子どもの遊び

西行の「たはぶれ歌」に歌われている中で、かくれんぼが出てきますが、この遊びは、平安時代からあった遊びで、『宇津保物語』や『栄華物語』にも「かくれあそび」の名がみられます。この遊びのように、遊ぶための道具がなくても、子どもたちは遊んでいたようですが、そのような遊びが、どうやって地域を越えて、時代を越えて受け継がれていったのでしょうか。また、その中には時代的にすたれてしまったものや、一部の地域でしか遊ばれなかったものもあったでしょう。

そのほかにも、子どもたちはいろいろな遊びを工夫していたようですが、今に受け継がれているものや、今はないものも多くあります。しかし、まったく道具を使わない遊びではなく、自然界にあるものを遊び道具として遊んでいたようです。高山寺蔵の『鳥獣人物戯画』に描かれている庶民の遊びの中には、現在の死なば遊びや泥団子作りのような「庭の砂子の土遊び」は、「土遊び」と「砂遊び」を混ぜたようなもので、土と砂で構築物をつくるといったものです。ただ、やはりこれらは、子どもの遊びではなく、大人の遊びのようでした。というのも、人形遊びとか、土遊びは信仰に基づいたものであったからです。
身近なものとして、「土」「砂」のほかにも「石」があります。意志を使った遊びは、私の子どものころも「石けり」「石投げ」などがありましたが、中世のころには、「石なご」という遊びがありました。これは、「石などり」ともいいますが、今でいう「お手玉」のような遊びで、数個の石を撒き、その一つを投げ上げ、落ちてくるまでに他の石を拾って、落ちて来る石をつかむというものです。この名残として、「お手玉」のことを「イシナゴ」と呼ぶ地域があるようです。

他には、身の回りに生えている竹を使った遊びも多くありました。特に篠竹という種類は、細くて、よくしなるために、さまざまな遊びに使われました。有名なものに、「雀弓」という遊びがありますが、篠竹を曲げて弦を張り、弓にして遊ぶものです。また、かつては、教員養成の必修科目の「生活科学習基礎論」,篠竹を使った紙玉でっぽうを製作させたところもあったようです。その弾も、紙を丸めて、口に含んで唾液で濡らして詰めたものですが、昔は何かの実を使ったでしょう。そのほかにも、篠竹で竹笛をつくったり、竹トンボをつくりました。もう少し太い笹竹では、竹馬をつくりました。この「雀弓」「竹馬」などは、「ままごと」に代表するような、子どもたちの遊びに良く見られることですが、大人の行為をまねたものです。いわゆる「ごっこ遊び」で、大人になるための練習にもなっていました。

このような子どもの娯楽としての遊びが、絵画の中に描かれるようになっていきます。江戸時代中期には木版多色刷りの錦絵が登場し、広く愛好されるようになります。多岐にわたるその題材の一つに「子供絵」と呼ばれるものがあり、子どもの遊ぶ姿を描いた作品が多く残されています。その絵画を見ても、遊びに興じているのは、5歳以上の子どものように見えます。赤ちゃんが這っていたり、何かをいじっていたり、引っ張ったりしているのを遊びとは認識していないように思います。また、遊び道具を使って、遊んでいる絵が多く見られます。


これらの子どもの「遊び」が長い歴史の中で子どもたちの中に伝承されてきていましたが、どうも、それらが急激に断たれているように思います。それは、子どもたちに遊び時間が減ってきたこと、仲間が減ってきたこと、空間がなくなってきたことの「三間」がなくなってきたほか、自然がなくなってきたこと、伝承するための異年齢児集団がなくなってきたこと、ネットや画面でのゲームが増えてきたこと、そのほかにもいろいろと考えられますが、それらが、かつての遊びに代わることができるのでしょうか?