夏休みの思い出5

 最近の子どもは生活体験が少ないと言われて久しいです。それは、生活リズムが違ってきたということと、生活が便利になってきたことと、自然が減ってきたことなどいろいろな環境の変化がありますが、最近の子どもは大人のやることを見る機会が減ってきたということがあると思います。この大人のやることを見る機会が減ってきたということは、子どもたちの遊びにも変化をもたらしています。昔から子どもの遊びは、大人のまねをするところから出ていることが多いからです。それは、大人の仕事を手伝うことだけでなく、じっと見るということも必要です。何度もブログで取り上げますが、皿を回している子をじっと見て、真似てやろうとする子と同様に、大人のやっていることをじっと見て、それが、おもしろそう、不思議だ、すごいことだなどを感じ、真似てやってみようとするのが子どもです。
 そういう意味では、私たち大人は、子どもが憧れるようなことを子どもの前でやって見せることが重要です。私が子どものころに憧れた大人の姿は、職人と呼ばれた人たちの職人芸でした。この職人芸は、今ではよくデパートなどのイベントやコーナーでやっていることが多いのですが、かつては町の中の各店の中で行っていました。特に、私が育った下町は多かった気がします。いわゆる「おかず横丁」を歩くだけで、魚や鰻をさばく手つき、味噌を樽からしゃもじですくいとってから、そのしゃもじを元の樽に投げ入れて戻す技、惣菜をぴったりと要望した重さによそる技、どれも、子どもたちは感心して眺めていました。
 そのほかにも、職人は自宅に来ていろいろなことをしました。今では「プレハブ」という「あらかじめ部材を工場で生産・加工し、建築現場で加工を行わず組み立てる建築工法のこと」に代表するように、工場や作業場で加工をして、現場では組み立てるだけというような職人が多くなりました。たとえば、畳屋さんは、表をとりかえるのを頼むと、畳を取りに来て自分の作業所に持って帰り、そこで作業をし、出来上がった畳を持ってきて敷いていくだけです。それは、仕事をする場所がないことと、作業を機械で行うためかもしれません。私の子どもの頃は、自宅の前で畳の表を替える作業をしました。前といっても、家の前の通りです。当時、車はほとんど通りませんでしたが、今考えると、よく邪魔でなかったかと不思議に思います。ですから、畳屋さんは、畳の表裏を替えるときには、肩に木枠の台と畳のへりを担ぎ、糸と大きな針を持ってきたものでした。
 自宅の前で作業をする姿は、子どもたちからすると、非常に興味をそそります。目の前でみるみる出来上がっていくからで、何度も邪魔だと怒られながらも周りをうろちょろしていました。子どもにとって、もうひとつ、目の前でやることの面白さがあります。それは、いろいろな廃材が出ることです。取り替えた畳のへり、畳表を切り取った端っこなど子どもの格好のおもちゃになります。
私の小学校1年生の絵日記には、7月27日「だいくさんが おうちをなおしにきています。かんなでいたをけずりました。そのくずであそびました。」とあります。家の前で、かんながけをしています。大工仕事は、子どもにとって非常に興味のあるものです。かんながけ、墨つけ、のこぎりでひく、のみを使う、木を組み合わせる、釘を打つ、次第に出来上がっていきます。
また、カンナくずは、子どもたちにとって格好の遊び道具です。カンナくずを体にかけたり、巻いたりして遊ぶと、木の香りがぷーんとしてきます。先日、園の夕涼み会では、今年のテーマが「森で遊ぼう!」だったために、あるコーナーでは、ビニールプール二つにスギとヒノキのカンナくずを入れて、その感触、臭いを感じてもらいました。私の子どものころは、これは日常でした。