夏休みの思い出4

 私の子どもの頃は、テレビゲームはもちろんありませんし、テレビではあまり子ども番組はやっていませんし、すごろくなどのゲームは正月でしかしませんし、おもちゃはそれほどありませんし、なにをして遊んでいたのでしょう。しかし、いつの時代でも子どもは遊びの天才です。身の回りの物を遊び道具にしてしまいますし、身の回りの物を使っておもちゃをつくって遊んでいました。また、家の手伝いをよくしましたが、それも子どもにとっては遊びにしてしまったのかもしれません。

私が小学生のころは、夏休みの宿題に「手伝い」がありました。夏休みの入る前に、夏休みの目標を立てます。そこには、必ず、子どもが引き受ける手伝いがありました。当然、そのころは、子どもにとっては楽しいことではなく、早く終わらせて遊びに行きたかったのですが、やらないと遊びに行かせてもらいません。ですから、手伝いの遊びに変えてしまったのです。大人も、それは承知していて、それほど怒らず、見守っていてくれました。

そのころの子どもの仕事は、買い物、玄関の掃除、金魚とかハトなどの動物へのえさやり、配膳の手伝いなどでした。子どもクッキングを計画する時、できるだけその材料の買い物からするようにしています。特に、買い物は子どもの役目でした。「のびちゃん、おつかいに行ってきてちょうだい!」とアニメ「ドラえもん」の中で、お母さんはすぐ買い物かごを、のび太にわたします。同じように、ジャイアンの家庭でも、サザエさんの家庭でもかつおくんにお使いを頼みます。買うものを覚えていくこと、お店でその素材のよしあしを見分けること、買うものを注文すること、時には値段の交渉をすること、お金のやりとりをすること、などその中には様々なことが含まれていました。

玄関の掃除は、子どもにとって、ちょうどいい広さです。箒で掃いた後、水を流してきれいにします。初めのうちは、あまり上手に箒が使えます。どうしても押してしまおうとするのです。それが、次第に上手になっていきます。また、水をまくのも、ホースは使いません。バケツに水を汲んで来てそれをまくのです。ずいぶんと力仕事です。大人の仕事の手伝いは、大人の仕事のごっこ遊びの要素もあります。手伝う内容も年齢によって変わっていくことで、次第に大人になる準備をしていることになります。

7月23日の絵日記には、「おてつだいに おそうじをしました。いもうとのひきだしも かたつけてやりました。ついでに そともはきました。」とあります。現在、園でも食事の後は、年長さんが床をぞうきん掛けしてくれます。また、 製作などした後の机の周りに散らばった紙のゴミを、掃除してくれます。そうじ、ぞうきんがけはかなり体を使います。ということは、体を調整するのに役にたちます。子どもは、小さいうちは、筋力は育ちません。

乳幼児の運動発達は,不随意運動から随意運動へ,そして,頭の方から下肢の方へ進み,からだの中枢部から末梢部へ広がり,全身性の運動から細かい運動へと巧ち性が増していくといわれています。また、これらの発達は,脳・神経系の発育・発達の他,筋肉・骨格系や平衡器官の発育・発達によって促されます。これらの発達を促すのは、子どもの遊びであり、手伝いであり、決して筋肉トレーニングや、過度の運動トレーニングではないのです。

子どもたちの運動能力を増すためには、なに式をやるよりも、十分に遊びこみ、手伝いをしてもらうことの方が、乳幼児期では大切なことです。昔は、自然と行われていたようです。