夕涼み会2

夕涼み会の会場は、すべて室内です。そこで、それぞれのコーナーをどのように配置し、どのように親子で回ってもらおうかと担当の職員は考えます。同時に、夕涼み会の時間帯や流れも計画します。開催は、土曜日ですので、あまり遅くなると、片付けが合わるのがかなり遅くなり、職員に負担になりますし、あまり早い時間ですと、まだ明るく、暑く、夕涼みという感じが出ません。何となく、涼しくなったころ、浴衣や甚平を着て涼みながら親子で遊びに来るというイメージを持たせたいため、結果的にあまり遅くない夕方である16時から18時45分までになりました。

時間の次に、全体責任者は園全体の会場イメージを考えます。そんな時に、全体の年間テーマが決まっているとイメージは湧きやすくなります。今回の全体テーマは「森」ですので、園内を森としてイメージします。そのイメージの中で、今年の担当は、1階は、室内の真ん中に大きなブルーシートを敷いて、湖をイメージし、そのほとりで、家族でキャンプをし、そこで食事を作るというイメージで「食事コーナー」としました。食事は、早夕飯として軽食とデザートと飲み物です。一度で食事をすると混雑するために、事前に時間を指定したチケットを配ります。食事の内容はテーマである「森」にちなんだものにします。飲み物として、木の葉を使った「ほうじ茶(カフェインが少ない茶葉)」、木の花を使った「桂花茶(キンモクセイの花)」を用意しました。
食事は、バウムクーヘンとスモークソーセージとスモークチーズです。 バウムクーヘンとは、ドイツ語で木とケーキという意味で、中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキです。森の中の木の棒に、パン生地を巻きつけ焼いたもので、園庭で同じように子どもたちの前で焼いて見せました。そして輪切りにしてみると、まさに年輪が見える切り株のようです。ただ、子どもたちには、購入したバウムクーヘンを食べてもらったのですが、多くの人は手作りと思ったようでした。スモークは、サクラ、ナラ、オニクルミ、ヒッコリー、ブナなどの木をいぶして作ります。子どもたちは、どの木でいぶしたものがいいかを選択してもらいます。実際は、違いが判るのかなと思うのですが、普段から選択しなれているのか、どれがいいとはっきりということが多いです。スモーク作りは、段ボールを使って簡単にできます。事前にためしに作ってみたのですが、煙もあまり出ず、火の気がなく、都会でも安心して作ることができます。
デザートはゼリーです。私は、以前、「おやこでつくろう!キッズクッキング」(1)(2)(3)(4) (Orange page books)という本の監修をしたことがあります。その本の中で紹介したものですが、ブルーのクラッシュしたゼリーの中に、魚の型抜きをして、目のところにチョコレートを埋め込んだスイカを浮かべたものから、掬い取ってもらいます。湖で魚を取るというイメージです。このコーナーは、園の調理が担当するのですが、どうしても専門性から、清潔、栄養が優先されるのは仕方ないのですが、そこに「子どもにとっての楽しさ」との両立を考えるのが大変ですが、それを考えるのが専門性だと思います。「だめ!」とか「むり!」というのは簡単ですが、どうしたら、子どもを楽しませたいという職員の思いが実現することができるかを考えることが必要です。
もう一つ忘れてはいけないのは、「職員が準備するときの楽しさ」を企画に入れ込むことです。ここで紹介した夕涼み会の食事の準備は、聞いているだけでも楽しくなると思います。職員が楽しく準備することができないと、当日の子どもたちは決して楽しく感じないものです。