平成元年版から「5領域」に整理され、これら「音楽リズム」と「絵画制作」は、「表現」に統一されました。そして、保育内容に限っていえば、教育基本法から幼稚園教育要領へと、そして保育所保育指針へとその基本となる考え方は統一されていきました。そして、それぞれの領域は教科ではなく、保育項目から派生し、また保育内容に限定されました。そして、「表現」の領域は、「豊かな感性を育て、感じたことや考えたことを表現する意欲を養い、創造性を豊かにする観点から示したものである。」とされ、歌を歌う、楽器を演奏する、絵を描くこと自体が目的ではなくなりました。ねらいはあくまでも「いろいろなものの美しさなどに対する豊かな感性をもつ。」「感じたことや考えたことを様々な方法で表現しようとする。」「生活の中でイメージを豊かにし、様々な表現を楽しむ。」というように、「豊かな感性」を持つことで、「表現しよう」とし、「表現を楽しむ」ことになったのです。

この時点で、幼稚園、保育園における発表会は、変わらなければならなかったのです。