成長の喜び

 先日、今年の1月に我が子が生まれた息子から面白いことを聞きました。我が子の成長を毎日見ていると、驚くことが多いといいます。保育に関係ない仕事をしている息子にしてみれば、初めて赤ちゃんを毎日眺めているので、そういう感想を持つのは当然です。あるとき、赤ちゃんが自分の手で足をつかむのを見て、すごいと思ったそうです。そんな息子が、赤ちゃんとは、どんなことをするのかということを知りたくて、育児雑誌を買ってみたそうです。すると、そこに「赤ちゃんは、4か月を過ぎるころから、手で自分の足をつかむようになる」と書かれてあるのを見て、がっかりしたそうです。我が子のしぐさが、別に天才とかは思わないのですが、このころは誰でもするということが書かれてあると、なぜかがっかりしたというのです。しかも、次には何々するとか、何か月になるとこんなことをするようになるというようなことが書かれてあり、なんだか、未来までわかってしまうようなつまらない感覚を覚えたそうです。そして、「もう、絶対、育児雑誌なんか買わない!」と怒っていました。

 なんだか、その気持ちはわかるような気がします。人の成長を見るのは、驚きがあり、とてもうれしいことであり、次への期待感が生まれます。特に我が子に対してはその気持ちは強いでしょう。しかし、育児雑誌などで、その成長過程を読むと、成長そのものの驚きや喜びよりも、そこに書かれてある平均値と我が子を比較して、我が子のほうが進んでいるという喜びになってしまいます。また、そこよりも遅れていると心配になり、我が子を伸ばそうと必死になってしまいます。

 私たちが保育の指針として根拠とする「保育所保育指針」には発達過程が書かれてあります。そこには、「おおむね生後何カ月には、こんなことができるようになる」ということが書かれてあります。保育者の専門性として、子どもたちの発達過程を理解しておくことと言われることがあります。しかし、それを覚えておくことにはどのような意味があるのでしょうか。子どもの成長は、目標ではなく、課題ではなく、喜びであるような保育を展開する必要があります。また、他の子との比較をするのではなく、その子の成長を喜ぶことが必要です。保育、育児の楽しさは、子どもたちの成長する過程を知識として知ることではなく、その過程を見ることができること、そして、それに関わることができる喜びです。

 このような子ども成長を保護者とも共有して喜ぶことができるようにするためにいろいろな方法があります。その一つが行事を通して保護者に伝えるということがあります。そこが、小学校における行事と大きな違いがあると思っています。小学校における行事では、普段の教育の成果を見せます。私が、教員の時に、2年生の担任を最後に、教員をやめることになった最後の授業で、保護者を招待をして「お別れ会」をしたことがありました。その会自体は、保護者が言いだしたのですが、内容は子どもたちと話し合って決めました。まず、出し物のプログラムは、時間割にしました。1時間目、算数。ここでは、子どもたちが交代で掛け算九九を暗唱しました。2時間目、国語では、1年間の国語の教科書の中で子どもたちが一番好きな単元が「片足ダチョウのエルフ」だったので、その紙芝居をみんなで作りました。そして、読み手は、交代で、国語の教科書のその部分を音読したのです。この行事を通して、私は、1年間の子どもの学びの成果を紹介したのです。

 しかし、乳幼児教育では、少し違うのではないでしょうか。それが、「教科」と「領域」の違いなのです。

成長の喜び” への6件のコメント

  1. 昭和女子大の心理学者の古川真人教授の語る発達論に注目しています。

    ≪発達心理学者や教育評論家には、幼児期・児童期の経験で人生が決まってしまうような言い方をする人が少なくありません。極端な場合、「青年期で問題行動を起こす人の原因は、1歳時の母親との信頼関係がうまくいっていないからだ」という人が、今でもいます。これは”重要性”と”決定論”を混同しているのです。確かに、幼児期の子育ての在り方は子どもにとって重要です。でも、幼児期の子育てで人生が決まるわけではありません。人間というものは、何歳になっても一瞬で変われる力を秘めているのです。あらゆる動物の中でリカバリーできる力を持っているのは人間だけなのです。≫

    子どもを「自ら成長・発達する主体」とする視点をはずすと、「三歳児神話」に見られるような行き過ぎた運命決定論的な保育論になってしまいます。人生は100m走のように、スタートダッシュのつまずきが絶対許されないような一発勝負ではないと思います。まして、子どもの発達が今こうだから、将来こうなるなんて予言するのも子どもが自ら育とうという意志を無視しているような気がします。古川先生は、こんな面白い例をあげています。

    ≪米国に5歳になろうとするのに、指しゃぶりが止まらない男の子がいました。トップクラスの小児科医が集まり、原因を追究しましたが、わかりません。ある日突然、男の子は指しゃぶりをやめました。今度は、なぜやめたのかをプロジェクトチームで探りましたが、それも分かりません。結局、本人に聞いたところ、「僕は5歳になったら、やめようと思っていたんだ」と。≫

    大人が見て「問題行動」と思ってしまうことも、当の本人が主観的にどう考えているか大事だと気づかされます。発達過程とは、子どもが現在、発達の道筋のどのあたりにいるかを示す物差しにしか過ぎないものだと思います。その物差しが独り歩きをして、大人たちの余計な思惑が、子どもの主体的な意志を無視してしまうことの方が、将来の問題行動の大きな原因になるのではないでしょうか。

  2. 「子どもの成長は、目標ではなく、課題ではなく、喜びであるような保育を展開する必要があります。」これはほんとにいい言葉ですね。本来そうであるはずなのに、それが喜びではなく課題とかになってしまうのは、大人の目線でしか子どもの成長を見ていないこともあるように思います。子どもの成長はそのまま見ることでしかその素晴らしさはわからないと思うのですが、平均と比較することなんかはまさに大人の世界ですね。平均というのは一見便利な見方ではありますが、個々のことが見えにくくなってしまうという点も忘れてはいけないと思っています。このようなことを考えることも行事を考えることにつながっていくわけですね。行事の本の先取りをしているようで得した気分です。

  3.  保育園で働いていると多くの赤ちゃんを見て、どのように成長し発達していくのかは、なんとなく分かります。確かに自分に赤ちゃんが生まれ、日々の成長を見ていると、そろそろハイハイを始める頃かな?伝え歩きを始めるかな?と何となく予測でき、藤森先生の息子さんのように感動は少ないような気がします。しかし先日、こんな事がありました。友人に赤ちゃんが生まれたので、遊びに行きました。彼女の仕事は役場の保健師として働いているので、普段から多くのお母さんから赤ちゃんの相談などを受けています。なので赤ちゃんの病気や発達に関しての知識はあります。しかし、いざ自分の赤ちゃんになると、病気の症状や処置などは分かっていても、心配で相談してしまうと言っていました。自分にも赤ちゃんが生まれたら、保育士として赤ちゃんの発達、成長などは分かっていても、病気になれば分かっていても心配し、一つ一つの行動も発達として分かっていても感動できるような気がしました。

  4. 時々「○○歳なのに、まだ△△だ」という子ども評を耳にすることがあります。「発達が遅い」という評価ですね。こうした評価に接するたびに私はどきりとします。自分の子の生まれてからその後について振り返ると、いわゆる「育児書」などで示されている発達基準に照らして「遅」かったからです。保育園というところに勤めていると「発達」ということをしきりに意識する環境に置かれるので、我が子の発達を余計意識してしまったということがあるのでしょう。歩き始めが遅いので心配したりもしました。オムツがなかなかとれないのでどうしたものかと考えたこともありました。しかし、歩行にとっての障害があるわけでもなく、オムツがとれない何か特別な理由もあったわけでもありません。だから考えを変えて「一生歩けないわけでもないし、一生オムツをはいたままでもないだろう」と思うと気が楽になりました。保育園にはさまざまな発達の子どもたちがいます。ひとりひとりの成長発達は絶対なものです。それを何かに比較して云々することは基本的には意味がないことだと思っています。しかし、この国は「年齢」とか「学齢」とかを殊の外気にする国なので厄介なことが多いですね。「その子の成長を喜ぶこと」が第一なはずなのですが・・・。「子どもの成長を保護者とも共有して喜ぶことができるように」していきたいと思います。

  5. 私にはまだ子どもはいないのですが、子どもがいる知人は「あー」と言うようになったり手足をバタバタさせたりミルクをいっぱい飲んでぐっすり寝たりという行動一つ一つに感動し喜んでいました。育児雑誌には「何か月ころから何々をし始める」などと書いてありますが、藤森先生の息子さんの言うとおり未来がわかってしまうので楽しみが奪われてしまう感じでしょうね。以前藤森先生の講演会の中で「ミルクをいっぱい飲む子と、ちょっとしか飲まない子でも身体の成長は同じだった」というお話をして頂きました。やはり人間は生まれながらに個性があるので必ずしも育児雑誌のとおりの成長段階ではないと思うので自分の子が他と比べて「遅れている」など思ってほしくはないですね。

  6. 最近の育児書はそんなことが書かれているんですね。先がわかってしまうとどうしても急いでしまったり、逆に不安に捉えてしまいかえって子どもたちに負担をかけてしまうというのはわかる気がします。保育をしていても、つい今までの経験や自分の先入観に捉われて、実際の子どもの様子にリンクできず、自分の頭の硬さを反省することがあります。子どもの成長を課題や目標にするのではなく、喜びにする保育というのはあるべき保育の姿というのはとても納得します。いつのまにか、子どもを型にはめようとすることが多いのは指針にあるような具体的な成長を追い過ぎて、その過程や姿を見ることや関わることに意義を見出していないということは少なからずあるように思います。見方を変え、いろんな子どもたちの姿に感動することは保育者の専門性の一つといえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です