運動会の考察8

 私の園では、毎年、園の「テーマ」があります。そのテーマを切り口によって、子どもたちは様々な体験をします。そして、そのテーマに関係したことをいろいろと知る体験をします。そして、年に何回かある行事の味付けにそのテーマは活躍します。そして、そのプログラムの種目の題名に反映されています。ですから、その題名を見ると、その年のテーマがわかり、そのプログラムは何年度のものかがわかります。「森」がテーマの年の運動会のプログラムは、「あまいかおりにさそわれて」「まるまるもりもりおいしいあき!!」「わが子をたずねて三千里?in にこにこのもり」「もりのたんけんたい」でしたし、「風と光と」の年は、 「風になれ」「光になれ」「ひかりのせかいのぼうけん」「お日さまにむかってジャンプ」「パパ・ママおほしさまとって」「森をこえていこう」などで、「世界」がテーマの年は、「世界にむかって1.2.3」「世界ふしぎ発見!」「ちいさなせかい」「世界の車窓から」「地球の歩き方」といった具合です。
 また、行事によって、プログラムは工夫の仕方が少し違います。運動会のプログラムは、運動会というのは体を動かす行事ということで、動かす仕掛けのあるプログラムを作ります。子どもたちが運動するたびに、プログラムも動いていきます。19年度の運動会のプログラムは、園の周りを太陽が、開会式の時に上ってきて、プログラムが進むにしたがって太陽が天頂にのぼり、閉会式のあたりで沈むようになっています。その年のテーマは、「自然」だったのです。今年は、「森で遊ぼう!」ということで、森で昆虫採集している子どもが網で、プログラムが進行するにしたがって、いろいろな虫を捕まえていくというものです。また、プログラムは、当日だけ使用するのはもったいないということで、そのあとも何かに使えるものの年もあります。そのあと、写真立てになったり、牛乳パックで紙漉きで作り、そのあとハガキになったりします。それは、担当の職員のアイディアです。
 運動会の種目は、毎年決まっています。日々の保育の中での運動遊びは、年齢別ではなく、例えば3,4,5歳児が一緒に、それぞれができる運動をします。しかし、運動会当日は、運動の発達を保護者に見てもらうということで、年齢別に運動を見せていきます。その時の趣旨を、係からの運動会前の保護者へのお便りの第1号に書かれます。ある年のお便りは、こんな文面です。

 「子どもたちは運動会を目前に控えて、毎日楽しくはりきって体を動かしています。本園の行事は日頃の園生活の様子や発達の過程を見て頂いたり、家庭での育児の在り方を提案することを基本に置いています。運動会も同じ考えですので、演目として整える練習はしていますが、この日のためにことさら「見せる」練習はしていません。子どもたちは本来、体を動かすこと自体を喜びます。その楽しみの中で、自然と運動能力をつけていきます。当日は、基本的に日常生活のうちの、一人一人の運動面の発達を見て頂くと同時に、体を動かす楽しさを親子で味わってもらおうというのが趣旨です。そのため、運動会のプログラムは、最初ハイハイに始まり、立ち上がり、歩み、走るという人の運動の根幹をなす「かけっこ競技」からはじまり、個人的な運動能力の発達過程を見てもらう「個人競技」、運動を通して家族みんなで触れ合うことを目的とする「親子競技」からなります。走る、くぐる、登る、跳ぶ、転がる、バランスをとるなど、一人一人の運動能力の発達をじっくりとご覧ください。また、親子で走ったり、汗をかいたりする機会も少ないと思います。親子で思いっきり体を動かし、運動することの楽しさを知っていただけたら、と願っています。」

 この文章は、2年目の担当職員が書いたものです。きちんと趣旨を職員が理解しています。