広告

人間は、社会を形成して生きていく生き物であることは、ブログで何度も取り上げましたが、その中で生きていくためには、社会の一員となる能力をつける必要があり、その能力は、社会という機能が重要になっていきます。ということで、こんなことが言われています。「ヒトの脳は、他者からの助けなしに発達することはできません。養育者か食べ物や身の安全確保してもらうだけでなく、絶え間ないコミュニケーションによってくりかえし情報を与えてもらい、他者について、社会について、さらにはその社会に特有な文化について、時間をかけて学ぶ必要があります。親などの養育者を初め、様々な他者とのかかわりがあって初めて、社会脳が発達するのです。」

 ヒトは、他の人とのかかわりの中で様々なことを学び、身に着けていきます。例えば、味覚は、他人がおいしそうに食べるのを見ることで豊富になることがわかっていますし、においの区別は生まれながらついていますが、いいにおい、嫌な臭いは、他人の反応の経験から学んでいくと言われています。ということは、例えば、テレビで、ある食べ物を「おいしい!」と言いながらおいしそうに食べている映像を何度も見ることで、おいしいかもと思い始め、そのものが好きになるはずです。ただ、本当に味覚を変えるには、そのモデルが、自分が信用している人とか自分が好きな人の方がその効果はある気がするので、全く知らない人がテレビでおいしそうに食べても影響は薄いかもしれませんが、もし好きな俳優がおいしそうに食べているのを見たら、かなり影響するでしょうね。

実は、そのような効果から、食品業界では、多額の広告宣伝費を使っているようです。アメリカでは食品業界の年間広告予算の4分の3以上がテレビ広告に注ぎ込まれているようです。中でもファストフードの広告が占める割合は95%にものぼるようです。これは、販売作戦としては非常に効果的である半面、子どもにとっては非常に危険なことだと思います。それは、子どもに食習慣や好みが発達しはじめる頃に、先回りをしてその存在感を印象付けようとするからです。そのために、アメリカでは、子ども番組の最中に宣伝を繰り返すだけではなく、人気アニメとコラボレーションしてさまざまな商品を開発したり、番組内に登場させたり、CMにキャラクターを登場させたりするのです。

子どものころに作られた味覚は、その後の生活の中の食の主流になってしまいます。それ自体が危険というよりも、食品業界が売りたい商品というものは当然利幅の大きいものです。儲けが多い食品は、肥満につながる商品や間食を推奨するといった肥満の原因となるような食べ方に関するものだといわれています。それは加工度が高く、高カロリーな食品ほど、利幅が大きくなる傾向が強いからです。ですから、宣伝されている多くは、コンビニ食品かファストフードか、甘いお菓子かのいずれかです。

いま、アレルギーを起こす食材と離乳食との関係を調べていますが、同時に、テレビからCMで流れてくる食材と、その後の子どもたちが好む食材との関係も調べる必要があるようです。日本では、まだそれほど問題になっていませんが、平均的なアメリカの子どもは2歳までに朝食用のシリアルを好むようになり、3歳から11歳までの年齢層ではスナック菓子とデザートを好む子どもが全体の24%、キャンディを好む子どもが全体の17%にのぼるという。一方で果物や野菜を好む子どもはわずか3%しかいないと言います。その結果、アメリカでは2000年に7人に1人の子どもが肥満に分類され、肥満成人の割合は体重超過とあわせ47%にも達してしまっています。

実際の他の子どもたちの食べている姿を見るよりも、テレビの中で作られた子どもの食の姿を見る機会が多いのは、問題です。

広告” への5件のコメント

  1. 広告ってよくよく考えると怖いものでもありますよね。多額の広告費を使うということは、それ以上の返ってくるものを期待してのもののはずで、しかもそれが例えば平和とか健康といったものであればいいのでしょうが、そうではなくお金であることがほとんどです。しかも食べ物に関して言えば、地域食を守っていこうと取り組んでいる団体が大きな利益を得ていて広告もどんどん出していくことができるなんてことはないはずです。人に大きな影響を与えることのできる広告を大きく出すことができるのは、残念ながら営利目的の企業ということになると、やはり食の大事な部分を守っていこうとするのであれば広告以外の場で地道に行動していくことしかないように思います。家庭や保育園などにおいて、信頼している人たちが目の前でどんな食行動をとっていくか、効果は大きくなくても諦めずにやっていかないといけないですね。

  2. 年末恒例の今年の流行語大賞に『うどん県』がノミネートされている。テレビやネットで流されたイメージ広告の『うどん県、それだけじゃない〇〇県』というあれ。地元民としては光栄ではあるが、実は〇〇県は、生活習慣病の多い県でも知られている。特に糖尿病の受療率は全国ワースト1位。糖尿病による死亡率は全国5位である。その原因は、運動不足と野菜を食べないこと。野菜の摂取量も男女ともに堂々の全国ワースト1位に輝いている。

    そして、最近問題視されているのが、うどんの早食いである。うどんは、噛まないでうどんを一気にすすり、うどんをのど越しで味わうのが通。これは実は血糖値を上げる最悪の食べ方らしい。かけや釜揚げに、てんぷらやおでんを添えて食べることが多い県民が、野菜不足になるのはこのためである。それでわざわざ野菜を添えるうどん屋まで出現している。野菜うどん?それもねぇ。

    その土地の食文化も大人から子どもに伝承する。うどんはこの地の先人たちが、冠婚葬祭何かにつけて、我が家で打った自家製のうどんを皆にふるまって、家族や地域の絆を深めてきた歴史がある。しかし、生活習慣病まで子どもたちに伝承させるわけにはいかない。県内の病院では、子どもの血液検査を実施して糖尿病や肥満の予防に取り組んでいる所もある。テレビであのCMが流れるたびに、『うどん県、それどころじゃない〇〇県』と思わず突っ込みを入れているyamaya49です(笑)。

  3.  広告は子どもに限らず大人にも大きな影響を与えていると思います。食品のCMに関しては人気俳優を起用することで少なくともファンは、そのCMの商品を食べようと思うでしょうね。私も子どもの頃に大好きなアニメのキャラクターが宣伝しているお菓子やレトルトカレーなどのCMを見ると食べたくなり親に買い物に行った時にねだっているのを覚えています。アメリカではそれが子どもの肥満の問題になっているようですが、おそらくその流れは日本にもいずれ来るでしょうね。本来は目の前で美味しそうに食べている親や兄弟、そして友達などを見て味覚が変わり、好きな物や食べたい物が増えていくのが理想かもしれません。

  4. 広告や番組など、テレビという媒体が視覚を通して伝えることで、影響が出るものは食品だけに留まらずとても多いですね。最近では孤食や個食などと言われて人と一緒に食べる機会も減ってきているなか、食事というものの捉え方も目の前の人を見て知るのとは違い、テレビの中で起こっていることに大きく影響されていることは多いと思います。その影響がアメリカでは肥満という形で出ているのかもしれませんね。果実や野菜を3%しか好きだと答えないというのも問題だと思います。テレビの影響は確かに大きいです。しかし、問題はそれだけではなく人のライフスタイルの変化も大きいのかもしれません。信頼できる人たちと一緒に楽しむことができる現場をたくさん作ることは子どもたちの生活を保証していくために気にしていかなければいけませんね。

  5. テレビでおいしそうに食べているのを見ると、何だか食べたくなります。テレビのCMの影響でモノを買うこともあります。もっとも普段あまりテレビを観ないので、影響されるといってもさほどではないのでしょうが・・・。米国の肥満問題は深刻なようで時々新聞などで取り上げられます。確かに、時々目にするあの太りようは尋常ではないと思えます。さぞかしいカロリーが高いものをたくさん食べるのでしょうね。「儲けが多い食品は、肥満につながる」ときくと何だか罪深い感じがします。金をもうけをして人を病気にする、というのは何とも非人道的です。しかし、こうした傾向が蔓延しているのも現代の現象なのかもしれません。タバコで金儲けをして吸った人を病人いていく。その一方で社会貢献としてさまざまなボランティア事業を展開して社のイメージ向上に繋げる。企業の社会貢献はその元をしっかりと観ておきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です