運動会の考察10

普段、園で行っている運動遊びは、いわゆる習熟度別に、挑戦する運動の難易を選びます。小学校でも、例えば跳び箱を飛ぶときでも、3段、4段、5段と段数を変えて、自分が跳べる高さに挑戦します。しかし、運動会当日は年齢別に披露します。
ある年、職員からこんな意見が出ました。「年齢別にしないで、その子ができる運動を披露したらどうか?」という意見です。その時に、小学校において、かけっこの取り組みについて試行錯誤をしたことを思い出しました。私が子どものころは、背の順に並んで、順番に6人くらいが一緒に走り、ゴールに先生がいて順位を決めて、その順位が書かれた旗のところに並びます。高学年になると、運動会の係として、ゴールした子を旗のところまで連れていくという役割がありました。そして、順位によって、色のリボンをもらって、手首に輪ゴムで止めます。それが、一時期、競争するとか、子どもの順位を決めるのはかわいそうだということで、全員リレーとか個人別徒競争とかリレーを行わないことがありました。また、背の順ですと、あまりに子どもの速さによって差が出るので、事前に個々にタイムをとって、タイム順にグループを作り、タイムの近い子ども同士で走ることをしたこともありました。その方法は、今もしている学校もあるかもしれませんが、子どもたちから聞くと、当日1着を取りたいので、練習の時のタイムはわざと遅くして、遅いグループに入って1着をとるということをすることがあると言います。また、それでも、どのグループに入るかで、結局、差が出てしまうということもあります。

子どもによって速さに差が出ることは差別でしょうか?また、勝負は子どもにはよくないことでしょうか?足が遅いと悲しい思いをするのでしょうか?確かに負けると子どもは悔しがります。それは、させてはいけない思いでしょうか?

 職員から出た意見は、「年長さんは、皆とび箱を跳ばせるが、跳べない子は無理に跳ばせないで、その子ができる、例えば、台の上からのジャンプなどを見せればいいのではないか」というものでした。また、保護者にしても「わが子の運動能力の発達を見るという点で、どのくらいのところができるのかを見てもらう方がいいのではないか」という意見です。確かに、普段の運動遊びでは、挑戦する運動は、年齢で決めるのではなく、その子ができるところに合わせています。では、運動会ではどう考えたらいいのでしょうか?そんな意見交換の場で、私はこんなことを投げかけてみました。「例えば、母親はわが子の運動神経が鈍く、運動が苦手であることを知っている。そのわが子が、年長児になっても跳び箱を跳べない。そんなわが子が、2歳児と一緒に台から飛び降りるのを見て、『こんなことができるのか』と感動するであろうか。または、同じ年長児と跳び箱を跳ぼうとして跳べなく、『やっぱりうちの子は、運動は苦手だ』と思うのと、どちらがいいと思うか?」

 私は、後者の方がいいと思っています。そして、「運動は苦手だけれど、何かを作るのは好きで、得意だ。」と考えることが必要な気がします。人はそれぞれ得意なものを持っています。その得意なものを見つけるためには、不得意なものを見つけることでもあるのです。そして、その得意なものには優劣があるべきではなく、社会にとって、それぞれの意味があるはずです。ということを考えられるような教育が必要です。戦争やバブルの頃など価値観が統一されている時代は、他人を優劣で序列してしまいがちです。ダイバシティーの時代では、それぞれの違いは、それぞれに価値があるのです。かけっこだけ、跳び箱だけで人を判断するのではないことがわかると、かけっこで順位を決めても、跳び箱と跳ばせても問題はないはずです。