どう変えるか?

 幼児教育でも初等教育でも当たり前のように過去からやっていることについて、どうしてこれをするのだろうか、それによって、どんな力を子どもたちにつけようとしているのか、その力は、子どもたちが世の中に出たときに役に立つ力なのか、ということを私は常に考えてしまいます。どうも、これは、「質問力」という力のようで、どうして質問なのかというと、「物事の探求に情熱を燃やし、現状に異議を唱えるような質問を行う」ということのようです。

 また、取り組んでいる内容は、他のものに優先するものであるのかということも私はよく考えます。例えば、少し前のブログでも書いたのですが、「幼児教育から小学校への円滑な接続を図る観点」として、保幼小の話し合いが行われていますが、そのために「低学年の児童が幼児と一緒に学習活動を行う」ということがあります。もっと、小学校低学年が、保育園などに遊びに来て、乳児などと接することで、刺激を受け、手本となることなどから小学生としての自覚を持つことができると思います。しかし、そのような提案に対して、そんな時間的余裕はないとか、今、ゆとりがなくなり、目いっぱいであるということを聞くことがあるのですが、私から見ると、最近、どの地域でも、小学校で行われている運動会の練習をしている姿を見ると、そんなに毎日毎日そろえるために練習する必要があるのだろうか。もう少し、その練習を減らして、1時間でも保育園に来ればいいのにと思ってしまうのです。しかし、毎年の運動会の素晴らしさを変えないために、保護者から素晴らしいと言われるために必死なのでしょうね。
現状を変えるために、「そもそも、それは何のためにしているか?」という原点に戻る必要があります。というのも、「なんのため」と

 いうことは、変えてはいけないものが多いからです。というのも、変えることが重要なのではなく、どうして変えなければいけないのかを考えることです。そのためには、「観察力」が必要なのかもしれません。その力は、「周りの世界に目を光らせ、新しいやり方の元になる洞察やアイデアを得る」としています。子どもたちは、将来社会に出ていきます。社会の中で、自己を発揮していかなければなりません。その子たちは教育する教師は、より広い視野が必要になります。また、新しいやり方は、社会の中から見つけていかなければなりません。ということは、社会は常に変化しているものですので、変えていこうとしない人は、社会を見つめ、社会から学んでいない人ということになります。その危機感は、社会を反映しやすい企業よりは、教育の世界は感じにくいかもしれません。

 そんな社会だからこそ「ネットワーク力」が必要になるのかもしれません。時代は、より専門化し、細分化しています。その中で、個人の考えること、やれることには限界があります。そこで、多様な人たちとのネットワークが必要になるのです。「ネットワーク力」の説明として、「多様な背景や考え方を持つ人たちとの幅広いネットワークを通じて、アイデアを見つけたり試したりする」とあります。ここに、私の提案する「チーム保育」の意図の一つがあります。チーム保育とは、子どもたちをネットワークの中で育てるということなのです。そのネットワークは、園内にとどまることなく、保護者とも、地域ともネットワークをとる必要があるのです。特に、今後、保育、教育に求められてくるのは、地域の人々とのネットワークです。

 必要なのは、子どもたちは、特定の人に育てられる時代から、人々のネットワークの中で育てられる保育への変化です。それが、「ソーシャルネットワーク論」なのです。