都市の中の自然

 随分と前になりますが、私がウィーンに行ったときに、フンデルトヴァッサーという人の市営住宅「フンデルトヴァッサーハウス」と、ギャラリーが入っている「クンストハウス」を見学したことがありました。同じような建築家として、日本ではガウディーという建築家は有名ですが、彼のことはあまり知られていません。しかし、その建築は一般的な言い方をすれば、とても奇妙です。しかし、私は、新宿の園の理想的な設計は、彼が1989年に設計をしたガソリンスタンドのようなものがいいと思っていました。それは、園の裏側は、傾斜地に続く、新宿の中でもこれから「区民の森」構想されているような森があり、下から園舎を見ると、その森と一体になるように、森が下まで続いているような緑で覆い尽くし、その下に園舎があるようなものがいいと思っていました。そこで、実際は、壁面緑化して、少しでも園舎が景観に攻撃的にならずに、一体化するようにと思って設計をしてもらいました。

 フンデルトヴァッサーは、自然と調和する人間味あふれる建築をめざしました。私は、そんな彼の思いがよく表れている作品は、「草原の丘」と呼ばれる場所に計画されたクアホテルが代表だと思っています。この作品を見ると、彼は「建築」とは単なる住むための道具ではなく、彼の生き方を表現する重要な創作活動で、そこで表現したかったのは「自然との共存」です。彼の生きた時代では、そのような建築は異空間であり、現実離れをした、特殊な建物という印象があります。しかし、最近、このような建築が現れだしました。

 昨年、大阪の難波のホテルに宿泊した時、窓からフンデルトヴァッサーの世界が眼下に見え、とても興味を引きました。その時は、すごいと思っただけでその場には行く機会がなかったのですが、先日、少し時間があったのでそこに行ってみました。そこは、1998年に解体された大阪球場の跡地に、南海電気鉄道が「未来都市なにわ新都」をコンセプトとして、2003年に建設された「難波パークス」というところでした。いつも飛行機で大阪上空を飛ぶときに感じていたのですが、大阪という町は非常に緑が少ない気がします。東京は、以外と緑が多く、真ん中には皇居、新宿御苑、代々木公園、明治神宮、そのほか大名の屋敷跡に緑が多く残されています。

 それに比べて緑が少ない大阪だからこそ、この難波パークスは「緑との共存」をテーマにした意味があるのでしょう。この大型商業施設の屋上庭園であるパークスガーデンは、段差を上手に利用し、2階から少しずつ上に上がっていくように作られています。最近、屋上緑化ということで屋上庭園を造るビルが増えてきましたが、この屋上庭園は「空中庭園」と名付けられています。それは、世界最古の屋上庭園は、古代メソポタミア文明の紀元前500年頃に作られた「バビロンの空中庭園」から採ったのでしょう。その庭園の造り方も、バビロンをモデルにしているようです。バビロン空中庭園は、新バビロニアの王、ネブカドネザル2世が、故郷の自然が忘れられない王女アミュイティスのために建造したと言われています。その内容は、ポンプでユ?フラテス川の水をくみ上げで人工の庭をつくったり。全体を7段にして、くみ上げた水を下に流れるようにしてありました。しかし、ここにどうやって水をくみ上げたのかは分かっていないそうです。

 全体企画は、バビロンですが、全体のイメージは、グランドキャニオンをイメージしたものだそうです。断層のような横縞、曲がりくねった側面は、確かにグランドキャニオンを彷彿とさせます。しかし、荒々しいイメージはなく、約235種類、約40,000株の植物が植えられているため、庭園というよりも植物園のようです。企画者は、こう言っています。「我々が目指したのは、公園が公園として切り離されて存在するのではなく、樹木や花の自然と公園に面する店舗と広場とが一体となって、人々に豊かな体験や感動を提供する公園です。」

 こんな保育園を作りたいなあと思っています。