スタート

 先日、近くの小学校の保幼小合同会議に出席しました。この小学校へは。毎年卒園して入学する子が数人のために、今までは参加していなかったのですが、今回、私に参加する時間が取れたことと、この小学校の校長が今年赴任した人でしたのでどのような考え方なのだろうかということと、意見交換のテーマが「子供の自立について」でしたので、小学校では自立をどう考えているのか興味があったので参加しました。

 どの地域でも、小学校との連携は課題があります。確かに、このような会議は開かれているのですが、小学校との認識のギャップに悩んでいる話はよく聞きます。今回も、近隣の幼稚園、保育園の職員15名ほどの参加でしたが、その前の公開授業の参加にしても、どうも、卒園児が小学校に行って、ちゃんとやれているのかが気になるようです。意見交換の場で、校長が幼少連携の中で盛んに強調していたのが「スタートカリキュラム」についてでした。

 小学校では、昨年の平成23年4月から新学習指導要領が実施されています。文科省では、それについて「新しい学習指導要領は、子どもたちの現状をふまえ、“生きる力”を育むという理念のもと、知識や技能の習得とともに思考力・判断力・表現力などの育成を重視しています。これからの教育は、“ゆとり”でも、“詰め込み”でもありません。次代を担う子どもたちが、これからの社会において必要となる“生きる力”を身に付けてほしい。そのような思いで、新しい学習指導要領を定めました。“生きる力”を育むためには、学校だけではなく、ご家庭や地域など社会全体で子どもたちの教育に取り組むことが大切です。子どもたちの未来のために。新学習指導要領、スタート。」

 この改訂の「改善の基本方針」という中で、生活科の課題の一つにこう書かれてあります。「小1プロブレムなどの問題が生じる中,小学校低学年では,幼児教育の成果を踏まえ,体験を重視しつつ,小学校生活に適応すること,基本的な生活習慣等を育成すること,教科等の学習活動に円滑な接続を図ること,などが課題として指摘されている。そもそも生活科新設の趣旨の中には,幼児教育との連携が重要な要素として位置付けられており,その意味からも,小1プロブレムなどの問題を解決するために,生活科が果たすべき役割には大きなものがある。そこで,これまでも重視してきた幼児と児童の交流等をはじめとした幼児教育との連携を,一層推進することが改めて重要であるとされたのである。」

 そして、その内容について?幼児教育及び他教科との接続として「幼児教育との接続の観点から,幼児と触れ合うなどの交流活動や他教科等との関連を図る指導は引き続き重要であり,特に,学校生活への適応が図られるよう,合科的な指導を行うことなどの工夫により第1 学年入学当初のカリキュラムをスタートカリキュラムとして改善することとした。」と書かれてあるところの「スタートカリキュラム」を校長は強調したのです。

 各学校では、この趣旨に基づいてスタートカリキュラムさ作成し、実施しています。先日の公開授業でもこのような部分からの公開でした。私は、保育所保育指針や幼稚園教育要領を読むとき、その具体的な例や、研究者による解説ではなく、直接、その文言から考えることが多いので、この学習指導要領も直接読んで、その文言の通りに理解すると、実際に小学校のやっていること、校長の言うことに少し違和感を感じます。ただ、それは、幼児教育側からの見方であり、小学校から幼児教育への要望とは違うことは仕方ないことかもしれませんが、そこをすり合わせていくのが、幼保小合同会議だと思うのです。

 もう少し考えてみたいと思います。