生活科の改訂

 幼児期から、スムーズな小学校への移行に対して様々な工夫がされています。幼保の子どもたちが、お互いに実際に触れたり、行き来したり、連絡を取り合ったりなどしています。その試みの中で、きちんとして教科として位置付けられたのが「生活科」なのです。特に、「幼児教育から小学校への円滑な接続を図る観点から、入学当初をはじめとして、生活科が中心的な役割を担いつつ、他教科等の内容を合わせて生活科を核とした単元を構成したり、他教科等においても、生活科と関連する内容を取り扱ったりする合科的・関連的な指導の一層の充実を図る。また、児童が自らの成長を実感できるよう低学年の児童が幼児と一緒に学習活動を行うことなどに配慮するとともに、教師の相互交流を通じて、指導内容や指導方法について理解を深めることも重要である。」とあります。

 この文言で、多くの小学校で誤解をしている部分で私が注目したいのは、「低学年の児童が幼児と一緒に学習活動を行う」という部分です。一緒に学習活動する場合、早く小学校の学習に慣れさせるために幼児を低学年の児童と一緒に学習活動させるのではなく、児童が幼児と一緒に活動することで自らの成長を実感できるようにするということです。これは、異年齢保育にも言えることで、ドイツでは、異年齢保育の長所として「小さい子のお手本となることで、自信をつけることができる」ということが挙げられています。それは、小学校の中でも「小学校における教科学習への円滑な接続のための指導を一層充実するとともに、幼児教育との連携を図り、異年齢での教育活動を一層推進する」と異年齢での教育活動を一層推進するように言っています。異年齢での活動は、最近起きている「いじめ」も防ぐ手立てとして注目されています。

 今回の生活科の改訂の中で、重要視されている項目に「コミュニケーション能力」があります。生活科における表現の価値について、思いや願いを自己表出することと、表現によって思考を深めることの両面があることを明確にし、「考える」ことを強調しています。そのために、「伝え合い交流する活動の充実」を提案しています。活動や体験をその場限りで終わらせるのではなく、一層の充実を図る観点から、言葉などを中心としたコミュニケーション活動を通して、体験したことを他者と情報交流することを目指した「生活や出来事の交流」を新たな内容として位置付けてます。言葉などを使った言語活動は、思考を促し、他者とのコミュニケーションを成立させ、情緒を安定させることにつながるとしています。その中でも、特に、言語活動によって他者と交流して認め合ったり、振り返りとらえ直したりすることが重要であるとしています。そのために、生活科における具体的な活動や体験の様子などを、身近な人々と伝え合う活動を行うことで、かかわることの楽しさが分かり、多くの人と進んで交流していこうとする子どもの姿を目指すようにしたのです。

 他には、「自然の不思議さや面白さを実感する指導の充実」が謳われています。それは、低学年の児童は自然事象に高い関心を示す傾向にあるからだとしています。そのために、まず、自然の不思議さや面白さを実感する学習活動を取り入れることとしています。そして、学年の目標に「自然のすばらしさに気付き」としたことに加え、内容として「自然や物を使った遊び」において、身近な自然や物を使って遊びや遊びに使う物を工夫してつくること、自然の不思議さに気付くことを明示し、科学的な見方・考え方の基礎が養われることを期待しています。

 まさに、幼児教育に連続した教育の感があります。しかし、どうして連続していかないのでしょうね。