夏休みの思い出2

 最近、スマホが普及したということもあって、電車の中でゲームをしている人をよく見かけます。PS2・ゲームキューブ・XBOXなどの据え置き型やDS・PSPなどの携帯型などいろいろな種類が出ていて、家でもゲームをやっている人が子どもだけでなく、大人も多いようです。総務省が2009年6月に発表した「平成20年通信利用動向調査報告書(世帯編)」によると、携帯電話機やパソコンの世帯普及率は頭打ちであるのに対して、携帯メディア・プレーヤやインターネット対応ゲーム機、IP電話は徐々に普及が進み2008年末で2割を超えたそうです。その内容として、携帯電話機の2008年末世帯普及率は95.6%、パソコンは同85.9%と、2007年末に比べて世帯普及率上昇幅は1ポイント未満だったのに対して、2008年末までの1年間に最も普及率が上昇したのが、ワンセグ対応携帯電話機で、対前年同期比15.7ポイント増の42.2%で、携帯電話機所有世帯では44.1%と半数に迫ろうとしているようです。

 このゲーム人口は、ワンセグ対応携帯電話機の普及のスピードほどではないにしろ、パソコン以外のインターネット対応機器も徐々に普及が進みつつあるようです。インターネット対応家庭用ゲーム機の世帯普及率は2007年末より5.6ポイント増の20.8%、インターネット対応テレビは同3.5ポイント増の15.2%だったそうで、IP電話の世帯利用率も同2.2ポイント増の21.2%に上昇したようです。

 私は、ゲームは全くしないので、その機種や用語はちんぷんかんですが、私の園の男性職員は、随分と家でやっているようです。私はゲームはしないのですが、家ではテレビはよく見ます。特に何を見るということはありませんが、今週末から大変なのは、オリンピックが始まるために、テレビをより見るようになるかもしれません。本当は、省電力のためには、冷房を消すよりは、テレビを消したほうがいいと言われています。しかし、昨年の計画停電の時ではありませんが、夜テレビがないと、どうやって時間を過ごしたらいいかわからないほど、テレビは生活に密着しています。

 そんなテレビが始まったのは、1953年(昭和28年)2月1日午後2時、NHKテレビの本放送が最初でした。開局の第1声は「JOAK-TV こちらはNHK東京テレビジョンであります」という話は有名ですね。以前、ブログに取り上げましたが、開局式の後、尾上松緑らによる舞台劇『道行初音旅』がオンエアされ、これが日本初のテレビ番組とされています。しかし、まだまだ普及はせず、当時の受信契約数は866だったそうです。その後、8月28日には、日本初の民放テレビ局・日本テレビも開局します。そして、35年から,カラー放送も開始されました。

 テレビジョン受信機は,白黒テレビが30年代において急速に家庭に普及し,39年には世帯普及率は90%に達します。また,カラーテレビについては,放送開始当初の30年代には伸び悩んだものの,40年代に入り急速に普及し,50年における世帯普及率は90%となります。私の小学校1年(昭和30年)の夏休みの7月24日の絵日記には、テレビを買ってもらったということが書かれてあります。そして、その絵日記のテレビ画面には、たぶんプロレスをしていると思われる画像が描かれています。テレビを買ってもらったのは、随分と早い時期だと思いますが、それでも、それまでは何をして過ごしていたのだろうかと不思議に思います。ラジオを聞いていたり、ほかの何かをしていたのでしょう。よほど創造性がなければ子どもだけで毎晩過ごすことはできなかったように思います。

 夏休みのどんなことをして過ごしたか、ほかの日をみると、よくわかりますが、随分といろいろなことをしています。