具体的な活動や体験

 そもそも、小学校1,2学年では、社会と理科という教科がなくなり、生活科が創設された時の意図は、「児童の発達上の特徴や社会の変化に主体的に対応できる能力の育成等の観点から生活科の設置」と書かれてあるように、子どもたちの発達を踏まえ、小学校低学年においてどのようなことが必要かということから創設されています。そして、昨年から実施されている新しい学習指導要領が改訂される時、生活科の課題については、次のように指摘されています。

 「学習活動が体験だけで終わっていることや、活動や体験を通して得られた気付きを質的に高める指導が十分に行われていないこと」「表現の出来映えのみを目指す学習活動が行われる傾向があり、表現によって活動や体験を振り返り考えるといった、思考と表現の一体化という低学年の特質を生かした指導が行われていないこと」「児童の知的好奇心を高め、科学的な見方・考え方の基礎を養うための指導の充実を図る必要があること」「児童の生活の安全・安心に対する懸念が広まる中、安全教育を充実することや、自然事象に接する機会が乏しくなってきている状況を踏まえ、生命の尊さや自然事象について体験的に学習することを重視すること」「小1プロブレムなど、学校生活への適応を図ることが難しい児童の実態があることを受け、幼児教育と小学校教育との具体的な連携を図ること」

 ここで表わされている生活科の課題は、必ずしも生活科という教科内のことだけではありません。生活科は、教科の性格上、国語・音楽・図工など他教科等との関連が深く、今回の改訂においても、ますますその必要性が強調されています。同時に他教科(国語・音楽・図工)の指導要領においても、「指導計画の作成と内容の取扱い」のなかで、「低学年における

 生活科との積極的な関連」が明示され、生活科の学習指導に当たっては、低学年教育全体を視野に入れて、他教科等との関連を図りながら進めていくことがますます求められているのです。「特に、第1学年入学当初においては、生活科を中心とした合科的な指導を行うなどの工夫をすること。」ということが付け加えられました。そして、この文言を基に『解説』「第4章指導計画作成上の配慮事項」の(3)に、「スタートカリキュラムの編成」が新入児童の小学校生活への適応を促し、小1プロブレムなどの問題解決に効果的であるという見解が示されました。

 ここまで見てみると、小学校1,2年生は、各教科とも「低学年児童の発達の特性として、具体的な活動や体験を通して思考する特徴があり、直接体験を重視した学習活動を行うことで、意欲的な学習や生活をすることが引き続き期待されていること」「身の回りの事象を一体的にとらえ、生活者の視点から対象を全体的にとらえ、考えることが求められていること」「生活上必要な習慣や技能の育成が一層重視されており、その獲得は児童が意欲的に人や社会、自然にかかわる学習活動の過程において、必要に応じて行われることが重要となってきていること、を踏まえて現行を維持する」というような授業を、小学校ではしているのでしょうか?

 このように身近な人々や対象と直接的にかかわる学習活動を通して、児童が学習や生活において自立することを目指すとともに、豊かな生活を営む生活者としての資質や能力及び態度を育成することが重視される小学校教育につなげる幼児教育を、もし子ども園になり、学校教育に組みいられるとしたら、きちんと考え、実践していかなければならないはずです。