夕涼み会

 知らずに、夏が終わり、秋の色が街を染め始めています。日本は、それぞれの季節に、それぞれの楽しみがあります。随分と、日が経ってしまいましたが、このブログで行事についての取り組みを紹介していましたが、夏のイベントである「夕涼み会」について書いている途中で中断してしまっていました。それは、今年の夕涼み会での取り組みを紹介しようとしたのですが、まだ、きちんと計画が練られていなかったためです。もうすぐ、秋の運動会になる前に、まず、夕涼み会を振り返ってみようと思います。

 私の園の最近の夕涼み会は、その年のテーマに沿って、大きく「体験コーナー」「製作コーナー」「ゲームコーナー」「クイズコーナー」「食事コーナー」が用意されます。そして、それぞれのコーナーの内容を、分担して考えるのですが、話し合い時間を調整したり、実際に作り始めたりする時間を調整したり、協力したりする必要があるために、担当は、クラスごとに担当します。例えば、「体験コーナー」は、「0歳児クラスの担任」というよぅにです。私の園では、他の行事、例えば誕生会の出し物を考えるのも、毎月、クラスごとに分担します。そうすることで、全体の話し合いの時でも、各クラス一人ずつ出てくれば、担当ごとに一人ずつ出ることになります。そして、いろいろな準備は、保育の合間にクラスごとの調整で進めていくことができるのです。コーナー以外のかかりは、個人で責任者が決められます。ただ、これは、企画、進め方、段取りを担当するのであって、それに関する製作物などの担当はみんなで、時間の空いている人で進めていきます。例えば、全体のプログラムは、まず、担当からの提案で、各職員からアイディアを募集します。コンペを行い、名前を伏せて投票して、プログラム担当が検討して原案を決めます。この時に決まるプログラムは、職員の投票なので、必ずしも素晴らしいものとは限りません。というのは、その後に自分たちで作らなければならないので、作りやすさも選ぶ観点になりますし、材料費も考慮されます。一つに決定すると、担当が見本を一つ作り、そのパーツの作り方をみんなに示し、職員室に材料を置いておきます。すると、時間が空いた職員や、昼休みに職員室に出てきた職員、実習生、ボランティアさんなどが作ります。夕方も、退勤するまでの間、おしゃべりしながら作る職員もいます。まあ、言ってみれば手持無沙汰の職員が、手を動かしているという感じです。

年間の行事には、それぞれプログラムがあります。それは、その行事の内容を紹介するためだけでなく、その行事によって、作り方が違います。夕涼み会は、「親子で楽しもう」ということで、テーマに沿って夕方に園に出かけてきて、親子で、いろいろなコーナーを回りますので、回って歩いていろいろなことを発見していくような趣向のプログラムになります。まず、入り口で、プログラムと、夕涼み界のゲームコーナーで使う釣竿と、食事チケットなどを渡します。今年のテーマは「森で楽しもう」ということでしたから、園内を森に見立て、親子で森の中を歩きながら森の中でいろいろなものを見つけていくというような趣向に沿ったプログラムで、森の中でプログラムにあるような場所を見つけたらその場所にシールを貼り、ビンゴを完成させるという趣向でした。昨年の「森に行こう」では、木の葉の部分にスタンプを押して、木を完成させるというものでした。すべての行事に言えるのですが、その行事に至るまでの日々も一つの行事です。その準備には、子どもだけでなく、保護者も、職員もかかわっていきます。準備は、当日を期待して迎えるまでの「わくわくする日々」「待ち遠しい日々」でなければなりません。プログラム作りは、印刷して終わりではなく、日々みんなで楽しく会話をしながら少しずつ出来上がっていくという楽しみがあるものです。