おたのしみ会の考察1

 小学校などの初等教育では、学芸会と呼ぶ行事があるのですが、その名前は、学校によっては学習発表会など別の名前で呼ばれることもあります。それは、以前のブログでも書いたように、「学芸会」という名前は、「学問」と「芸術」ということで、その両方から1文字ずつとったのですが、もう一つの「学問」をとって、その学習を発表するというイメージで「学習発表会」というのでしょう。しかし、これも少しおかしいのは、新しい学習指導要領では、「学芸的行事」から「文化的行事」と改められていますので、この発表会の内容は、学問的とか学習的な行事ではなくなっているのです。

では、このような行事を園や幼稚園では、どう呼んでいるのでしょうか。それは、昨日までのブログでわかるように、小学校の特別活動としての行事ではないということを確認しないといけないと思います。では、どのような位置づけかというと、保育所保育指針と、幼稚園教育要領には、「保育の内容」としてここで行われる幼児教育の内容が書かれてあります。それは、「環境を通しての発達」です。そして、その発達の切り口として5領域が書かれてあります。指針には、「“教育”とは、子どもが健やかに成長し、その活動がより豊かに展開されるための発達の援助であり、“健康”、“人間関係”、“環境”、“言葉”及び“表現”の五領域から構成される。この五領域並びに“生命の保持”及び“情緒の安定”に関わる保育の内容は、子どもの生活や遊びを通して相互に関連を持ちながら、総合的に展開されるものである。」とあります。

ということは、保育園、幼稚園が「生活や遊びを通して」とあるので、「生活発表会」と呼ぶことはあります。「生活」や「遊び」は、子どもたちの普段行われていることですので、それを発表するというのは、生活が学習であると捉え、生活の成果を発表しようとする場合でしょう。しかし、生活の成果は、子どもたちの発達であり、それが5領域に構成されているとしたら、いわゆる秋の学芸会のような行事では、どの領域の成果が中心なのでしょう。私の園では、「言葉」と「表現」の発達を保護者に見てもらおうとする位置づけです。

園を開園して初めての行事を行うとき、私は、その行事についての私の考えを職員に話しました。たまたま、ある職員がその内容の要点を記録し、共有ホルダーに保存してあるのを見つけました。その内容について補足しようと思いますが、とりあえず少しわかりにくい部分があり、また、検討事項が多く、職員に課題を投げかけているものもありますが、それを掲載してみます。

「園長先生よりおたのしみ会について;行事は子どもの発達をみせる。お楽しみ会→言葉、表現の発達面をみせる行事。なので…そのために練習して見せるのではなく、普段の子どもがどこまで発達しているのかをみてもらう。その日間際に練習をするのは、普段の保育をきちんとおこなっていないということ。発達を見せる行事なので、年齢別でみたほうがわかりやすいのでクラスごとにおこなう。台詞の長さ、難しさ、楽器の難しさで個人差をつけていく。

表現:音楽→楽器・歌と劇あそび 言葉:日常会話とごっこ。では、楽器あそびはどう考えるか。年齢によって楽器をこちらで決めてしまうのではなく、自分でやりたい楽器を決めていく。出来るのは個人差がある。普段の楽器あそびでいろいろな楽器に触れていく。自分でやりたい楽器・曲を決めて、自分で決めたものは最後まで練習をがんばるようにする。劇遊びについては、3・4・5歳の劇遊びは職員がみんなで協力していかないと不可能である。練習を見合ったりしていく。」

 このあと、各クラスごとにポイントを話しています。