遊び相手

 私は、乳児にとっての「遊び」とうのはほとんど存在せず、多くの行動は、「生活」という生きるための行動であると思っています。その行動は、まず五感をフルに使い、将来に備えていきます。そのころ、動くものを目で合うようになると、モビールとかメリーゴーランドなどを吊るしてあげると、それをじっと見つめ、うれしそうな顔をしますし、手を出して触ろうとします。その姿は、赤ちゃんがおもちゃで遊んでいるように見えますが、いわゆる遊びについての定義は当てはまりません。それは、意識して遊ぶわけでもなく、反射的に起こす行動なのです。というわけで、まだ「遊び」とはいえません。

このような生後2?3ヶ月までに見られる反射のことを原始反射といいます。主な原始反射には、赤ちゃんの手の平に大人の指などを入れるとギュッと握る把握反射(握り反射、手掌把握反射)、赤ちゃんの口元に小指や乳首などを持っていくとそれに吸いつく吸啜反射、音の刺激などで上肢を大きく開き抱きつこうとする、びくつきと言われるモロー反射などがあります。これらの反射は、生きていくうえでの新生児にとっての最初の生活なのです。そして、生きていくうえで欠かせない行動の学習でもあるのです。ですから、これらの行動は、基本的にはすべての新生児に見られ、赤ちゃんが最低限生きるために必要な反射とも言われています。

そして、生後3ヶ月近くになると、赤ちゃんの脳や中枢神経の成熟により少しずつ抑制という発達が見られ、4ヶ月近くになると手の把握反射以外は消えていきます。この消えていくかどうかが、また、生まれてすぐに原始反射が見られないかどうかで、中枢神経系の異常が考えられています。

このような反射的にさまざまな動きをするところから、意識して行うようになりますが、まだ生きる上での必要な学びをしていきます。まず、その対象は自分の体に向けられます。自分の体を使っていろいろなことを学びます。3ヶ月目にはいり赤ちゃんは首がすわると自分の目の前にある自分の手を眺め始めるようになります。これは「ハンドリガード」という赤ちゃん特有の行為で、自分の手を見つめることで自分にはからだがあるということを赤ちゃん自身が知るきっかけとなります。これは、当然でしょうが、赤ちゃんにとって一番身近で、すぐに目に着き、すぐに手で触ることができるのは自分の体です。その手や足が、自在に動くのを見ると、何かしらの感覚を覚えることでしょう。そこで、反射から赤ちゃんは自分の意思で自分のからだが動かせることを知るのです。

3,4か月になると赤ちゃんは、自分の体の前で両手をもみ手するように動かしたり、手をじっと見つめたりする行為をします。これを「ハンドリガード」といいます。これは、「手を目の前に出して見つめること。最初は偶然目の前に来た手を自分の身体の一部とは認識できないでいたのが、何度も口に入れたりするうちに自分の身体の一部だと認識できるようになること。」と言われています。この行動はよく知られていることですが、私は、このころは同時に他者の存在も認識するようなると思っています。自分と他人、そんことを知っていきます。ですから、このころの環境として、他児も必要ではないかと思っているのです。

そして、これらの行動は「遊び」ではないので、他児は「遊び相手」ではないのです。生活環境として複数の子ども、大人が必要になるのです。