おたのしみ会の考察3

私の園での「おたのしみ会」では、保育所保育指針の領域の中の「表現」と「言語」の発達を保護者に伝えることを意図するのですが、この「表現」とはどういうことで、何を通して行うのでしょうか?小学校では、児童が学習の成果としての音楽・演劇などを発表することが多く、また、特別のプログラムをもって劇、朗読、合唱、合奏、舞踏などを子どもたちに発表させる学校行事としてとらえられることが多いようです。

幼稚園教育要領では、「第2章 ねらい及び内容」の中で、「幼児の発達の側面から,…感性と表現に関する領域 「表現」 としてまとめ」とあります。また、保育所保育指針には、「教育に関わるねらい及び内容」として「表現」の領域には、「感じたことや考えたことを自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。」とあります。どちらにしても「領域」の一つとして書かれてあるのですが、幼稚園教育界の公的文書に「領域」が文言として取り入れられたのは、昭和31年の幼稚園教育要領からです。このころの教育要領は、教育内容を6領域に分類し、望ましい経験を各領域に即して示したことですが、小学校教育での教科との一貫性を持たせようとした感があります。

この一貫性は、幼稚園の位置づけが影響しています。それは、戦後、アメリカのGHQによって行われた教育改革で、昭和22年に「教育基本法」「学校教育法」が公布され、幼稚園は学校教育の体系の中に組み込まれ、幼稚園教育としての目的と目標が示されたのですが、具体的な保育内容については示されませんでした。そこで文部省は、委員会を作り、「保育要綱」(幼児保育指針)を作成します。この昭和23年に刊行された保育要領の保育内容は、見学、リズム、休息、自由遊び、音楽、お話、絵画、製作、自然観察、ごっこ遊び・劇遊び・人形芝居、健康保育、年中行事の12項目でした。ただし、「幼稚園の毎日の日課は枠の中にはめるべきではなく、幼児の生活に応じて日課を作るようにすべきである」と述べられています。

しかし、この中で謳われた「教師は、幼児の自由な活動の間に幼児の一人ひとりに注意を向けて必要な示唆を与え、個々に適切な指導をし、身体的にも、知的にも、感情的にも、社会的にも適当な発達を図ることが大切である」という趣旨は、次第に系統性や計画性が欲しいという意見が多くなり、当時の文部省は、昭和26年12月、教育課程審議会の答申で「幼稚園の活動及び経験は、健康・社会・自然・言語・絵画製作・音楽リズムの領域に関するものとする」となされ、「領域」という言葉が現れます。ここで、「『領域』は指導を筋道を立てて考えるためのもの」と説明され、「6領域」が生まれました。現在、いくら「領域」は「発達の側面」と説明しても、領域ごとに年案、月案が立てられ、教科のように指導する内容として捉えられてしまうのは、この時の「指導を筋道を立てて考えるためのもの」として捉えられていることが影響しているのでしょう。また、これらの「領域」は、「小学校以上の学校における教科とは、性格を大いに異にするということである」が記述され、「幼児の具体的な生活経験は、ほとんど常に、これらいくつかの領域にまたがり、交錯して現れる」とあるにもかかわらず、領域をたてたのは「内容を組織的に考え、かつ指導計画を立案するための便宜のためからしたものである」と記述がなされていることなどから、領域別に指導計画をたてて指導するのが望ましいといった認識が生じていき、領域が教科的に扱われる傾向に拍車がかかります。そして、指導計画の作成についても、その時期の子どもの発達を考えた「主体的な生活づくり」として考えることなく、小学校の指導計画のように、内容を系統的に配列すれば、子どもが豊かに育つと認識されてしまい、幼稚園教育が学校の授業のようになっていきます。

ということから、保育園、幼稚園における発表会は、小学校の学芸会のような意図と目的を持ってしまっています。