下着

 先日、無印に行ったら、レジの男性の店員さんが「甚平」を着ていました。甚平は、無印ショップで今、目玉商品かもしれませんが、なんだか下着で仕事をしているような印象でした。また、先日ニュースで、「東京タワーは、7月5日(木)~7日(土)の3日間、浴衣または甚平を着用している人に限り、高さ150mの大展望台までの料金が無料になる“東京タワーだ!ゆかたで無料!”を実施する。」とありました。女性の浴衣はわかるのですが、男性はなんで甚平なのでしょうかね。というのも、年代の相違かもしれませんが、甚平はなんとなく、子どもが着るものか、大人が下着、もしくはホームウエアとして着るイメージがあります。私も、家でくつろぐときには「甚平」を着て、他人が来るときには「作務衣」に着替えています。しかし、本来は両方ともきちんとした服装のようですが、そのような印象を与えるのは、甚平は、足が膝くらいまで見えるからでしょうね。しかも、私の小さかったころみんなが着ていた甚平は、ズボンがなく、上着だけで、子どものようにツンツルテンの浴衣を着ているイメージだからかもしれません。

また、作務衣が仕事着であるという印象は、掃除や採薪などの日々の業務を禅門では、「作務」と呼び、その時に着用する作業着を作務衣といったことから来ています。どうも、私の勘違いで、作務衣も今のように上衣とズボンが分けられたのは比較的最近で、当初は「長作務衣」という、作務衣の上衣が膝くらいまである衣が一般的だったようです。一方、甚平は「甚兵衛羽織」の略で、その由来は、「甚兵衛という名の人が着ていたから」とか、戦国時代、下級武士向けの陣羽織を真似てつくられた「雑兵用陣羽織」の意味から、「陣兵羽織」で「甚兵衛羽織」になったとか言われています。この甚平も昭和40年頃までは、膝を覆うぐらい長い上衣のみでした。

もうひとつ、最近はやっているもので、私から見ると下着で接客しているのが、「ステテコバー」で、ステテコを履いたバーテンダーです。「バー」といっても、コンシェルジュカウンターのことで、バーテンダーといっても、専門スタッフのことです。ユニクロ銀座店には、ステテコの専門フロアがあるそうです。しかし、私のイメージのステテコはバカボンのパパがはいている白いものですが、今年、ユニクロでは今年は最終的には約80色柄をご用意する予定だそうです。このブームは、すでに2008年頃から起きていて、汗を吸収し、快適にスーツが着こなせるインナーアイテムとして、ファッション性の高い商品が市場に現れ出したのです。そして、ユニクロでは「ロングトランクス」という名前で売り出しました。それが、すぐに売り切れ、反響がもの凄く大きかったようです。

実は、私が中学生のころに、サラリーマンだけでなく、学生服のズボンの下に汗をとるためと、膝が出ないようにとステテコをはくのがはやったことがありました。もちろん、白一色でしたが、最近のものは、色だけでなく、映画「スパイダーマン」のデザインや、アロハ柄をあしらったグラフィカルなステテコがあるそうです。それは、履いて外に出られるよう開発したからだそうです。ですから、一見すれば、普通の短めのズボンです。

もともとは、モモヒキが明治期、だぼっとしたものに変形し、落語家の三遊亭円遊が高座で履いて「ステテコ踊り」をしたのが、始まりだといわれています。その後、和服の下に1枚着ることで汗を吸い取り、着物が肌と密着しないために涼しく着こなせるアイテムとして、特に中年男性に支持されていきます。

 下着を巡っては近年、「原点回帰」がブームになっているようです。それと同時に、女性の間でフンドシが流行したそうですが、ステテコも女性にも流行っているそうです。下着も、男女の差はなくなってきているのかもしれません。

下着” への5件のコメント

  1. 甚平もですがステテコまで流行っているなんて全く知りませんでした。しかも女性にも流行っているんですね。ひと昔前なら考えられなかったことだと思います。流行は巡ると言われていますが、全くそのままの形で巡ってくるのではなく、当然時代に合わせて変化しながら巡ってくるんですね。ステテコが女性にも人気ということは、性差に関しての理解もずいぶん変わってきているんでしょう。だとすると、保育園などで年齢によって発達を理解しようとする傾向も、放っておけば自然となくなっていく可能性もあるかもしれないと思いましたが、そんなのはわざわざ時間をかけて待つことではなく、さっさと頭を切り換えていけばいいことですね。ふと関係ないことを考えてしまいました。

  2. しかし、ユニクロという会社は、いつも話題を提供してくれます。おじさんの下着の代名詞だったステテコをよりによって銀座で販売するとは・・・やってくれますねぇ。それも夏のアウトウェアとして着て欲しいって・・・あれって下着でしょうに(笑)。たしかにクールビズではあるけれど、銀座の街をステテコ穿いて歩くのは、ちょっと勇気がいるなぁ。

    それよか、最近ユニクロがCSRの一環でやっている「UNIQLO RECYCLE」は凄いです。これは、顧客が着なくなったユニクロの服を回収し、国連の機関を通じて世界中の難民に贈るという事業です。これまでの5年間で約420万着の古着を支援物資として届けています。

    ユニクロのHPによれば、『お客様に長く着ていただける「本当によい服」を生産し、販売するだけでなく、ご使用いただいた後の商品の新しい循環を考えること。服の価値を最後まで最大限に活かすことも重要な責務』という考えから生まれた事業だそうです。ここまで、環境や国際支援のことを真剣に考えている会社は他にはありませんね。古着もリユースしてくれるのなら、やっぱりユニクロで買おうと思いますね。

  3.  花火祭りなどに行くと、女性が浴衣で男性が甚平を着ているカップルを見ます。なんだか見ていて雰囲気がいいですね。洋服が毎年のように流行があるように、下着も従来の下着の考え方から変化してきているのですね。確かにテレビでもステテコを着ている若い人が増えているのはテレビの情報番組で知りました。確かにユニクロに行ってみると、様々なカラーや柄の物が置いてありました。なんだか面白いですね。下着のステテコがファッションとして活躍し、また女性も注目してきているのは知りませんでした。男女の差が無くなってきている・・・今後の展開が楽しみな反面、なんだか不安も感じます。

  4. ユニクロさんには何かとお世話になっております。値段が安いのだか高いのだかよくわかりませんが、デパートの紳士服売り場に行くよりはコンビニエントですね。無印さんにも下着類があるのですね。今度行ってみようと思います。私の普段の生活に「甚平」も「ステテコ」もそして「作務衣」もありませんから、使用実感云々はよくわからないのですが、何とも涼しげかつ作業適応の感が強いですね。東京タワーには時々行きますが、男性のゆかた・甚平で「大展望台」までが無料とはこれは看過できない情報ですね。来年もあるかなぁ、あるなら浴衣・甚平に挑戦してもいいですね。しかし、私は良くても家内や息子はその限りではないのでしょうね。もしかすると息子は大丈夫?・・・まぁ来年を楽しみにしましょう。「ステテコバー」というものがあるのですね。ステテコを履いたバーテンダー・・・実はステテコ専門店?・・・いずれにしてもよくわからない世界なので今回のコメントはこのくらいにします。やっと六月分が終わりました。ふぅ?っ。エンゾさんやJD7さん、頑張りましょうね。

  5. 甚平やステテコが最近はやっているというのは知っていましたが、女性のふんどしが出てきているというのは驚きました。男女差は確かに無くなってきているのかもしれませんね。しかし、最近は昔の文化がまた戻ってきている様に感じるのは気のせいでしょうか。「原点回帰」確かにそうかもしれません。そのたびに昔のヒトは利にかなっていたことをしていたんだと改めて関心することが多いように思います。これからの社会、新しいことだけを求めるのではなく、昔の文化を含めいいところを取り入れていくようにしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です