遠足4

 私の園で、先日遠足を行ったのですが、私はあまりその歴史を理解していたわけではありませんが、本来の遠足に近いものでした、私の園での遠足は「親子遠足」ですが、そのテーマにはこう書かれてあります。「親子で地域の人と触れ合いながらウォークラリーをし、地域を知る。」です。

そんな遠足の理念を、職員では、こんな形で表しています。「親子遠足 こんな感じにしたいなあ… 地域の人とつくる… 社会福祉協議会の方にご協力いただき、地域のボランティアさんに得意なものを発揮してもらいながら、私たちの園のことを知ってもらい、<地域の中にある保育園><いろんな人と子どもたちが安心して関われる環境>をつくっていけたらいいな…><卒園したあと、子どもたちを見守ってくれる地域の目がふえたらいいな…>ということで、落合(地元の地名)に根差した方を中心にボランティアにはいってもらうことに。今までは、<地域へ出ていく>から<地域がこれる>をテーマに、地域の人とのつながりのスタートになれるよう、得意なものを存分に発揮してもらったり、親子と関わってもらう… 職員にとっても、ボランティアさんと積極的に関わってもらい、これからの保育に活かせるようなことをしっている方もたくさんいる。EX)まきさん(地域ボランティア)が、山下農園(園の畑)を見に来てくれたり、くらもちさん(地域ボランティア)が木工ゾーンへきてくれる…なんて話も。」

そして、昨年、今年のテーマ「森」に沿って考えます。昨年の遠足に対する職員の思いは、「森をテーマに… 森へ探検にいくように、親子でポイントをまわるというよりは、おとめ山を探検していく中で、いろんなものに目がいったり、“なんでだろう”“さわってみよう”がたくさん散りばめられているテーマパークみたいになったらいいなあ。」でした。そして今年は、「落合の歴史を知ろう…何万年もの歴史の中、この100年で劇的な変化があったこの世界。江戸時代の落合は一帯に水田が広がり、狐やホタルが生息しており、風流な方々が訪れる風光明媚な観光地でした。おとめ山やこの地域の坂、通りの由来を知ってもらって、その時代の落合の雰囲気を感じてもらう。みんなでタイムトリップしてみよう。森をテーマに…『森で遊ぼう』がテーマ。木をよく見てみよう!製作やレクリエーションをすることによって木ってどんな作りになっているのだろうと考えるきっかけに。木をよく見ることによって木の成り立ちを学ぼう。」です。

ここには、よくあるような「遠足の趣旨」とか「遠足の目的」などという硬い形式はありません。ましてや、訓練とか、鍛錬の要素はありません。「路上到ル所ニ便宜ヲ求メテ諸学科ヲ実地ニ研究セシメントスル」が目的とされ、「「到ル所ノ地方ノ人民ニ接スルニハ温良静粛直実ヲ旨トシ」というように行く先々の人たちと出会い、「師範生徒ハ其従順ナル事其ノ友愛ナル事其威儀アル事実ニ斯ノ如クナリヤト云テ諸子ヲ愛敬スルノ感情ヲ発起セシメン事ヲ希望ス」とあるように、地域の人たちと接するときの態度を学んでいくのです。

この思いが、遠足係から出される「遠足の原案」では、もう少し具体的になります。今年の例で見てみますと、遠足のテーマは、「親子で地域の人と触れ合いながらウォークラリーをし、地域を知る。今年もボランティアさんが一緒に園の行事に携わってくれます。また今年の親子遠足のもう一つのテーマは『地域の歴史を知ろう』です。地域のコミュニティ『おちあいあれこれ』の会の方やボランティアさんから情報をいただきCPのクイズにしました。」であり、年間テーマとの関係は、「『森で遊ぼう』に関連したCPを用意しました。全員通るCP(野鳥・おとめ山)→自然に詳しいボランティアさんと遊ぼう。製作→木の写真立て?木の成り立ちを知ろう? 午後レク→木を良く見て作ってみよう。そして午睡部屋に森を作ろう」

この具体的テーマは、毎年少しずつ変わっています。