遠足5

 私の園の遠足は、「地域を知ろう」ということであり、「地域の人々と触れ合おう」という目的があります。そのテーマによって、最初の年には「園の周りの地域を知ろう」で、園の周りの地域めぐりを、問題を解きながら親子で回ります。問題は、子ども向けではないのですが、保護者が、地域を知ることで、子どもたちと一緒に散歩するときの会話を提供しようという趣旨です。そして、私は出発のときの挨拶で「子どもたちが大きくなったときに、“私はこのような町で育ちました”と誇って言えるようにと思ってこのような企画を立てました」と保護者に説明します。

この遠足は0歳児から全園児で行うのですが、コースを、0歳児は近くを回り、年長児は遠くまで歩くと計画するのですが、以前、終わってからのアンケートをとると、「物足りなかった」とか、「遠くまで歩かされたので疲れた」とか、「階段があってバギーでは困った」というような苦情が、年齢に関係なくあったために、コースは選択にしました。事前にコースを選んでもらいます。ポイント必修五つで10時出発が「らくらくコース」、ポイントが必修の五つと残りのポイントの中であと三つ廻り、坂ありで9時40分出発が「普通コース」、すべてのポイントを廻り、階段ありで9時20分出発が「ハードコース」です。そして、ゴールにはどのコースも11時半までに到着することというルールをつくります。

最初の年は園の周りをチェックポイントにしたのですが、意外と保護者は自分たちの住んでいる地域を知らないことにびっくりしました。たとえば、園の隣にある「おとめ山公園」では、いたるところに問題がありますが、一番大切な「おとめ山とは何という由来でついた名前でしょうか?」という問いについて、その由来についての看板もありますし、問題は三択にもかかわらず知らない人が多いのには驚きましたし、その由来を聞いて感心する保護者も多かったのには、やはり問題のように、また、クイズのようにゲーム感覚で解いていくことの意味を感じました。答えは、「徳川の狩り場だったために、一般の人の出入りを禁止していたため、御留め山からおとめ山になった」というようにとても歴史があります。ですから、ほかのチェックポイントでは、こんな問題も出ました。「おとめ山賛歌の歌詞「?と遊ぶ」は何が遊ぶのでしょうか?」とか、「この公園内にある弁天池には色々な生き物がいます。3つ答えてください。」などが問題になります。また、そもそもの「この地域は“落合”という地名がついていますが、何が落ち合う場所なのでしょうか?」ということも意外と知らないようです。

このようにチェックポイントでは、問題を解くだけでなく、製作するポイントもあります。この年の製作は、ウォークラリー中に枝を見つけてもらい、その枝を使って製作ポイントで写真の額を作ってもらい、スタート時に親子写真を撮りすぐにプリントしてゴール時にその額に写真を貼ってあげるというものでした。あと、途中のポイントには、水分補給ポイントも用意されており、そこでは、紙パックの飲み物を配ります。

このような地域を使っての遠足は、その準備段階から職員は地域を取材で廻りますし、地域の人と触れ合います。しかし、まだ、この年はこの地域に来たばかりですので、積極的には触れ合わず、ボランティアの参加もありませんでした。地域の人を巻き込んでの遠足は3年目に実現します。それは、この年と次の年の企画があってのことでした。