かむ

保育園、幼稚園の子どもの悩みの一つに「ひっかき」「かみつき」という行動があります。すべての子どもが発達上通る道ではなく、それをする子は、一部ではあるのですが、他の子に危害を加える行為ですので、問題になりますし、なぜか、その行為が子どもの中で伝染し、「ひっかき・かみつき」する子が広がっていくことがあります。また、問題になるのは、子ども集団がある場では、その行動をなかなか止めることができないからです。それは、全くその気配がなく、仲よく遊んでいたり、一人で遊んでいるかと思うと、突然目の前の子をかんだり、ひっかいたりします。しかも、かむ場所は、所構わずです。

そんなひっかき、かみつきですが、私はある傾向がある気がします。それをする年齢に特徴があります。先日、区内の保育園の看護師の集まりの中で、その話題が出たところ、私の園の特徴が出たということで、私の園の看護師が聞きに来ました。それは、私の園で、ひっかき、かみつきが起こる年齢は、0歳児クラスであることが多いのです。そして、1,2歳児なるにつれてその行為は消えていきます。それが、他の園では、1,2歳児で起きるというのです。どうしてでしょうか?と聞きに来たのです。

以前、ブログでも書いたことがありましたが、危機管理の原稿を幼稚園の園長先生と一緒に書いたことがありましたが、ひっかき、かみつきの項目をどちらが書くかという話になった時に、幼稚園の先生は、「それは、私たちが書きます。だって、それは、3,4歳児の発達上の行為であるから。」というのです。幼稚園では、ひっかき、かみつきは3,4歳児のころによく起きることだというのです。その時、その行為は、発達上の問題ではあるけれど、年齢の問題ではなく、子ども同士がかかわり始めたときのストレスとか、他人とかかわるうえでの自己表現ではないかと思ったのです。私の園では、いま、0歳児から子ども同士がどのようにかかわるのか、その中でどのような力を学んでいるのかを課題にしています。ですから、0歳児で起きるのです。多くの保育園では、たぶん、1,2歳児くらいから子ども同士を関わらせ初め、幼稚園では、3歳児で初めて子ども集団を体験するからでしょう。

私の子どものころは、あまり「かみつき」など聞いたことがありませんでした。たぶん、各家庭で、きょうだいで子ども集団を体験していたからでしょう。きょうだいの中で、物を取り合い、自分の思い通りに行かないことを学び、遊びを邪魔された経験をたくさんしてきたからです。では、かつては、そういう経験を家庭でしてきたとなると、家庭でひっかき、かみつきをしていたかというと、きょうだいげんかはしていましたが、突然、かんだり、ひっかいたりはしていなかった気がします。なぜならば、家庭の中で行われた人とかかわる経験は、異年齢であることが多かったからです。物の取り合いは、異年齢で行えば、下の子は我慢することが多かったり、上の子は譲ってあげたり、年長児として我慢したりしていました。きょうだいでの生活は、集団に入るときの練習だったのかもしれません。

では、どうして、子どもは、ストレスが起きると人にかみつくのでしょう。それは、生きるものが持っている攻撃的行動の一種であると解説できます。それと、面白い考え方があります。これは、私の考え方ですが、今、食事において必要なことの一つに「咀嚼」というかむことがあります。ひとは、かむことで「集中力を高め、同時にストレスを緩和する」効果があると言われています。「人間は不快な音を聴くと、脳の扁桃体と呼ばれる部分が反応して活動が変化します。ところが、ガムを噛みながら不快な音を聴くと扁桃体に変化は見られなくなり、ストレスを緩和しているものと考えられます。スポーツ選手がガムを噛みながら練習に励んだり、試合に臨んでいるのは咀嚼することで集中力を高め、ストレスを緩和するためなのです。」ということが、何かの本に書いてあったことを思い出しました。

 子どもは、カーッときたことを収めるために「かむ」という行為をするのかもしれません。