ブラヘイジ丸の内1

10月1日の公開を前に、テレビではさまざまな特集が組まれている東京駅ですが、昨日の「ブラヘイジ」では、その東京駅を途中で見ることができました。昨日のコースは、「ビジネスの町 丸の内を楽しもう!」というスタンプラリーに参加しました。スタートは、地下鉄半蔵門線の大手町駅です。江戸城には、周囲にはいろいろな門があります。中学生でも知っている門といえば「桜田門」かもしれません。そのほかにもいろいろあるのですが、徳川家康の家臣であった服部半蔵正成の屋敷の側にあったことからついた名前の門が「半蔵門」です。開業はとても新しく、平成15年3月19日に水天宮から押上間が開業しました。

大手町駅を出発して最初にスタンプを押す場所は、「ていぱーく」です。この「ていぱーく」の前身は、明治35(1902)年の万国郵便連合(UPU)加盟25周年記念祝典行事の一環として誕生した「郵便博物館」です。現在の場所に開館したのは、昭和39(1964)です。ここは、「公益財団法人通信文化協会」と「NTT東日本」の2機関で共同運営をしていますので、展示は、郵便に関するものと、電話に関するものとが階に分かれてされています。そんなことから「ていぱーく」の「てい」は、逓信総合博物館の「逓」を意味し、また、「〒」マークの「てい」とテレコミュニケーションの頭文字の「T」にもかけています。また、博物館の「博(はく)」と「パーク(公園)」をかけて、気を養う身近な場所として受け止めてもらいたいということから命名されています。また、よく「逓信」という言葉を使いますが、この言葉は、実は、逓信省創設時に新しく作られたことばで、順次送り伝えていく意味があり、郵便・電信・電話・電気などの通信全般を意味するそうです。

次のポイントに行く途中に「JR東京駅」を通ったのですが、ここは重要文化財に指定されています。他に、丸の内には登録文化財として「日本工業倶楽部会館」、重要文化財として「明治生命館」があります。つぎのポイントは、この1934年に建てられた「明治生命館」と、2004年に完成した明治安田生命ビルからなる「丸の内MY PLAZA」です。今回復元された東京駅を含め、丸の内界隈にはとても貴重な建物がたくさんあります。最近、それを上手に残しています。「伝統」と「最新」が調和されています。ドイツに行くと、町並みが大切に保存されています。それは、上手に保存しているのですが、昨年、全面建て替えをしている建物の工事中を見たのですが、なんと、通りに面している壁面をそっくりそのまま残して、その後ろをすべて建て替えているのです。ですから、町並みは変わらないのです。

神社仏閣や美術品などの修復を手掛ける老舗の株式会社小西美術工藝社会長であるデービッド・アトキンソンさんは、こんなことを言っています。「私の出身はイギリスですが、イギリスのみならずヨーロッパの人間にとって、散歩は基本的な生活スタイルのひとつです。街の景観や建物、公園などを楽しみながらぶらぶらと歩きます。それらが実にきれいなので、散歩が楽しいわけです。残念ながら、東京では街を歩いていて、楽しめるところが少ない。あまり街がきれいではないからです。」それは、東京は建築物に対する規制が多い割には、街をきれいにする、古い街並みを美しく保存する、ということに対する規制や基準が欠けているようだと言います。そんななかでは、「丸ビルや新丸ビル、明治生命や東京銀行協会のビルなどは、往時の建物の面影を1階や2階にうまく残して、街並みに美しさを与えていますね。」と言っています。

今回の「ブラヘイジ」は、下町巡りというよりは、シティー派といきました。