どうしたら?

 人は、人生において様々な人と出会います。また、その出会いかたも場面によって、年齢によって様々です。携帯電話のアドレス帳も、家族、職場、教育関係、プライベート、地域、会社などのフォルダーに分けられていますが、それぞれにおいての関わり方は違ってきます。このような様々な人とかかわることが、そして、それぞれの関わり方を変えてくことが社会で生きるということであれば、確かにヒトは大きな脳が必要になってきますね。

 しかも、そのかかわり方の違いは、その立場、職種によって変わるだけでなく、相手の年齢、性別、個性によっても変わってきます。また、その日の、その瞬間の相手の気持ちも反映します。それは、表情、声の調子、態度など非言語的ヒントから判断しなければなりません。この能力は、人と人とがうまく同調するために必要なものです。同調するためには、お互いが考えるのではなく、非言語的ヒントを即座に読みとって円滑に反応する必要があります。

 このような能力は、乳幼児のころに育てるべき教育であるとされています。この時に使われる「教育」とは、教え込むことではなく、生まれながら持っている能力を引き出し、それをより洗練し、確実なものにしていくということです。この確実なもの、安定したものにするために、周囲の誰かとの「愛着」が必要になってくるということです。そして、それを育てるのが、乳幼児期の課題であれば、当然愛着の対象は母親であることが多いであろうし、母親はその時の子どもの思いを受け止めることが必要なのです。

 しかし、その後もヒトは人生の中で様々な人とかかわっていきます。その時には、いくら中学生になっても、大人になっても、傷つけられること、不安になること、理解してもらえないことなど負の状況になることはたくさんおきます。その時にも、心の安定をもたらすためには愛着の存在が必要になります。その時には、私は、乳児のころの母親との愛着が半永久的に作用するとは思っていません。乳児のころの愛着の思い出のまま母親と別れているのであればありえますが、いつもそばにいる母親が小学生になったから、中学生になったからといって、子どもの心に寄り添ってあげなければ、乳児期の愛着の絆は切れてしまいます。しかし、それを、周りの誰かが補うことはできると思います。

 では、どうすれば、愛着形成が築けるのでしょうか?母親に、「目の前で寝ている赤ちゃんと愛着形成をしなさい!」と言われたとき、その赤ちゃんを抱っこすればいいのでしょうか?赤ちゃんに笑いかければいいのでしょうか?また、その赤ちゃんを母親でない人が抱っこすれば、母親との愛着は不安定になるのでしょうか?「愛着障害」の本の中で著者の岡田氏は、「よい安心基地となるために何が大事であるか」という条件を5つ上げています。

一つ目は、「安心感を保証する」ということで、これが最も重要であるとしています。二つ目は、「感受性」であるとしています。それは、共感性ともいえることです。三つ目は、「応答性」であるとしています。相手が求めているときに、応じてあげることです。逆に言えば、相手が求めていないときには、余計なことをするのは応答性から外れていることになると言います。ここで、感受性も、応答性も受け身であるということが大切であるとしています。ということで、主役は本人であり支える側でないのに、自分が主人公になりたがる人は安心基地にはならないと警告しています。四つ目は、「安定感」であるとしています。その日の気分や都合で応じてはいけないのです。そして最後は、「何でも話せること」であるとします。そして、これは、前の四つがすべてクリアされることによって達成されるとしています。

どうしたら?” への5件のコメント

  1. 有名な発達心理学者のエリクソンは、「子どもは十分な依存を経験し、反抗を繰り返しながら自立へのスタートを切る」と言っています。母親がよい安心基地であれば、子どもは依存も反抗も成長の一過程として見せながら、まるでらせん階段を登るように、自立に向かっていきます。依存も反抗もコインの裏表で、親への信頼感があってこその自然の行為です。親との愛着をベースに、子どもたちは子ども集団から、より広い社会へと出ていき、様々な人との出会いを通して、「一人前」になろうとします。母親だけでなく、人生でより多くの安心基地を見つけた人が幸福になれるのだと思います。

  2. 相手によって、その場面によって、そしてその内容によって関わり方を変えているのは確かに人が人と関わるときの特徴です。会話も関わりなので当然なのですが、同じように瞬間瞬間で非常に高度な判断をしながら行われていることを考えると、人間ってやっぱりすごいなあと思います。私たちは社会の中で生きていくわけなので、このような力を身につけていく必要があって、だからこそ乳幼児期のあり方が大事であるというのもよく分かります。そのために愛着形成は大事で5つのポイントが挙げられていますが、これらは今まで藤森先生が語られてきたことそのままのように思います。とっても大事なことを学ぶことができている、ということですね。

  3.  今まで愛着形成の大切さをブログで学んできました。では実際に赤ちゃんと愛着を結ぶ為にはどのような方法をとれば良いのか?確かに疑問に感じることがあります。抱っこをすればいいのか?いつでも助けられるように傍にいること。これらは一般的に出る答えかもしれません。岡田氏の本の中で挙げられた愛着形成を結ぶ為の5つの条件、「安心感を保障する」「感受性」「応答性」これらは当たり前と言うか、愛着もそうですが、見守る保育においても大切な事柄だと思います。そして、どんな時でも自分の気分や都合でおうじてはいけない「安定感」これはなかなか難しいですね。そして最後の「何でも話せる」これは私が感じたのは、乳幼児期と言うよりも、小学校や中学、高校に進学したときに重要になってくると思います。

  4. ここで最後に出てくる前者の三つはとても「見守る保育」における「見守る三省」の内容に非常に近いように感じます。すべてにおいて、子どもをしっかりと認め、信じ、接することで愛着ができるというのがわかります。それが子どもたちの安定した関わりを可能にし、非言語的ヒントを読み取る姿につながるんですね。人とのつながりの中でこの非言語的ヒントを読み取ることは非常に重要なことだと思います。「察する」という言葉がありますが、まさにこのことですね。コミュニケーションをとる上で重要なことですが、今問題になっているこのコミュニケーション能力の低下にはこういった愛着に障害があるからなのだと思いました。「応答性」というのは私の周りではまだまだ考えていかなければいけない内容です。どうしても先回りをしてしまうことが良しとされていたことが多いのでこういった感覚や内容はもっと深めていかなければいけませんね。

  5. 私はおそらく自分はある程度特殊なのかなと思うことがあります。それは「愛着の対象」が「母親」と限定されることがない乳幼児期を過ごしてきたからです。わたしにとっての「父親像」は結構インパクトが強かったと見えて、20代の頃は何かの事例に対しては「父親」のことを引き合いに出すことが多く、そのつど「それはファザコン」と揶揄されていました。当人はそんなつもりはないのですが・・・。よって、「愛着」関係を誰と形成して今に至ったのか判然とはしませんが、まがりなりにも成長できたのは誰かしらとその時その場で「愛着」関係を緩やかか濃密かは別にして結び得たからでしょう。岡田氏の「安心感の基地」5つのポイントは参考になりますね。「安心感保障」「感受性」「応答性」「安定感」「なんでも話せること」についてはおそらく我が家は成り立っているかなと自負できます。そしてわが子にも継承してほしいポイントですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です