気付きの質

小学1年生のクラスで子どもたちが混乱する状態である「小1プロブレム」という状況を改善しようと、今回の小学校学習指導要領では「スタートカリキュラム」を作成することを提案しています。さらに、小学校低学年では、幼児教育の成果を踏まえ、体験を重視しつつ、小学校生活に適応すること、基本的な生活習慣等を育成すること、教科等の学習活動に円滑な接続を図ること、などが課題として指摘されました。そもそも生活科を新設した時の趣旨の中には、幼児教育との連携が重要な要素として位置付けられているのです。しかし、どうも、多くの小学校では、就学前教育として、早く小学校の教育課程を理解し、その教え方を学び、子どもたちを速やかに小学校教育に移行することが必要であるというようなとらえ方をしているようです。

 先日、小学校で1年生の授業参観した後の意見交換会で、私はこう感想を言いました。「教科書を使って、先生からの言葉だけで授業をしているときは、クラスで2割くらいの子はまったく作業をせず、教科書も開いていませんでした。それが、途中から担任が、手拍子など子どもたちが自ら手を動かしたり、演技をしたりするような授業をしたところ、一人、二人と参加し始め、最後には全員の子どもたちが参加していました。やはり、1年生ではまだまだ幼児性が残っているのだという感想を持ちました。」それは、まだ小学校1年生では、実際の活動、実体験などから学ぶことが必要であると言いたかったのですが、それを受けて校長先生は、「だから、幼児期からキチンと小学校の課程を学んでもらって、早く幼児性から脱して小学校に送り出してほしい!」というようなことを言ったのです。そして、「それがスタートカリキュラムです。」と付け加えました。

 今回の改訂における生活科に「気付きの質を高め、活動や体験を一層充実するための学習活動を重視する。また、科学的な見方・考え方の基礎を養う観点から、自然の不思議さや面白さを実感する学習活動を取り入れる」としています。この「気付きの質を高める」ということはどういうことなのでしょうか。文科省では、「見付ける、比べる、たとえるなどの多様な学習活動を工夫すること」が例示されています。そして、児童の主体的な活動によって生まれるものである」としています。また、気付きは次の自発的な活動を誘発するものとなるとしています。

 そして、この「気付きの質」は、先生からの話を、黙って、キチンとイスに座って、静かに聞くことで高まるのではなく、「活動や体験を繰り返したり他者とともに活動したりすることで、自分と対象とのかかわりが深まり、気付きが質的に高まっていくようにするとともに、気付きの質を高めて、次の活動や体験の一層の充実につなげていくことを目指している。」と書かれてあります。さらに、また、気付きの質を高めることが、科学的な見方や考え方の基礎を養うことにつながることから、例えば、児童が自然に対して関心をもち、積極的にかかわろうとすることを目指して、自然の不思議さや面白さを実感する学習活動を取り入れることが要請されています。

 ここでも、たとえば、科学的な見方や考え方の基礎を養いために、「自ら環境に働きかけ、その環境をの相互作用により発達していく」とする保育所保育指針とまったく共通する事が書かれてあります。そして、大切なことは、「不思議さや面白さを実感する学習活動」が大切であるとしています。

 ここにつなげる幼児教育における学校教育であれば抵抗はないのですが、現場で行われている小学校教育のための就学前教育である学校教育であれば、少し心配になります。