脳機能の局在

 しばらく、社会脳から脱線してしまいました。もう一度千住さんの「社会脳の発達」という本を読んでみようと思っています。発達を考える上でよく考えることは生まれつきなのか、その後の環境によるものかを考えます。私は、生まれながらに持っている遺伝子は、長い進化の過程でその種が生存し、子孫にその遺伝子をつないでいくように造られていると思います。

たとえば、タンポポが花を咲き終わったら綿毛になり、その綿毛を風にのせ、いろいろな場所にその種を広げていきます。この営みはもともと遺伝子に植え付けられたことです。しかし、その綿毛が落ちた環境によってその後はずいぶん違ってきます。どの場所に落ちるかという選択を自らするという遺伝子に組み込まれていないからです。海に落ちることもあるでしょう。都会の真ん中に落ちることもあるでしょう。タンポポにとって必ずしもその子孫を残すのに最適な場所である確率は少ないかもしれません。しかし、10本のタンポポから増えるタンポポが10本以下ですと、その種は次第に滅びていきます。そのために遺伝子がやることは、バラまく種の数をそのリスクから計算して多くしておくということです。そうやって、次第に数や飛ばす方法などにおいて進化していきます。ですから、進化、発達というのは、長い目で見ると、やはり環境によります。

また、環境によってその数では対応できない状況が起こることがあります。その時には、落ちた場所に適応できるような能力を次第に獲得していきます。それは、長い進化の過程の中で行われていくだけではなく、その時々にも適応できる遺伝子も兼ね備えていて、その環境と元からの遺伝子との相互関係によって変化させていくのだと思います。私は、それはまさに「柔軟性」であり「遊び心」であると思っています。

千住さんは、このあたりのことを脳科学からこう考えています。「“脳機能は局在する”“脳機能の局在は経験によって変化する”という発見は、現在の根幹をなしています。一見矛盾するこの二つの知見は、脳機能の局在が脳の構造発達と環境からの入力との相互作用によって創発するという、相互作用説によってうまく説明できます。」として、もしこの相互作用説に基づくのであれば、「脳の発達だけでも社会環境だけでもなく、その両者が発達の過程でどのような相互作用を見せるのかを、丁寧に追いかける必要があります。そのためには、発達初期である乳児期から、ヒトの発達の過程を直接研究対象とする必要があります。」

千住さんは、そのような研究では次のような課題を考えています。「社会行動や社会的認知の脳神経基盤を発達認知神経学の手法を用いて探る、“発達社会神経科学”とでも呼ぶべきかもしれないこの研究方略は、言葉を話さず、運動能力や注意の持続、体力などに大きな制限のある赤ちゃんを対象に、どうすれば認知や脳機能を計測できるか、という技術的な因果を避けては通れません。」私は、このような研究を現場の立場からすると、「臨床保育学」という視点を持つべきだとしているのです。

そうはいっても、最近の技術革新により、乳幼児期の行動や脳機能を無理なく測定することは格段に容易になり、体系的に進めることが可能になってきているようです。特に、乳幼児や児童を対象とし、彼らが直面する社会的な環境への適応について、脳科学の手法を直接用いた研究を行うことにより、新しく刺激的な知見を次々を無乱しつつあるようですので、ぜひ、臨床保育学にも生かせるような提案もしてもらいたいと思っています。