おたのしみ会の考察2

 私が、「お楽しみ会の在り方」を職員に話をした内容の続きです。

「どのクラスも保育指針の表現・言葉のところに書いてある内容を読んで、その通りにやっていけばよい!!例えば…テーマは4月から決まっているので、4・5月くらいの時点でテーマにちなんだ絵本を置いておいてその本を好きにさせてそれをおたのしみ会にやる…など最初のときに見通しておくことが必要。また、今年度の先生が今からでも活動を記録しておくとそれが年案になるのである!そのように今年の先生は記録しておくと良いでしょう。」

 「=各クラスの見せていくポイント(指針より)=(0歳児クラス)いつもの朝の様子をステージでみせていく。そして当日はそれをテーマに沿ってやっていく。(1歳児クラス)0歳児クラスのいつもの様子に加えて、みんなで踊ったり、歌ったりしているのを見せる。(2歳児クラス)挨拶などの普段の様子をみてもらう。絵本など簡単なイメージをみんなでもってまねしてみる。(動物になってみたり)簡単なリズム楽器をならしたりする。(2歳児クラスから3,4,5歳児クラス 言葉)簡単な母音の発音を教えていくようにする。(3,4,5歳児クラスの部屋に張ってあるもの)職員が大きな口で正しい母音で話したり、絵本を読んだりしていかないといけない。そのようにきちんと正しい発音で明瞭に話が出来るようになることが発達である。(3,4,5歳児クラス)指針の発達に合わせた劇遊びをしていく」

保育を含めて、行事等は園の中で修正を加えながら伝承されていきます。新人の保育者は、1年間を通して、その流れ、段取り、当日の動きを学んでいきます。その学びは、書類によってではなく、また会議によってではなく、研修でもなく、体験から学んでいきます。自ら体で体験していくのです。ですから、それを示すのが、先輩の役目です。先輩が、自ら行動するのを見せていくのです。先輩も、言葉で伝えるのでもなく、命令したり、指示したりせず、自ら行動していく姿を見せて行きます。そして、就職2年目になると、それを定着させていかなくてはなりません。定着させるのによい方法は、人に教えることです。そこで、私の園では、2年目の職員が、行事の総責任者となるのです。

しかし、開園1年目は、その伝承はまだ行われません。そこで、園長が、保育過程に沿って、行事の考え方を話していきます。しかし、それはあくまでも基本的なことで、それを実際に行う職員が改良していくのです。開園1年目における私の考え方は、いろいろな部分にまで触れていきます。細かいところまで話すことによって、その共通な理念が見えてくるのです。独自性を尊重するといって、大綱しか語らないと、かえって、その芯になる部分が見えてきません。多くの事例、多くの分野における考え方を知ることが独自性を生み出しやすくなるのです。

お楽しみ会についての私の考え方は、「おたのしみ会の取り組みコメントについて」も話していきます。「普段の様子やその日までの取り組みをかいて保護者に知らせるためのコメントをプログラムにのせる。その日のみどころを書くものではない。」また、「プログラムについて」は、テーマに沿ったものにする。」また、「会場について」は、「3,4,5歳児の部屋を使用しておこなう。席は一番前をシートを敷いて優先席(演じているクラスの保護者)を設ける。ステージを使うかどうかは検討していく。」また、「装飾」について、「大きい背景画を下げて、装飾なども各クラスあまり凝ってない。各クラスでバランスが必要になる。」また、「幕間」などは「係が全部担当するのではなく、係が担当をふりわけるようにする。」という具合です。