かむ2

子どもの「かみつき」は、他を攻撃するための行動であると思われがちですが、私は、現在、世界に広く生活しているホモ・サピエンスという種は、「歯」を攻撃には使ってこなかった気がします。物をかむことを、人間では「咀嚼」というのですが、それは、口腔内に運ばれてきた食べ物を飲み込めるように細かく噛み砕くことを言います。「かむ」という行為は、食べものを体内に取り込むための、最初の消化活動なのです。また、食べ物の消化・吸収を助けるだけでなく、顎の成長発育、脳を活性化させる重要な役割も果たしています。人間は咀嚼する事で顎が発達し、発達した顎でさらに噛み砕くことで食べ物を摂取します。もし、歯を攻撃に使うのであれば、もっと鋭くなり、犬歯の本数が増えてきているはずです。それが、物をすりつぶすための臼歯が多いのです。

特に、日本人は、古くから狩をして動物や魚からも蛋白質を摂っていましたが、田畑を耕して農作物を収穫し、大麦・黍・稗・あわ・はと麦などの雑穀を主食としてきました。縄文時代にはすでに雑穀を食べており、雑穀は白米と比べて硬く、たくさんの咀嚼回数が必要とされます。しかも、口腔内で唾液と混ぜて澱粉が麦芽糖に変化するまで咀嚼していたと考えられています。そのかむ力も、人間の場合、体重の2?3倍だそうです。このように見てくると、かむという行為は、人間だけではなくて地球上の動物が生きていくために行う必然的な行動です。ただ、何を優先して歯を整備したかは、その生物の生存戦略によります。

人間は、噛む事で、「顎を発達させ歯を丈夫にする。」「噛み砕くことで消化を助ける。」「唾液の分泌を促進する。」というほかに、「集中力を高め、同時にストレスを緩和する」効果があるのです。これらの効果を見ると、子どもがほかの子に「かみつき」をするのは、四番目の行動としか思えないのです。ということは、多くのかみつく場面では、子どもたちは人とかかわる中でストレスを感じているか、今取り組んでいることにより集中したいために、他人に邪魔されたくないためということになります。

子どもの「かみつき」を、咀嚼の意味から考えるととても面白いことがわかります。もう一つ、咀嚼にはある効果があります。それは、「大脳を刺激し認知症を予防する」ということです。かむと大脳が刺激されます。これにより認知症の予防につながると考えられています。また、さまざまな研究では、人間の記憶力は、ガムをかむ前より、かんだ後の方が高いことが証明されているそうです。また、ただ噛めばいいのではなく、回数を多くかんだ方がいいのですが、ガム1枚をかむときには、約550回かんでいるというのが平均とされています。どうも、他人にかみつく赤ちゃんは、1回だけなので、認知症予防のためではなさそうです。

これらのことを考えると、「かみつき」を予防するためには、おしゃぶりやタオルなど、かむものを口にくわえさせておけばいいということになります。瞬間的にストレスを解消し、集中力を高めるために、瞬間的に何かをかみたいわけですから。大人ならガムをかんでいてもいいかもしれません。、

子どもの「かみつき」のついての私の考察は、全くアカデミックではありませんが、そのように、当たり前のように思っていることを、そもそもどうしてだろう、違う観点から考えるとどう見えてくるだろうということが、4つの行動的スキルである最後の、「実験力」だと思います。これは、「新しい経験に挑み、新しいアイデアを試す」ということに通じるのです。

「質問力」「観察力」「ネットワーク力」「実験力」の四つのスキルを大切にしたいと思っています。

かむ2” への5件のコメント

  1. 葉っぱビジネスで一躍上勝町を日本一有名な山里にした「株式会社いろどり」の横石さん。この人を成功に導いた原動力がまさしく“四つのスキル”です。

    上勝町は典型的な過疎の村で、ともすれば無気力なりがちな村人たちに「それでいいんですか?」とはっぱをかけ、異常寒波によるどん底からの復活のために、次から次と新品目の栽培を提案する。(質問力)

    それがようやく軌道に乗りかけたある年。たまたま訪れた大阪の寿司屋で、隣に座った若い女たちが、料理についてきた赤いもみじを見て大喜びする姿に、彼はひらめいた!『そうだ!葉っぱだ!葉っぱを売ろう!』(観察力)

    葉っぱをシステムとしてビジネスにしていく過程で、彼は積極的に人脈を広げていく。市場関係者、旅館や高級料亭、IT企業などなど、多くの人との絆が彼に様々な知恵とアイデアをもたらした。(ネットワーク力)

    村のいろどり農家のおばあちゃんたちは、最初は広報無線で市場情報を聞いて出荷していたが、それが後にFAXとなり、今では自宅でパソコン画面とにらめっこしながら、出荷する製品を決め、農協に連絡しているとか。ともかく、なんでもまずやってみる。そして出てきた問題は一つ一つつぶしていくのが彼のやり方である。今では、最新のPOSシステムを導入し、製品にバーコードが付いている。これを初めて聞いたおばあさんに「ばあさんにコードをつけるのか」と勘違いされたとか(笑)。(実験力)

    現在、この上勝町の奇跡の実話をもとにした映画『人生、いろどり』が全国ロードショー公開中です。明日家内と一緒に見に行くつもりです。

  2. このところ4つのスキルが頭に残っているのですが、これらのスキルを使って物事を見るということは以外とおもしろいと感じています。やっているようでいて、意識をすることでまた違った見方もできてくるものです。でも、やはり一番難しいのは最後の「実験力」でしょうか。「質問力」「観察力」「ネットワーク力」までは十分ではないにしても何とか足を踏み出せるのですが、「実験力」の新しい経験や新しいアイデアを試すというところは自分自身でリスクをとる必要が出てきます。そこで一歩踏み出せるかどうかで躊躇してしまうことが多い自分としては、一番の課題となるところだと思っています。自分の頭で考え、自分の責任で行動するということが、日々の生活の中の細かなところでも大切に実践していくクセをつけていく必要がありそうです。かみつきなどの日々保育園で起こる課題に対しても、自分の力で対応していけるようにならなければいけませんね。

  3.  子どもや、赤ちゃんの行動を考えるとき本に書かれてある理論から推測するのでなく、そもそも、どうしてだろう?と根本から考える必要があるのですね。噛むという行為はもちろん食べ物を食べやすくする為に、行う行動で、人を傷つける為の行動ではありません。もし人間の噛む行為が攻撃性を含んでいる場合、動物のように牙があり、もっと顎が発達しているかもしれません。「噛む」ことで様々な効果がありますが、そこから赤ちゃんの噛みつきを推測された藤森先生の理論はとても目から鱗です。いかに「観察力」「実験力」のスキルが重要か分かります。4つのスキルはこれから子どもを保育していく上で、とても重要になりますし、もちろん子ども達が身につけていく必要があります。その為にもまずは私達がしっかり4つスキルを意識し、行動に移していかないと、子どもには伝わりません。

  4. 噛むという行動をよく考えていくと確かに人間の噛むという動作は外敵を襲うためにあるというより、食べるものを咀嚼することに重点があるように思います。そのため、犬歯もするどくなく、すりつぶすための臼歯が発達したというのは納得いきます。その「噛む」という動作の人間本来の役割、集中力を上げる、大脳を刺激する、ストレスを解消するなど、本来の意味合いを考えるととても赤ちゃんの噛みつきに関してもその環境の構成のヒントになるように思います。4つのスキルというものの実験力とありました。まだまだ、私にはそのどれもが未熟で思いもしない発想のことがこのブログでは書かれているのでとても勉強になります。その中で、自分なりの考えを持ってスキルの向上を図っていきたいと思います。

  5. 是非、子どもの「かみつき」に悩んでいる保育者の皆さんには前回と今回のブログを丹念に読んで頂き、それぞれの園での対応策を練っていってほしいと思います。この「かみつき」については保育界で有名なある先生が新聞の相談欄で「よくあること」として取り上げており、結局発達の過程での一事象と解説していた記事を読んだことがありますが、この解説で「かみつき」に悩む人たちは納得するのだろうかと思ってしまいました。「かむ」という行為がどういう行為であるか、今回のブログに詳しく書かれているわけですが、子どものかみつきはストレス発散と邪魔に対する行為であるなら集団ではこの二つをなくすのはほぼ不可能なので「おしゃぶりやタオルなど、かむものを口にくわえ」られる準備をしておくことが必要ですね。すなわち、環境の見直しを行う、ということが必要になると同時に、子どもたちのそうした欲求を受け止められる態勢を整えることが保育プロのプロたるところでしょう。それにしても、全員が全員かみつきを行うわけではないので、かみつく子とかみつかれる子の関係の観察とかみつき防止のネットワーク力が重要になってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です