運動会の考察9

私の園の種目は、昨日のお便りで保護者に伝えたように、午前中は基本的に「かけっこ」「個人競技」「親子競技」が行われます。「かけっこ」は、自ら移動する手段を獲得していく過程である、寝返り、ズリ這い、ハイハイ、伝い歩き、ヨチヨチ歩き、走る、リレーと見せていきます。そして、「個人競技」は、そのほかの運動能力を見せていきます。くぐる、登る、跳ぶ、転がる、バランスをとる、ボールやフープや縄跳びなど運動遊具を用いた運動を組み合わせ、その発達を見てもらいます。その発達の目安として、保護者に種目を書いたプログラムにポケットを付けて、そこに「発達のめやす」という表を印刷した別紙を入れておきます。

「発達のめやす」は、縦軸にはめやすの年齢が書かれていますが、どこからどこまでが3歳児という書き方ではなく、3歳児の上の方は2歳児と重なっていますし、下の方は4歳児と重なっていて、個人差を考慮します。横軸には、「歩く・走る」「巧技台・跳び箱・積み木(跳ぶ・越える)」「平均台・マット(渡る・転がる)」「ボール・縄跳びなど」とわけてあります。この表に書かれてある発達の姿は、できるだけ種目の中に入れます。運動会の当日の「個人競技」では、これらの内容を職員が子どもの様子を見ながら、テーマによるストーリーで並べていきます。これは、競争ではありませんので、一人ずつ出発し、一人ずつきちんと見せていきます。ただ、そうすると、時間がかかるので、その場には常に二人が何かをしているようにスタートします。

また、個人差を保障するために、例えば、平均台を渡るときに、幅の狭い板と広い板を用意し、その前に来た子に職員が、「どちらにする?」とか、ジャンプする台の前に来たら「高い方にする?低い方にする?」と聞いて自分で挑戦する方を選択させます。また、年長さんになると跳び箱を飛ぶのですが、その前で子どもが自ら、何段にするか、縦に置くか横に置くかを指示し、職員が急いでそのように並べ替えます。また、普段、その子がどのくらいできるかを把握して、その子に合わせます。年長児になると、その挑戦は、出来たとか、できないかだけでなく、自分が納得いくまでそこで何度も挑戦させます。そこで、職員は、その援助をします。それは、普段どのように運動遊びをしているかという過程を見せることであり、この後きっと飛べるようになるだろうということも思えるようにしています。運動会当日は、保育の結果ではなく、その時点での発達過程の紹介なのです。

ということは、運動会の種目は、普段の運動遊びの中で行っていることで、運動会のために練習するものではありません。ですから、土曜日に行われる本番の1週間前の水曜日に第1回の予行練習があるのですが、そこでは、普段行っている運動遊びを職員皆で見て、どれを本番の種目にするかを話し合う場でもあるのです。ですから、年のよって若干違いがあります。サッカーのシュートを見せる時もありますし、縄跳びを飛ぶこともありますし、雲梯を渡らせるときもあります。年度によっては、最後の種目は、子どもが自分の得意なものを披露するということもあります。

運動能力というと、他の場面でもそれを発揮するときがあります。たとえば、列を組んで歩くとか、音楽に合わせて歩くということも発達です。それを見せるために、音楽に合わせて、列を組んで入場します。ただ、その時に大切なのは、きちんとそろうことではなく、これからやるという緊張感と楽しみが入り混じった表現なのです。しかし、終わってからの退場は、やったという達成感と、それを親に見せたという喜びの気持ちの余韻を残すために、きちんと並んだり、音楽に合わせて退場ではなく、ワーッと思い思いに駆け足で退場します。その時の、子どもたちの晴れ晴れとした顔を保護者に見てもらいたいのです。