復元

先日の24日に。大正時代の開業時の姿に生まれ変わった東京駅丸の内駅舎の内部がグランドオープンの10月1日を前に報道陣に公開されたというニュースが流れました。少し前に大阪駅に行ったのですが、2004年から開始されていた大阪駅の大規模な改修が完了し、随分ときれいになっていました。今年の5月4日に「大阪ステーションシティ」としてグランドオープンしたようです。駅北側の「ノースゲートビルディング」と、駅南側の「アクティ大阪」を増築して、新しく「大阪ステーションシティ」という名称になり、店舗面積では、ららぽーとTOKYO-BAYを抜き、西日本最大、日本2位の規模だそうです。そして、駅上空には2階建ての人工地盤が建設され、南北連絡橋と橋上駅舎が設置され、南北連絡橋によって往来できるようになりました。非常に、近代的なビルに生まれ変わっていました。

一方、東京駅は、対照的です。東京駅が開業したのは、98年前の1914年(大正3年)12月です。駅舎の設計を担当したのは、日本近代建築の祖とされ、日本銀行本店などを手がけた辰野金吾で、赤レンガ造りの3階建て駅舎を6年9か月かけて完成させたものです。南北の駅舎にそれぞれ取り付けたドーム形の屋根が目をひく洋風デザインだった建物を復元したのです。

それに先立って、先週末22 日(土)、23 日(日)に東京駅丸の内駅舎前広場で、最新鋭の映像スペクタクルショー「TOKYO STATION VISION-トウキョウステーションビジョン-」を開催しました。そのショーを妻と見に行きました。これは、東京駅丸の内駅舎保存・復原工事の完成を祝う記念イベントとして、大正時代創建当時の姿によみがえった駅舎をスクリーンに、最先端の技術<プロジェクションマッピングを用いて「時空を超えた旅」をテーマに高精細フルCG 映像を投影したものです。

このショーの内容も、東京駅や鉄道の歴史と未来をめぐる感動的なものでした。まず、蒸気と共に登場するSL、徐々に組み上がる建物、和風のモチーフで彩るモダンなレリーフ、そして未来を予感させる華やかな光景など、高精細フルCG 映像が幅120 メートル×高さ30 メートルに及ぶ巨大なスケールで、駅・鉄道・人・街を巡る「時空を超えた旅」が描かれます。ただ、残念なことに、土曜日に見に行ったのですが、警備や交通規制が甘く、随分と混乱をきたし、3回のショーが2回で打ち切られました。とても素晴らしものだったので、もっと、多くの人にゆっくりと見てもらいたかった気がしました。

今回、完成した東京駅駅舎を、まだ私は昼間に見に行っていないのですが、映像で見る限りでは素晴らしいですね。大阪駅のような近代的なものと、東京駅のような復元型は、ともに近未来的な気がします。私が常々思っていることですが、成熟した社会は、前に進み事ではなく、心豊かな、一人一人が生かされ、大切にされ、そして、古いものを残しつつ新しいものを創造していく社会であるべきだと思っています。そんなことを、大阪と東京という東西の中心地における取組みから感じました。
このことが、今回の復元の意図の中にこう書かれてあります。「効率化が優先される現代技術の中で、失われつつある漆喰や擬石塗等の左官、銅板葺等の板金の特殊技能を活かし、かつ現代の技術(安全技術含む)を採り入れ、保存・復原に努めます。明治・大正の創建時の技術と、昭和・平成の現代の技術が、丸の内駅舎に結集され、将来へ継承されていきます。」

復元、伝承は、外見だけではないのです。