高齢者

 先日の「敬老の日」にちなんで、総務省統計局は、65歳以上の「高齢者」について統計を取りまとめて発表しました。それによると、いわゆる「団塊の世代」が65歳に達し始め、65歳以上人口は3000万人を超え、高齢者の総人口に占める割合は24.1%で過去最高となったということです。すなわち、ほぼ4人に1人が高齢者ということになるというのです。そうすると、困るのはもちろん、年金問題です。そこで、少し発想を変える必要があります。それは、わたしも再来年にはその仲間入りすることになっているからです。ですから、団塊の世代として、老後の考え方が少し変わってきているような気がします。

現在、高齢者と言えば、何となくイメージするのは「ゲートボール」とか、「旅行」などです。また、「巣鴨商店街」などの「人情」というイメージです。しかし、私たちの世代は、青春時代の「学園紛争」とか「ビートルズ」「カレッジフォーク」「反戦フォーク」などの影響から、「ジーパン」「VAN・JUN」「アイビールック」という服装もイメージします。今回の総務省の発表では、高齢者の自由時間における主な活動もされています。「学習・自己啓発・訓練」では「パソコンなどの情報処理」、「スポーツ」では「ウォーキング・軽い体操」、「趣味・娯楽」では「映画鑑賞」の割合がそれぞれ最も上昇しているそうです。この活動は、全く私と同じですので、随分変わってくるだろうなという確信を持ちます。

私の、保育の中で「異年齢保育」を提案しています。その1番の長所は、「年少児は、年長児から刺激を受ける」ということがあります。それは、それぞれの年齢における役割があるということです。また、外から見える形「生年月日」によって人をくくらず、個人としてその人を見るということもあります。ダイヤモンド・オンライン メールマガジンの9月19日号に山崎元氏が「マルチスコープ年齢差別の世代交代論をやめ、“脱年齢の時代”を模索せよ」という提案をしています。

よく言われる「世代交代」とは、どういうことでしょうか?このことについて、山崎氏は、世代交代論に「年齢差別」の要素が入っていることに対して、もっと敏感であるべきだと言います。本来チャンスが平等であるべき世界で「高齢だから、遠慮してください」とは言えないのではないかと疑問を持ちます。「若手にチャンスを」というところまではいいとして、「老人は去れ」というようなことを言った場合、その言葉には、差別性が含まれるのではないかというのです。しかし、これまで世代交代論には多くの人が賛成してきたのは、企業の年功序列人事や公的年金における優遇など、これまで高齢者があまりにも有利で不公平な既得権を持っていたからだと言います。もし、「高齢者=不当に有利な人」という前提があれば、「高齢」を攻撃することは、それほど悪いことだとは思わなくなりますが、今後、高齢者が急増しており、年金を考えても、企業を考えても、単純な世代交代論では済まなくなるというのです。

山崎氏は、人を年齢で区別することの問題点について考えています。同じ給料で同じ働きができる65歳と64歳の社員がいたときに、65歳の社員が問答無用で解雇される定年は、年齢による差別であり、加えて、65歳の社員の方がより有能な人であるとした場合、差別であると同時に、会社側にとっての損失でもあるのではないかというのです。外資系の企業では、社員の年齢を個人情報として一切他人にわからないように扱う会社があるし、国によっては、採用の際に年齢を問うことを差別として禁止するケースがあるそうです。

ただ、「定年」の廃止ということは、企業は、客観的に見える別の基準をつくる必要がでてきます。新しい発想が必要になってくるようです。