愛着の時代性

 育児を理屈で考えるととても難しいものです。他人に教えるのも難しいものです。それは、方法というよりも心という説明のつかない問題ということもありますが、なによりも個人によって違うことが多く、また、結果がすぐにはあらわれないからです。しかし、人類が誕生してから、ずっと子育てをし、遺伝子をつないできました。人間においての子育ては、本能なのか、または、学習していくものなのでしょうか。たぶん、どちらかという問題ではなく、両方が混ざり合っているのでしょうが、それでも、どんな説があろうが、延々と育児されてきているのです。

 私は、そんな育児を最近は情報によって理屈つけていることの弊害を感じることがあります。「こうしなければいけない」「こうしてはいけない」とどこから変えた情報で子育てをしようとします。しかし、自分の行動をそれによって見直すのであればまだいいのですが、子どもを「こうしなさい」「これはしてはいけない」「これだけしなさい」と抑制してしまうと、その弊害は、大きくなってから出るようです。

 こうして見ると、いくら愛着といっても、子どものためといっても、子どもと関わればいいということではなく、子どもにとってはよくないかかわりがあるようです。岡田氏は、本の中で、母子間の愛着の質を観察して評価する実験法としてM.S.エインズワースが開発したストレンジ・シチュエーション法を紹介しています。この時の愛着の質というのは、安全基地としてうまく機能しているかです。どんな関わりをしたかというよりも、どのような機能を持ったかというところは重要です。最近、園への相談や新聞の身の上相談で、実母がストレスになるというものが多いのですが、どうも実母が安心基地というよりもストレスの対象となっている人が増えているようです。それは、親の自己満足であったり、周りへの見栄とか体面のためで、本当に子どもからの真の欲求を満たすような関わりをしている場合が少ないように思えます。

もうひとつ、最近の傾向として、少子化であるために親子の距離感が近すぎることがあるような気がします。いつもその行動が見え、そこに手を出す時間があるために、先回りをして子どもを抑制してしまう過干渉な親が増えてきたこともあるような気がします。また、少子化は、子ども同士の関わりが減り、その分、親との関わりが増してくることも問題です。もうひとつは、地域の連帯、地域の教育力の低下があり、育児、子どもへの教育が母親の方だけにかかってしまっているということもあります。

しかし、エインズワースがストレンジ・シチュエーション法を開発したのは、1978年であり、その時に調査した母親はその2?30年前に子育てをした人たちです。しかし、日本では、1992年版の「国民生活白書」の中で、「少子社会の到来、その影響と対応」という副題のもとで、少子社会の現状や課題について、解説していますので、やっとその時期から問題が表われています。また、ジョン・ボウルビィが、子どもと母親の結びつきの本質についての考察の成果を初めて出した『母子関係の理論』は、1958年にまとめられています。

確かに、愛着の問題は子どもの問題と大いに関係しています。愛着について、もっと考えないといけないとは思いますが、その時にボウルビィやエインズワースなど当時の研究を、今にそのまま当てはめるとか、そのころに戻ろうとする考え方は、今の子どもたちにおきている問題を解決することにならない気がしています。