遠足7

 遠足の話題が続いて申し訳ありませんが、各保育園、幼稚園では行事への取り組みが課題になっています。行事を通して保護者に普段の保育の成果を見てもらうことが多いために、どうしても保護者が感動する行事をしようとしてしまうことが多いからです。そのために、職員だけでなく、子どもにもかなりの負担をかけてしまうことが多く、また、一つの行事が終われば、付議の行事の準備に入り、1年の保育がただ行事に追われるようになってしまっている園も見られます。保護者は、すばらしい保育の成果を見て感動する前に、そこに行くためにどれだけ子どもたちに肉体的にも精神的にも負担をかけているかを考えてもらいたいと思う園もあります。逆に、子どもに負担をかけないようにするために、すべての行事を止めてしまっている園もあります。果たして、行事は保育にとってはいらないものなのでしょうか・

 そんなこともあり、最近出した書籍「食育」に続いて、夏頃には「乳児保育」についての本、それに引き続き、来年初めには「行事」についての本を出そうと思っています。そのために、少し、行事について再考しようと思い、また、園での取り組みを紹介しながら、行事にはどのような意味があるのか、行事を日常的な保育にどうつなげていけばいいのか、子どもにも職員にも負担がなく、行事を楽しむことができるのには、どのようなものがありえるのかなどを私の園の実践から考えてみようと思っています。そこで、行事について、いろいろとブログに書き込んでいるのです。

 そう思って整理をしていると、いろいろなことが見えてきます。地域をめぐる遠足によって、園が地域とのつながりをより深く持つようになりました。そのつながりが普段の保育に厚みを持ってきます。5回目の遠足では、各ポイントにボランティアさんを中心に受け持ってもらいました。それは、その年の年間テーマが「森」であることもあり、職員の知識だけでなく、それぞれの専門家を活用することで、より面白く子どもたちに体験してもらえます。

 たとえば、「野鳥の森にはどんな鳥が住んでいるのかな?全部で8つあるよ。」というポイントには、鳥類保護連盟の方にいてもらい、鳥のポスターをみながら、該当するとりを親子で考えてもらい、解説してもらいます。そして、「この羽はなんの鳥の羽根かな?」というといには、本物のすずめの羽根をみせてくれました。そのほかにも本物のいろんな鳥の羽根をみせてくれ、また、興味のある親子には本物の巣やカモの片腕など、とりのおもしろい話をしてくれました。また、違うポイントでは、植物に詳しい地域の人が、「日向と日陰、どんな植物があるかな?当ててみよう」ということで、アロエとドクダミのどっちがどっちか当ててもらうポイントでは、「自然の森では、植物はそれぞれ生態に適した場所にはえている。そのようにして、日陰と日向に分かれ互いを守りながら共生している。それが、自然に成り立っている…人社会でもそうなったらいいね。」みたいな話をしてくれました。また、園の裏にある「ホタル舎前」では、地域に蛍を復活させた方に、「ホタルのあかちゃんに会いにいこう?ホタルのあかちゃんってどんな形?」ということで、本物を虫めがねで見せてもらいました。

 そのほかにも、「森の中にあるミクロな世界をのぞいてみよう?コケってどんな形かな?」では、虫めがねでコケをみたりその周辺のものをみてみたり、「ミクロな世界を顕微鏡でのぞいてみよう?すきなものをみてみよう?」とか、「箱の中に入っているものを触って当てよう。」では、ミラクルボックスの中に入っているものを触って、何が入ってるかを当てたりしました。

 体験ポイントでは、地域の郵便局の協力で、「葉っぱの葉書でお手紙をだそう」ということで、タラヨウの葉っぱに子どもが手紙をかいて、保護者は台紙に宛名・住所を書き、ふくろに入れてポストに投函したら、郵便局の人からポストの消しゴムのプレゼントと葉っぱのシールをもらうというコーナーがありました。

 地域の人の協力で、どんどん企画は膨らんでいきます。また、子どもたちの体験も豊富になります。