来年のキーワード2

 年末が近づくと、今年の重大ニュースとか、今年の流行語とか、レコード大賞など、様々な分野において、今年に話題になったことが表彰されたりします。また、来年、どのような年になるのか、来年何がはやるかなど、次の年のことが話題になります。それは、乳幼児教育においても、どうなるか心配する言葉をよく聞きます。そのような話題の中で、私が、「もし来年の保育におけるキーワードは何か?」と聞かれたら、「インクルージョンとダイバーシティー」ではないかと思っています。それは、「多様性を包括する」というような意味で、子どもたちを、ソーシャルネットワークの中で育てる必要があるということです。

 そして、ダイバーシティーという多様性は、地域の様々な人たちの中で育てられるということと、子どもたちの多様性を認め合うこと、その中に、男女、障害児、年齢など外から見える違いで子どもを判断せず、一人一人の特性を認め、それを生かし、社会の一員として自立していくことを目指します。これは、今後多国籍の子が増え、グローバルな時代になり、様々な生き方をする人が多くなっていきますので、この観点はますます必要になっていくでしょう。また、この観点は、生活の質を高め、豊かな生活を営み、成熟した社会を構築していくことになります。

 そのために必要なのが、「イノベーション」なのです。ドラッカーは、イノベーションの七つの機会として、「予期せぬ成功、予期せぬ失敗、予期せぬ出来事。」「ギャップを探す。」「ニーズを見つける。」「産業構造の変化を知る。」「人口構造の変化に着目する。」「認識の変化をとらえる。」「新しい知識を活用する。」という七つを挙げています。これらは、保育界で行われようとしている「幼保一体化」において参考になります。幼保を一体化しようとしたときに見えてくる保育の本質や子どもにとっての意味、しかし幼保におけるギャップはなんなのか、どうしたらそれを埋めることができるのか、そのために、子どもたちが今求めていることとはなんなのか、それを支えるシステムはどうあるべきであるのか、そして、少子高齢化社会は、子どもたちの環境を劇的に変化させます。その変化をきちんと認識しないと、新しいものへの変化を躊躇してしまいます。そのためには、認識も変えなければなりません。その認識は、現状に危機感を感じなければなりません。ドラッカーは、この「認識の変化を捉える」とは、コップに水が二分の一入っている状態を、「半分入っている」から「半分空(カラ)である」に変わる時、イノベーションが生まれると言っています。半分空だと認識することは、何かが足りない、不十分だと思うことで、そこにイノベーションの機会が生まれるというのです。

 そして、それを実現するためには、新しい知見、知識が必要になります。古い文献ではなく、様々な分野における新しい知見を総合的に判断する能力が必要になります。そして、その知見は、実践の中からの姿を裏付けるものでなければなりません。よく、保育の科学的知見とか、脳科学からの考察ということがありますが、それは、脳科学から保育するのではありません。

 現場における子どもの姿を見ると、変えなければと思うことが多いのですが、なぜ、変えることに不安を持つのでしょうか。