運動会の考察6

 行事について考察している途中で、ドイツに行くことになり、その考察は中断していました。園では、来週末には、運動会の次の行事である「お楽しみ会」があります。そこで、もう少し私の園の運動会の取り組みについて考察してみましょう。

 運動会の歴史を見ても、今と同じ競技の代表は、「かけっこ」です。生物は歩いたり、かけたりする種は多くあります。それは、移動する手段ですが、特に、速く移動しようとするときは、敵に追いかけられたときか、獲物や敵を捕まえようとするときです。ですから、ヒトも走るときには、敵から逃げる時、自然災害から逃げる時か、獲物や敵を追いかけたりしようとするときです。当然、その時には速いほど有利だったはずです。そこで、より速く走るために練習をしたでしょう。
 ヒトは、社会の中で生きていく生き物です。そこで、より強く、より速く、より上手になるためには、一人で練習するよりも、複数で練習した方が効果的な場合が多いのです。それは、お互いに競争することです。「かけることを競走しよう」ということが「かけっこ」という言葉になったのです。日本語で、接尾辞「こ」を動詞の連用形に付いて、互いに…する、互いに…して競争するなどの意を表すことがあります。特に子ども同士が「互いに…する」場合には「こ」をつけます。例えば、「背中の流しっ―」とか「にらめっ―」などです。そして、子どもなどが何人かで走って速さを競うことを古風な言い方では「駆け比べ」、普通に言えば「駆けっこ」というようになったのです。

 日本では、農耕が中心になり、獲物も鉄砲などの武器を使うようになると、それほど速く走る必要はなくなりました。走るのは、武士や飛脚などの専門職の人に限られていました。ただ江戸時代の走り方はだんじり走りと言って右手と右足、左手と左足を同時に出す走方でした。しかし、日露戦争以降、庶民も戦争に参加することになり、「走る」という行動を取るようになり、その訓練が始まり、競争が始まりました。それが、運動会の種目になっていったのです。同時に、戦争中は、早く走るだけでなく、長く走ることも重要になってきました。そこで、マラソンも種目になっていきました。

 一方、ヒトはほかの生き物に比べて大きな脳を持っています。それを支えるために直立歩行をします。生まれてから、直立歩行がきちんとできるように発達していきます。それは、歩こうとする行為の発達ではなく、歩き方の発達です。赤ちゃんは母親の胎内にいる時から歩こうとします。生まれてすぐから、赤ちゃんを持ち上げると「原始歩行」という歩こうとする足の運びをします。歩こうとする行為は生まれながら持っているのです。しかし、重力に対して自分の体を支える骨や筋肉、まっすぐ歩ける平衡性、腕を動かしてバランスをとる共用性などが次第に発達していきます。
 私の園の運動会では、「子どもたちの発達を保護者とともに確認し、成長した喜びを感じる」ということが一つの目的です。そこで、まず、子どもたちが次第に走ることができるような発達を見せていきます。それは、その子が、今どのくらいできるかということをみんなの前で披露します。一番小さい子は、真ん中に敷かれたマットの上で「寝返り」を見せ、その子によって、「ズリ這い」「ハイハイ」。そして、平均台を置いて、そこにつかまって「伝い歩き」、短い距離を「ヨチヨチ歩き」。そして、次第に長い距離をしっかりと歩けるようになり、腕を振り、まっすぐ走り、次第に負けすに走ろうとし、最後は協力して走る「リレー」を年長さんがします。

 このように0歳児から6歳児まで歩く、走ることという同じ観点から通して見ることによって、保護者はその発達を知り、わが子の発達を喜ぶことができるように、最初の種目が「かけっこ」です。

運動会の考察6” への8件のコメント

  1. 忘れていた頃に運動会の考察がやってきて、以前の内容を慌てて思い出しながら読ませてもらいました。かけっこという競技について、それぞれの発達段階におけるかけっこの意味、そこへつながる発達の意味を、このように実践しておられるというのは非常に参考になります。「子どもたちの発達を保護者とともに確認し、成長した喜びを感じる」と同じ目的を掲げていれば同じ取り組みができるわけではなく、きちんとした発達の理解がなければこのような内容にはなかなか行き着くことができません。どのように発達を見てもらい、どのようにそれをみんなが喜べるような内容にするか。運動会に限らず、その視点は欠かせません。なので謙虚に学び続ける必要があるということですね。

  2. 同じ哺乳類でも、人間だけは生まれてから約1年も歩くことはできません。よくテレビで、出産直後の仔馬が、足を突っ張って立とうとするシーンを見ますが、これは外敵からわが身を守るための防御本能です。しかし、人間の赤ちゃんは、自ら防衛することはできません。親やそれ以外の大人に守られることを「信じて」生まれてきます。生まれながら社会の中で生きようとする存在なのです。

    赤ちゃんは、約1年もの時間をかけて、「二足歩行」という高度な技を発揮するために、骨格や筋肉を強化し、平衡感覚を徐々につけながら成長を遂げ、ある時、かつて人類の祖先がサバンナという新天地で駆けまわるために、森の中で勇躍立ち上がったように、両足を大地に踏ん張って一歩前に踏み出します。これによって、移動の楽しさと手を使える自由を獲得した赤ちゃんは、あくなき好奇心でこの世界の探求の旅に出ます。大人たちの当惑も全くお構いなしです。その結果、その後の人生を逞しく生きるための社会性と問題解決能力を獲得していきます。

    人類学者のJohn Bock博士は、このように語っています。

    ≪二足歩行するということだけですでに出産のリスクをあげているのに、脳が大きくなることでさらに出産が難しくなってしまいました。脳が大きくなり、頭が大きくなることで出産時に頭が骨盤にぶつかってしまうのです。ですが人間という種が繁栄していく上で脳を大きくすることは非常にメリットが高いことでした。そこで、少しでも出産のリスクを低下させるために脳以外の部分が未発達の状態で生まれるようになったのです。その結果、人間の赤ん坊は一人で歩くこともできない状態で生まれるのです。≫

    運動会で0歳から6歳までの身体活動の発達をたどることで、他のほ乳類とは異なり、「大きな脳」と「未熟な体」というアンバランスな状態で生まれてくる人類の高度な生存戦略を検証することができます。大きな脳と未熟な体は社会性・協同性を獲得するためには必要不可欠なのです。子どもは動物としてのヒト属の進化の歴史を教えてくれます。

  3.  新宿せいが保育園の運動会を見習って「かけっこ」を行っていますが、人が歩く事を覚え、より早く移動するために走るという行動を、赤ちゃんの寝返りから年長さんのリレーを行う事で一貫して見ることができ、発達知るのはもちろん、わが子の次の段階の発達も知る事ができ保護者も他の子の競技も関心を持って見れると思います。小学校の運動会も1年生から徒競争があります。今思うと、1年生が走るスピードと6年生が走るスピードは全く違います。走り方も結構違いがあると思います。こういう視点で見ると小学校の運動会も面白く見れますね。

  4. 私の保育園ではまだ3歳から5歳までしか運動会はしていません。その中で走る走り方はそれでもやはり違います。なかなか保護者は発達というものに理解は示してくれているものの、実感することは少ないのかもしれません。それを0歳から運動会に出て、保護者に見せるというのはとてもいいですね。かなりはっきりと発達が見えるように思いますし、その次の発達の段階も見えてくるように思います。かけっこは人の中で歩く次に来る動作でしょうし、自然に身に付く動作の一つのように思います。そこにどう発達としての見方をつけ、見せるかを考えなければいけません。そのために発達を正確に捉えることが必要ですね。また、その行事の目的を明確にすることが必要だと思います。

  5. ここに来て、「運動会の考察」ですから、戸惑い半分で今回のブログを読んでみると、相変わらず沢山の学びを得られます。「かけっこ」を説明する時、接尾辞「こ」の説明をして頂いておりますが、これはとても参考になりました。「かけっこ」のみならず接尾辞に「こ」を持つ語は「互いに…する、互いに…して競争するなどの意」を持つことをここで明確に示して頂いております。私たちは「〇〇ごっこ」という表現に慣れているわけですが、なぜ「ごっこ」、特に「こ」は今回の説明でよくわかるのです。次回、英語圏のお客様が来園された時にはこのことを是非解説して、我が国が如何に子ども同士の関係性を重要視しているか、拙い英語でご理解して頂けるように頑張りたいと思います。私たちの「運動会」という行事でこの「かけっこ」は本当に観ていて人類史を髣髴とさせる内容です。私たち0歳からの保育をしている施設ならではの行事です。

  6. ○○っことは、互いに○○するという意味があったのですね。たしかにかけっこに限らず、にらめっこや流しっこなどを見ると、そのような意味が込められていると納得できます。
    新宿せいがにおいては、競争ではなく、0歳児から走るまでの発達の課程を保護者に見せているのですね。自分の子だけではなく、それぞれの年齢によっての発達課程が見れて、いいと思います。また、リレーも競争というよりも、協力という観点を意識しているということですね。

  7. かけることを競争しよう、まさにかけっこの原点ですね。
    一人で走るよりも他者と走ることで、競争すると意識が生まれます。それが互いに相乗効果も生み、実際に結果として現れます。ある意味、協力しあっているんでしょうか。新宿せいが保育園さんの運動会を参考にさせて頂き、私の園でも運動会の中でも、保護者とともに子どもの成長を感じることができることを目的において、かけっこでは、寝返りから始まり、トラックを使ったかけっこまで行っています。今年は、新たな試みで、345歳児でのリレーを行いました。子どもの運動の発達目安の成長過程にリレーに参加することがあったことがあり、普段の生活の中で特に年長児の子どもが、子ども同士で、チームわけをし、ルールを作り、遊んでいる姿がありました。このような姿は、おおむね5~6歳児の子どもに多く見られる機会があり、この何かのものをみんなで協力するといったことを考えると、年長児のリレーというのは、成長過程をしっかりととらえている気がしました。運動会という一つの行事の中から、人類の歩行からかける、協力し、かけることを考えることができると思うと、0~6歳までのかけっこの連続性は、運動に関する進化の過程を感じさせられます。

  8. 新宿せいがの運動会を見て、驚いたのは、かけっこに寝返りからずり這い、ハイハイがあるということです。自分の保育園時代をあまり覚えていませんが、歩けない子は、だいたい保護者がだっこしてかけっこに参加するようなイメージがありました。しかし、保護者はゴールで待っているだめで、競技自体は子どもだけで行われますね。
    また、かけっこのルーツが、敵に追いかけられたときに速く走ることや、獲物や敵を捕まえようとするときに速く走ることなどにあることを考える、そのそもそもを考えるのが、先生らしいなと感じました。そして、走るためには、歩くことができないといけないため、歩くまでの発達過程から、見せていくのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です